2017年06月14日

クルミの芽生え

walnut.jpg

近所の山で昨年秋に拾ったクルミ(おそらくオニグルミ)を、クヌギの鉢に埋めておいたところ、気づいたら芽を出して旺盛に屹立している姿を成していた。芽生えたら競争に勝つために、胚の豊かな養分を使って一気に高さを確保する作戦で、これはクヌギの芽生えに似ている。多くの種子と同じく、冬の寒さを経験して春に芽生えるタイプのようだ。

幹はこの時点で赤茶色の、幼い樹木の可愛らしさを持っていながらもガッチリとした弾力を見せる。葉っぱに触れるとフワフワと厚みを感じる。葉にうぶ毛がビッシリと生えているからであろう。

クルミは「ナッツ類」としての、食べ物のイメージが強いだろう。
実際にクルミの実の皮を剥ぎ、硬く分厚い殻を割れば、食べられるあの「クルミ」が姿をあらわす。梅干しの種でいう天神様である。天神様と異なるのは、毒を含まず、味が良く、栄養価が高いことである。そのために世界各地でクルミは人類の貴重な食料として大事にされてきたし、文化として残っている。

クルミの実は、大きな梅の実というか、小さな桃というか、独特の大きさと質量感がある。やや粘着性があり、見た目的にも美しいとは言い難い。実の皮には肌が荒れる渋があるようで素手で触るとなんとなく嫌な触感がある。この皮の部分を少し腐らせ一気に剥いでしまうと効率よく種子を取り出すことができる。厚底の靴で踏んで、皮と種子をスポッと分けるようにして種子を採取してもよい。

しかしこんな硬い殻を破って芽生えてくるとは、植物の生命力には感嘆せざるをえない。だからこそ、芽生えた後に生命力の躍動感じさせる堂々とした姿を見せてくれるのだろう。
 
ラベル:樹木
posted by ぎゅんた at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

コブシの芽生え

コブシ_発芽.jpg

昨年秋、近所の山に自生していたコブシの実から取り出した種子が芽生えていることに気づいた。
春になっても芽が出なかったので失敗したかと思っていたので驚いた。発芽条件や発芽環境になんらかの悪影響があったようだが、それを克服して芽生えたのであろう。

コブシはモクレン科モクレン属の落葉性の広葉樹で、成長すると高木となる。春になるといち早く大きく白い花を咲かせることから迎春花の名をもつ。田打ち桜と呼ばれもする。それは、コブシが花を咲かせると霜の恐れがない春の到来を意味することからくる。田を起こしても大丈夫だという知らせなのである。

コブシの大きな特徴としては、その名のとおり、拳のような外観を呈する果実の集合体をあげることができる。異質さをおぼえるほど独特なものであり、実物みるとインパクトがある。秋口になると中から種子をもつ赤い実が現れ、これまた独特なことに糸を引いてぶら下がってくる。ちょっと不気味であるが、こうやって目立つことで鳥に実を食べてもらい、種子散布して増殖しようというコブシの作戦なのである。

種子は黒く厚みがあり、ソラマメのようである。皮と果肉を剥いで綺麗に洗いながして水に一晩つけてから撒いておくと春先に芽を出すようだ。冬の寒さを経験させないと発芽しないタイプと思われるので、実生苗を作ろうと思ったら秋に仕込んでおこう。要求される土壌の質については分からないが、どんぐりやタブノキが発芽する土なら間違いなく発芽すると思われる。生命力の強い樹木のようなので、芽生えたら適当管理で大丈夫っぽい。

ラベル:樹木
posted by ぎゅんた at 13:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典




まとめ
英語に興味がある人すべてにオススメ


高校に進学する春休みの中学生が本書を手にしたなら、どれほど素晴らしいことだろう、と思う。
3年間学んできた中学生英語の真髄が、生き生きと、パズルのピースがカチカチとはまるように理解できる至福の快楽が得られるはずだからである。英語が英語として、もっと好きになるからである。

点を取ることを要求される試験の英語は苦手だけれど、でも、英語は好きだと思う学生が増えて欲しいと私は考える。英語の成績がパッとしなくても、英語が好きである気持ちがあるのなら、その子はいつだって粘り強く英語と向き合って楽しめる最大の資質を有している。英語の試験で優秀な点が取れることよりも、英語に前向きな感情を持っている方が遥かに良い。「ビッグ・ファット・キャット」シリーズの素晴らしいところは、勉強勉強しすぎた英語とは離れて、もっと気楽に英語に触れれば良いのだという緩さにある。入試問題にみられる長文読解の解き方を学ぶわけでもTOEICで良い成績を取るためでもない。楽しめる英語を、自分のペースで続けることで英語を身につけましょうというスタンス。そして、読むことの重要性を強調している。

頭の良い子なら、本書を通じて、英語への理解と精緻が向上した上で高校英語も優秀な成績が取れるようになるだろう。高校英語の成績には直結しないにせよ、英語への苦手意識や拒絶反応が消え、英語を学ぶことへの積極的な気持ちが湧くに違いない。ゲームにしろスポーツにせよ、そのルールが頭と身体で理解できるようになってくると、俄然と面白くなるものだからである。勢いがついてレールに乗ってしまえば、あとはしめたものだ。ペーパーバックにチャレンジする日は近い。


本書には、書き下ろしの新作「Big Fat Cat AND THE LOST PROMISE」が収録されている。いままでのシリーズには毛ほども存在しなかった恋模様が、おなじみのメンツを交えて描かれる。エドとジェーンの年齢設定が高すぎるような気がしてならないが、私の誤読であろう(多分)。

このエピソードを読み終えたら、「英語のブックガイド」を参考に洋書デビューを果たすと良い。
洋書というのは、不思議な存在感があるものだから、是非とも自分自身で手にしてもらいたい。

過去、私は明らかに難しすぎるものを選んで惨憺たる結果になったことがある。心の声「難しくても、頑張って訳して読んでみよう」は裏切られるので信用してはいけない。その結果生まれる挫折感ほどつまらぬ厄介モノはないのだ。格好つける必要はない。難しすぎない良質なもの(読み終わった後も、本棚に大切にしまっておける珠玉の存在にしたいものだ)を選定すべきである。柔道を習い始めたその日に一本背負いを練習することは決してないのである。

 
enjoy!!

posted by ぎゅんた at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画以外の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

望み薄だったナラガシワの芽生え


seedling_02.jpg
ナラガシワが発芽するとこのような姿となる


秋→冬→芽生えの季節へ
 「どんぐりから、どんぐりの木を育てる」場合に、もっとも留意しておかねばならないことは、時間がかかることである。これは致し方ない。自然の時間の感覚と人間のそれは異なるのである。自然からみれば人間の1日など瞬きする程度の時間であろう。

 どんぐりは、乾燥を避けた状態で冬の寒さを経験して春にならないと芽生えてこない。根を張って、春を待っているの状態であり、地面から顔を出さないのである。埋めたことも忘れた頃に芽生えている感覚である。

 埋めてから発芽まで時間がかかるのが待ちきれない人は、どんぐりを乾燥しない状態で冷所保存するか、麻袋に詰めて土中保存しておき、春になったら播けばよい。が、この方法は面倒である。秋に採取したどんぐりを土に埋め、越冬させ、発芽を待つ方が実際の自然の営み通りであるし、実際のところやる方も楽なのである。動物に掘り起こされたりしない場所で、土が乾燥し切らないよう、管理することを怠ってはならないが、概ね放置で済む。


seedling_01.jpg

 土に埋めておいたどんぐりが乾燥しすぎると、発根はするものの発芽しないで死んだような状態になる。この状態は一見して「枯れてしまった」ように見えるのだが、諦めずに水分を与えると発芽を開始することがある。どんぐり内部の豊かな栄養分がなす生命力であろう。ゆっくりであるが、発芽が進行していく様を観察できる。最後の最後まで諦めずに耐えていた健気さが胸をうつ。

 植物を観察しているのと楽しい。特に春が過ぎて葉が青々とした隆盛の時期であるからなおさらだ。盆栽が趣味である人の気持ちがちょっとわかる。


タブノキは「どんぐり」の木ではありませんが
 越冬だと?そんなに待ってられねえぜ俺はせっかちなんだ!という人には、タブノキがおすすめです。初夏に実がなり種子が得られるうえ、撒いて一週間もすれば発芽するからです。タブノキは寒さにちょっと弱いので、冬は0度以下にならないところで保護しましょう。


iPadから送信
ラベル:樹木
posted by ぎゅんた at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

加佐ノ岬


加佐ノ岬_1.jpg


加賀市橋立には、ひっそりとした岬が存在します。加佐ノ岬です。
日本海を望む加賀海岸を崖の上から一望できる、寂寥感ある灯台付きの岬です。

利便にかまけた近代生活を送る我々は、その一方、決別して距離を置いている「自然」に触れることで精神の保養を求める勝手な生き物であります。

それはともかく、自然に触れたいと思った時に、すぐに足を運べるスポット、それも「穴場」なところを確保しておくことは日々を生きる現代人にとって軽視すべきでない要件ではないでしょうか。嫌なことがあって気が滅入った時に海に行く人もいますし、登山に出かける人もいるとききます。人間が心理を回復させるには、ちょっとした孤独感が必要であって、それを求めるために大自然の中にお邪魔する向きがあろうかと思います。とすれば、人が必要以上に集まることのないスポットに出向くことが望ましいことになります。連休中の自然公園のような、子どもと保護者の喧騒に包まれた場所では精神の保養は難しいからです。

加佐ノ岬_2.jpg


加佐ノ岬は、加賀市民のなかではマイナーな場所です。存在は知ってはいるけれども、足を運ぶことはない。「なにもない場所」「ショボい岬」扱いをされているのが実情のようです。加佐ノ岬は学童時に遠足で訪れた経験のある人も多いはずですが、それ以降、訪れることのないままの人が多い。遠足というのは自然を学ぶ校外活動でありますから、選定されるのは「自然以外になにもない」、要するに子どもにとっては地味な場所にほかならず、さしたる印象を残さない結果になるのも無理なからぬ話ではあります。だからと言って価値のない場所では決してありません。訪れる人も少ないですし、世俗との適度な隔離感があり、なにより景色が良いからです。静かな場所で高所から海を一望したい人は気に入る場所でないかと思います。夕焼けが綺麗です。



アクセスはちょっと癖があります。
グーグルマップでみると太い道がありそうですが、実際は細く勾配のあるヘボ道です。自動車がすれ違うにはちと幅が狭いので、大きな車で向かうと泣きをみます。

加佐ノ岬_access.jpg

橋立自然公園を抜けると墓場が左手にみえる丁字路があるので、そこを左折して加佐ノ岬の駐車場に向かうルートが無難でしょう。ここには清潔性はあまり期待できないがトイレがあります。また、すぐそばにカフェがあります(パワースポットがどうたらとか看板にあるので胡散臭いですが、加賀市民が利用する真っ当なカフェです)。加佐ノ岬を訪れるには階段や坂を降りたり登ったりするので、このカフェで一息つけるとよいでしょう。
 
ラベル:海岸
posted by ぎゅんた at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする