2017年09月29日

【試乗】VOXY ZS(FF/CVT)


「人は家族を持つとミニバンに乗って死ぬ」とか某イギリス人が言っていた気がするが、家族を持つとミニバンほど便利でありがたいクルマがないのが事実であるし、それを否定するのは野暮である。

トヨタのVOXYは、販売店によって名称とフロントマスクその他に違いはあるものの、基幹コンポーネンツは同じであり、ネッツ店が扱うものがVOXY、カローラ店がNOAH、トヨペット店がエスクァイアとなっている。ミドルサイズミニバン(というクラス分けがあるかはわからないが、トール系ワゴンである軽自動車、アル/ヴェル/エルグラなどの巨躯のミニバンと比較すればミドルサイズである)は及第点の3列シートを備えており、それを畳めば広大なカーゴスペースが得られ、程よい車高の高さは足腰の弱った人でも乗り降りがしやすいし、特徴であろうスライドドアは子育て世代には「本当に」ありがたいアイテムなのである。ミニバンは、バスか貨物車を運転するのかとおもわれようが、やはり実際に使用するとその便利さが骨身にしみる。便利さの前には、多少の拘りなど瑣末なものである。日本人は道具に対してハンディな機能美を追求してきたDNAがあることも無視できまい。

いずれにせよ、このVOXYはトヨタの売れ筋ミニバンであり、それは取りも直さず日本のミニバンの代表選手であることを意味している。結婚して家庭を持つようになると色々あるので、試乗に行くことになった。乗り始めて長いGHアテンザ25Zももう走行距離が99500kmである。



結果
・酔ってしまった
・トヨタ・ブランドとハイブリッドを強く求める人向けかな?

少なくとも私がミニバンに求めるものは、安全で安定した運転感覚があり、3列シートを備え快適な車内空間が確保されていることであり、それが小さい車体で実現されているもの、である。

試乗した限り、VOXYはこれらの条件を満たしているように思えた。ただ、気に入ったかどうかでいうと、答えはNOである。

ミニバンに走りを期待しても仕方がないが、このVOXYは印象に残るドライビング感覚がなかった。自己主張のない自然な感じといえばそれまでだが、さすがに無個性すぎるというかなんというか(運転していて寂しい気持ちになる)。早くも遅くもないし取り回しがしづらいわけでもないが面白いわけでもないし、走る・止まるも不安がないのだが、及第点であって喝采をあげるほど訴えてくるものがないといおうか。

それよりも厄介なのが車酔いである。トヨタの乗り味なのだと思うが、なぜか酔うのである。これは私が子どものころからのもので、トヨタ車に乗ると酔いやすい傾向がある。足回りが柔らかく優しいものにしつらえてあるのだと思うが、感知できないような微振動で身体が予期せぬ揺さぶられに遭うからかもしれない。ハイブリッドモデルであればまた違うのかもしれない。

このVOXYを試乗する前に、自分が運転したわけではないが新型ステップワゴンに乗車している。3列シートやワクワクリアゲートの動作ギミックはアイデアものであり、それでいて高い実用性を持っていた。ウォークスルーの隙間は取り立てて広いわけではないが、移動に支障はなかった。3列シートも身長175センチの大人が子どもと座る空間としては充分で、エマージェンシーではなかった。使わないときは畳んで床下に回転収納させておけるわけだが、これは後部空間の採光性や開放感の面で優れている。ステップワゴンの動力性能がどこまでのものかは数字でしか推し量ることはできないが、子どもを持った家族が所有することを想定するなら、このVOXYよりもステップワゴンの方が商品力は上であろう。ステップワゴンは売り上げ的に苦戦していると聞くが、やはりトヨタブランドは強いということだろうか。



ミドルサイズミニバンの一般的な候補は、このVOXY/NOAH/ESQUIREか日産・セレナかホンダ・ステップワゴンであろう。適当に選んでも後悔することはなさそうなぐらい、どれも高い商品力を有するレベルにある。各社が潤沢な開発資金を投じ、切磋琢磨して、徹底したネガ潰しを行い、間違いがないミニバンに仕上げているからである。

VOXYはその毒のある外観とキャラクター路線から、若い世代やちょいワル系のオーナーを狙ったミニバンであることは間違いない。カタログを拝見する限りちょっとやり過ぎの域に達している感を受ける。ヴェルファイアまでは必要としないオーナーのためのミニ・ベルファイア路線のための車種になっている感じを隠そうともしていない。下品といえば下品である。しかし、ミニバンが家族のためのファミリーカーであることを承知の上で、そこに止まることなく個性的な路線を打ち出している積極性は、画一的になりがちなクルマ市場と、購入者の選択肢が増えてくれる意味で望ましいことであろう。

posted by ぎゅんた at 20:33| Comment(0) | 試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

(映画感想)エイリアン・コヴェナント

alien_covenant_film.jpg

 本作は、「エイリアン」は俺の創り出した作品なんじゃあ!文句あるかコノヤロー!と叫ぶリドリースコットさんの三部作の二作目であります。

 え、前作あったの?と思われた方は「プロメテウス」をご覧ください。本作はアレの続編です。そして続編(最終作)が予定されています。「プロメテウス」が「人類の起源がウンタラ」とテーマにしていたようで実はそんなことはさして重要でなかったぜと真顔展開したもんだから駄作認定されてしまいましたが、実際のところは、人類の起源がどうたらではなくエイリアンの誕生が重要なテーマに据えられているようです。しかし誰もそんなことにさして興味はないと思います。エイリアンの生みの親は俺だぜとリドリースコットさんは声を大にして事実化したくてたまらないものですから、止めることはできないのです。巨匠は、最後に自身の最高傑作を形として残したい衝動に駆られるものなのでしょう。

 リドリースコットさんは確かな実力のある監督ですから、「エイリアン」エッセンス路線から外れずフィルムに仕上げてくる手腕は見事。ただ、やはり「エイリアンの誕生」なんかに今更あまり興味を惹かれない現実を打破することは難しいわけで、大傑作と太鼓判を押せるまでには至らないように思います。

 全編にわたって「エイリアン(1)」を彷彿とさせる要素が散見していますから、ストーリーがその前日譚でありながら、「エイリアン(1)」のリブートでもあるようです。となると、続編は「エイリアン(2)」の内容のリドリースコットさん版が予想されるわけで、アクション大作に仕上げてくる可能性があります。器用な監督ですから、キャメロン監督の「2」を超える内容で三部作を仕上げてくれる期待が持てます。



エイリアンの誕生、人類の起源、犠牲、想像、そして人間らしさとは、etc…

 生命感が徹底して排除された寂寥とした空間を舞台に、SFホラーかなと思いきや存外に哲学が張り巡らされたストーリーが展開します。きちんと世界観が構築されていて、監督の高い実力が伺いしてます。イマイチ細かいところで疑問に思うSF設定や、壮大で重要な人類入植計画であるはずなのにドカタ臭とやっつけ感を隠しきれないクルーたちの人物像など、アレ感も散見してますが、同時に「そんなもん気にしなくていい感」が(好意的な意味で)根底に流れているのでB級映画ではなく、一線を張る大作に仕上がっています。個人的に気になったのは、作中で「エイリアン」が完全な生命体である存在のような扱いを受けているのですが、観客側はどうにもそう納得しきれないところが物語に熱中できない足枷になっていることでしょうか。

 キリスト教圏の人であれば、理解と関心が深まる内容ではないかと思われますが、とにかく小難しい話っちゃ話で、私も内容を誤解しているかもしれません。アンドロイドの「設定」は慎重にというテーマなのか、生命の創造者というのは神でもなんでもないという否定なのか、もうひとつうまく説明できません。とんでもなく後味の悪い映画だよということは断言できるのですが。
 
posted by ぎゅんた at 20:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

(映画感想)「スーパーバッド 童貞ウォーズ」竿が玉でサンドイッチされるよな!




冴えない童貞3人組が脱・童貞を目指して奮闘するコメディ。男版「セックス・アンド・ザ・シティ」を想像する向きもあろうが、あそこまでセクシャルパコ描写はない。が軽妙な下ネタギャグは同様に炸裂する。

陽気なスケベとむっつりスケベと変人スケベが主要メンバーである童貞どもなのだが、物語は2つのグループに分かれて進行すつ。陽気とむっつりのコンビと、不良警官2人組みと一緒になっちゃう変人気質の2つのグループである。

冒頭の電話トークの内容が真剣にアホで、本作品がどんな路線か親身に理解できる導入シーンで掴みはバッチリ。米国のハイスクールが舞台とあれば当然ながらそこにはスクールカーストの枠があり、童貞3人組とくればナードに決まっているわけで非リア充生活を強いられた日陰者生活を送ってきたことが説明なしにすぐに理解できる。ちょっと違うのは時期がハイスクール卒業直前で、あり、童貞を捨てたくてたまらない米国童貞高校生の魂の叫びがフィルム越しに伝わってくることである。ちゅかなんで卒業決まってるのに家庭科でティラミス作らなきゃならないんです!?ごもっとも。でもペアの意中のあの子から「今夜は両親がいないからウチでパーティへなの。あなたはいつもパーティにいないけど、来る?」お誘いを受けたから災い転じて福と成……ためには、21歳未満購入禁止であるアルコホール(お酒)を持って会場に馳せ参じなくてはならないタスクも転がり込む。さあ、今夜はお酒を用意してパーティ会場に行って酒を飲ませて酔わせてイイ雰囲気いやんエッチ展開にもちこまなきゃならねぇ急げ急げ!



本作で伝えたいメッセージは、

男によって本当に大事なものはなにか?
童貞を捨てることに躍起になるのは、第三者からみたら同調圧力に流された滑稽な姿じゃないの?
君を理解してくれるのは、同年代にいないだけかもしれないよ!

の3つではなかろうか。

パーティシーンはティーンサイドとアダルトサイドでも行われているイベントで、BGMが鳴り響き、お酒が用意されていて、ダンスに興じるのは共通。ティーンサイドではお酒は違法、アダルトサイドではコカインは違法。と、意図的な対比がなされているが、そこから読み取れる真意はハッキリ分からなかった。まさか米国の「パーティ文化」の紹介ではあるまい。背伸びせんでも、大人になっても同じことやるんだぜっていうことだろうか?そうすると子どものまま大人になったかのような不良警官ペアの存在が理解できる。コカインが登場するくだりがコメディ映画にしては乾いた不気味さのある空白シーンで余計に感じるが、作り手からの「一線を超えてはダメ」という警告とみるべきだろう。警らのパトを燃やすのも一線超えてそうな気がするがそこはそれ。

小難しく考えなくても良いのである。
童貞を捨てることなど些細なこと。好きな女の子には、格好つけたり勿体ぶる必要はない。君が好きだ・君が欲しいと素直に本心を伝えれば良いということだけ。そして、異性(男の子にとって=女の子)も大切だけれども、親友や、自分を理解してくれる友人も大切なのだということがフィルムを通して分かれば良いのである。人生には、イケてるネーちゃんのおっぱいを見てBoob!と喜びあうバカ友達が必要なのである。そしてそんな友達は案外に同年代にはおらず、年上の大人だったりもするものだ。狭い横のつながりに縛られた世界では、自分を理解してくれる視点をもつ友達がいなくても、おかしいことではないのだ。

物語の最後、エレベーターで分かれる主人公2人のそれぞれの表情が素晴らしい。意中の女の子とデートになる嬉しさがある一方で一抹の寂しさを感じている様子が出ている。デートが嫌なわけではない。気が置けない親友同士の付き合いほど心地よいものはないのだと、分かっているからである。この不思議で甘酸っぱい感覚が、映画の余韻を引き立てている。傑作。
 
posted by ぎゅんた at 09:12| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

(映画感想)「メアリと魔女の花」 米林宏昌監督の気持ちをフィルムにのせて





まとめ
securedownload.jpg


「かまいたちの夜」というゲームに、有名な裏シナリオがある。製作者側の裏話をリアリティを込めて作品に投影したシナリオで、切り口を別にしたホラーテイストが衝撃的で話題になった。

邪推かもしれないが、本作「メアリと魔女の花」にも、裏シナリオを感じずにおれないものがあった。
本作で登場したキーアイテムやキーパーソンを以下のメタファーに当てはめてほしい。


ホウキ:アニメーションで表現できるもの/アニメーターの道具

夜間飛行の花:「スタジオジブリ」のパワー

魔法の書:スタジオジブリのハウツーや著作権、権利書

エンドア大学:スタジオジブリ

博士:宮崎駿

学長:鈴木敏夫

フラナガンさん:高畑勲

大学内の生徒や主従ロボ:スタジオジブリで働くスタッフ、イエスマン

モンスターに魔改造された動物たち:才能を持っていたけれど滅茶滅茶にされた有為な人材

ピーター:米林監督の信じるところの「才能」や「才覚」、とても大切にしたい無垢の的なもの



この視点で本作を見ると、米林監督の魂の叫びが透けてくるのである。

ホウキは、アニメーターがアニメーターたる証明であり、具現化のための道具である。夜間飛行の花は、とてつもない魔力の塊のような存在として描かれているが、これを用いる時、メアリは掌で花を潰す。すると水飴のような粘着質のある青色のスライムが発生する。この描写はどう捉えても爽やかさ(一般人が「魔法少女」に普通に期待するような、軽量感)とは無縁である。これをホウキの柄の刻印に摺り込むことでホウキが脈打ちムクムク大きく太くなり自活を開始する。空を飛べるようになる。

「あなたは稀代の天才だわ!」と学長と博士、学生らに称賛されたメアリは、ただ強大な魔力の塊を使っていただけに過ぎないし、赤毛の末裔が本質的に優れた魔女の血統である説明は語られどメアリが優れた魔女の資質を有していたかについての言及はない。米林監督は、自分は才能がある考えてはおらず、謙虚な姿勢であることがうかがえる。


魔法の書は、まさに魔力さえあればできぬことはない「呪文の神髄」であり、かけられた魔法を強制解除する魔法まで記されている。学長が血眼になって固執する様がなにを意味するか、あなたにも、分かるだろう。


エンドア大学は米林監督がみたスタジオジブリそのものである。瀟洒雄壮な外観だが、巨大な扉で外界から隔絶されている。排他的さしか感じられない。誰もいない大学と思わせておいて、内部には学生の姿がある。しかし、2度と出てこない。エレベーターで最頂上の教室でメアリたちをぐるりで出迎えたのは、透明になっていた学生たちである。メアリの魔力を目の当たりにして学長と博士に混じって拍手喝采する彼らに表情はない。ズタ袋を被っているからである。博士に主従するロボットは胸に穴が空いている

この大学では野心に狂うトップ2人が日夜、狂奔している。早口でなにをどう喋っているのか分からない人体改造した博士と、大学の発展と覇権拡大に取り憑かれた肥え太った楽長の姿が執拗に描かれる。彼らは、「昔は良い教育者」だったのである。この二人の存在感は圧倒的である。

大学の扉を抜けた先の中庭には薄気味悪いクリーチャーが見え隠れしている。大学内部には学生らの教室のほか、勉強に明け暮れる学生のために学食やレクリエーション施設を完備している。その一角に動物実験棟が備わっており、博士に「失敗もまた結果だ」と言われるモンスターが檻の中に閉じ込められている。

大学の外、長い階段下にあるホウキ置き場にはフラナガンさんがただ1人で存在し、饒舌で早口な、独り言に近い言動でメアリに接する。悪い人ではないが、完全に心許せるほど理解しあえそうな感じは最後までしない。ホウキへの愛情に満ちた超マイペースな人物である。窮地に立たされたメアリとピーターの前に現れ「ホウキを粗末に扱っちゃならん」と手渡し去っていく。学長に「フラナガンめっ!」と歯ぎしりされ、博士に「あいつは変わらんな」と言われていたりする。


捉えられたピーターは「若い方が魔法の影響が素直にでるから望ましい」と博士の実験材料にされる。この実験で博士がなんの誕生を求めているのかがよく分からない(博士本人だけは遮二無二)あたりが面白い。水色のスライムになったピーターは制御不能となり破壊活動を開始することになり、博士は「なんで失敗したんだ」と狼狽える。学長は魔力を吸われる。メアリとピーターは力を合わせて魔法の書にある「強制解除」の魔法を発動することでピーターの変身を解く。

一連の騒動が終息する。博士と学長は「魔法つかいだから生きてるでしょ」と安否の確認がないまま放置されるが、生きている。ただし、モンスターから魔法を解かれた動物たちに囲まれる場面で終わる。2人に寄り添うように集まってきたようにも見えるが、詰め寄られているようにも見える。

ホウキにまたがってピーターと帰途につくメアリは、シャーロットおばさんに鏡ごしに手渡された最後の花を手放し捨て去る。掌で潰しもしていないのに、花は空中に四散するのだった。スタジオジブリはもうなくなったし、米林監督は独立の道を歩み始めたからである。


以上は、誤った鑑賞の仕方かもしれない。しかし、こう見ないと本作は売れない凡庸な映画の烙印を押すことになる。ジブリ風作品を期待した大人には爽快感のないことにくる物足りなさを、子どもたちには薄気味悪さからくる興醒めをもたらす内容だからである。効果音がやたら尖っていて耳に煩く、陰鬱な雰囲気があり、不気味なエッセンスの露呈を隠しもしないこの作品は、およそ多くの観客の期待を裏切ってしまう出来だからである。

しかし、米林監督のスタジオジブリに対する印象、また「ポストジブリ」を背負わされたことに対する心情と答えをアニメーションに仕上げたのが本作であると考えるのであれば、本作は途端に生々しいメッセージを、実に生き生きと伝えてくるのである。

なお、「電気も魔法である」ということと、博士の実験の暴走の描写から原子力発電への否定的な見解を示すメッセージを醸し出しているが、断言してもよいがブラフである。宮崎駿が原発が大嫌いなことを承知の上で、狂気にひた走る博士にメルトダウンさせているだけである。
 
posted by ぎゅんた at 18:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

(書評)「年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける」森永卓郎・著




テレビに出てくるコメンテーターは、誰もかれもが「庶民の代表ヅラ」を演じているものである。それが、視聴者にウケがいいと考えてのことなのだろう。ディレクターの指示かもしれない。視聴者が偏差値30代のバカで先導しやすい連中(B層)と想定して番組を作って放送しているとテレビ局の姿勢が見えるというものだ。勿論、コメンテーターが庶民の代表だと思っている視聴者などいやしないが、視聴者は大人なのでテレビ局に文句をつけたりしない。さりとて危害があるわけでもないからである。選挙期間中の立候補車の垂れ流される演説と同じで、生活の中を通り過ぎていく環境雑音のようなものだ。


著者である森永卓郎氏は、有名な経済アナリストで、テレビにコメンテーターとして登場したこともある。この人は庶民の代表を名乗っても相応しいと思える人物である。言うなればセコい人物なのだが、何をいうセコくなければお金は貯められないんだぞという信念を感じるからである。稼ぐことも大切だが、節約がまず大事であると強調するスタイルは非常に庶民的だ。私は好感をおぼえる。


庶民こそ、ラテマネーを浮かして消費を減らし倹約に勤め、家計を助けるべきなのである。自分のポケットからこぼれ落ちている小銭を減らすことが重要だからである。金銭的な余裕がないと人は不安定になるものだが、大概は、自身の生活内容を見直し行動に移すことで解決の糸口が見えるものだ。酒、タバコ、ギャンブルを嗜む人は、そのうちどれか1つでもやめてみるとよい。どれだけお金が手元に残る気づくべきである。また、お金を使うなら、現金唯物主義に陥らず、カードとポイントも見逃してはならない。節約やポイント還元を面倒くさい行為と感じるならそれまでだが、楽しむぐらいの余裕がほしいものだ。


内容は浅く広くという感じで、まさしく新書のそれ。気構えず気楽に読める、あなたの生活向上のための提案本。ちょっと古い本だが気にせず読める。やっぱ新自由主義はあかんで。

posted by ぎゅんた at 22:07| Comment(0) | 漫画以外の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする