2013年10月14日

リップタイドでもしねきゃぷしょん!


DIR_onlineplay.jpg

フレアピストルを延々空に撃ち続けるプルナさん。体育の日だからかな

日本語表示MODが再公開されました(日本語化表示Modファイル と日本語化用テキストファイル)。
ゲームにパッチが当たって、起動時に不具合が生じていたことの修正と、フォントにしねきゃぷしょんフォントが使用できるようになっております。ありがたやすばらしや

個人的にはしねきゃぷしょんフォントが使用できるようになったことに大歓喜。
前作「デッドアイランド(Steam版)」の日本語化MODで使い続けていたお気に入りフォントでしたから、リップタイドでも使用できるようになったのは本当に嬉しい。有志には感謝の念にたえません。

で、早速導入しました。
フォントが変わるだけでプレイ感覚が前作にグッと似た感じになりナイスです。このフォント大好き。


導入方法は以前のおのと何も違いがありません。指定されたファイルをSteam側のフォルダとマイドキュメント側のフォルダに置いて起動するだけです。
その導入方法を簡単に説明します。
以前の日本語化の手順と殆ど変わらないのですが、ここではテキスト「意訳版」をしねきゃぷしょんフォントで導入する場合を例にとって説明します。

注意)
初めて起動する人は、ゲームライブラリのリップタイドオプションで、言語が「英語」であることを確認して、一度ゲームを起動して終了します。日本語表示MOD導入の手順はそれからになります。



まずはデータファイルをふたつ、日本語化WIKIサイトからダウンロードしましょう。DIR_JPMOD_ver0.41とja0381です。

日本語化表示Modファイル:DIR_JPMOD_ver0.41
7.ZipなのでWinRARでも使ってデスクトップに解凍します。
この中にはSteam側のフォルダとマイドキュメント側のフォルダに設置するファイルが含まれています。
まずは「オプションフォント>しねきゃぷしょん」をひらきましょう。すると
jpFont.Dat
Myriad Pro Cond_22b.fm
Myriad Pro Cond_44b.fm
の三つのファイルがあるはずです。
このうち、jpFont.DatをSteam側のフォルダに設置します(デフォルトならC:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\diriptide)。もうひとつ、同書庫ファイルのJPMODフォルダ内にあるD3D9.dllも設置します(※JPMODフォルダ内のjpFont.Datは無視してOK)
次にMyriad Pro Cond_22b.fmとMyriad Pro Cond_44b.fmをマイドキュメントのRiptideフォルダに設置します。

これだけでは日本語化は完了していませんから、次にテキストファイルです。

テキストファイル:ja0381
ZIPファイルなのでデスクトップにでも解凍します。
必要なファイルは全てマイドキュメント側に設置します。
マイドキュメントフォルダのriptideフォルダを開き、Dataフォルダ(もしなかったら、フォルダを新規作成してフォルダ名をDataにすればよい)を開きます。その中に導入するテキストファイルふたつを設置します。この場合、「意訳版」フォルダ内のDIBS_Voices&TextsとDIVoicesのふたつの.binファイルを設置すればOKです。

起動して、しねきゃぷしょんフォントで日本語が表示されていることを確認しましょう。
Enjoy!! and thank you for localizing into Japanese MOD. :)




おまけ
会話イベントで動けなくなっている状態のプレイヤーの前(会話しているNPCとの間)を横切るとドアップを見せつけることが可能なことがある。みんな知ってるね


DIR_Xian_face.jpg
ジョン:お前は狂っている。
シアン:…(真顔)。
posted by ぎゅんた at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

またパッチか! DeadIsland Riptide(Steam版)

Ripride_multiplay.jpg

デッドスペース3(Origin版)に浮気してSteamの起動を長らくしないままでしたが、リップタイドにバージョンアップパッチが用意されていたことに気づきました。パッチの内容は、以前の1.10パッチに比べるとかなりのボリュームですが、そのほとんどは細かな不具合・バグの修正のようです。

New update changelogs
Hi all,

After some time in testing, a new patch is now available automatically on Steam. Restart Steam if it doesn't auto-update for you.

Changelog Patch v.1.4.1.1.13

[From developer:] Patch solves problems with achievements and contains many other small fixes. The full changelist is as follows:

Fixed freeze if the user spams 'use' button when installing a fence.
Fixed black screen in quarantine when fast traveling from Halai.
Added syncing achievements on profile load from profile to Steam. This fixes situations where player has completed some achievment but Steam did not get info about it.
Fixed Steam achievement registration upon gaining two or more achievements at once.
Fixed problem with not registering collectables for achievements (eg. "Hoarder")
Fixed sudden weather changes
Fixed - Marcus Villa does not trigger any mines and does not take damage from Molotov Cocktails
Fixed black screen game block if movie fails to play.
If the users accepts a game invitation or joins a coop session while in the Hints menu, the menu will remain on screen throughout the loading screen. Selecting any hint resulted in a crash - fixed now.
Repeatable quests exploit fixes - items: CraftPart_ElectronicScrap & CraftPart_Detergent removed from shop offer
HudDialogue: Inputs will be processed during dialog even if hud is not active. Now the player have possibility to skip the speech if subtitles are disabled.
If the user presses "F" (or other key if the use is changed in the Controls menu) and Esc key in a quick succession, he will be let unable to use the Fast Travel from that point due to the fact that the trigger disappears. This issue has been fixed.
MenuInventory: Fixed drop button focus while fists are selected during compare mode.
The user cannot select any hints using the keyboard arrows in the hints menu - fixed.
Explosive/shock throwable knives craft plan - fixed.
Added choice (YesNoDialog) for player if he wants to watch intro movies.
Pressing "back" while aiming sniper rifle caused view corruption - fixed.
Character selection menu speeches play now according to selected voiceover language.
Fixed "singing knife" problem when using knife with "tesla bomb knife mod" and "sticky bomb mod".
Facebook PC initialization modified. This shortens game startup time and may fix some issues with window and cursor behavior including deadlock on white screen.
Fixed double cursor on first game start after reboot. It is probably caused by Steam overlay. In result cursor show counter is always positive and cursor will remain visible
Fixed system cursor staying on screen if switching fullscreen to window after system (re)boot.
Fixed shift, alt and ctrl state not being cleared when Steam overlay is shown.
Fixed possibility to use an unlimited amount of grenades or other items.
Fixed clearing previous item if next item is the same (stackables) resulting in no item equipped in certain situations.
Additional check added for showing gather circles to disable them in single player.
MapPortal: OtherPlayersWaitingPortal message should not be visible if player can't move to waiting place.
Added hiding cursor after game init if it wants to stay visible for some unknown reason.
Picking up weapon when entering fury caused wrong weapon to be used during fury & weapon duplication - fixed.
Enabled instant switching of weapon for not local player object. Fixes issues with thrown weapon appearing in player's hand for a moment before weapon change info gets replicated.
Redundant LevelUp message at start game, or join other player.
Dying when exiting vehicle very close to an obstacle - fixed "limbo state" where no respawn was triggered.
Making sure that during the hub defense, only the spawn points on the roof in Cinema are used.
Zombie should no longer penetrate walls.
AI can't attack if it's close to the target and the target can't be traced. Fixed LoS through walls.
Foliage quality loading properly.
Changed audio bus for collectable tapes (disabled reverb).
Modified volume multiplier and default volume for speeches and player speeches.
Yellow furniture in Sylvia's parent house fixed.
Yellow grate in quarantine fixed.

Ask Techland questions directly in this thread: http://steamcommunity.com/app/216250/discussions/0/864974396572969071/


とりあえず起動時のメーカーロゴムービー中にボタンを押すことによる強制終了がなくなりました。これはとってもありがたい。というかなんでそんな状態で発売していたんだ。

あとの細かいバグ修正は、チラッとプレイした分にはよく分かりません。
これはぎゅんたの環境のみのバグかもですが、プレイ中に襲われる謎のカクツキ嵐や、無音の世界につれていかれるバグ(ムービーシーンになると音が出るが、ムービーが終わるとまた無音の世界)は健在。折角の久々マルチプレイだというのに、とんでもないことになってしまったではないか。

さてこのパッチに及んでもショットガンの弾の設計図は配置されないままのようです。ジャングル以降はあちこちにいあるからいいっちゃいいんですが…(思えば無印では逆にショットガンの弾を殆ど拾えなかった)。DyingLightの開発が忙しいのでしょうきっと。リップタイドのシステムでブラッドバスをやりたい!と期待し続ける私とSteamフレンドの悲願が達成されることはありますまいガッデム。

ところで今回のパッチ適応に伴って、起動時に日本語化MODのファイルが干渉するのでしょうか、ゲームを起動してもゲームが始まらない現象が目立ちます(リップタイド自体はスチームで起動状態にあるのだけれど、ゲーム画面に移らない)。こうなると「既にゲームは起動しています」状態で、スチームを終了することもできなければ、リップタイドを再度立ち上げることもままならずして泣く泣く再起動を強いられます。きっとパッチ適応後は日本語化MODとの相性が悪いのでしょう。日本語化MODのファイル全てをどかせばこの現象は起きません。が、本来の英語字幕になります。

色々と試してみたところ、Steam側のリップタイドフォルダのDeadIslandGame_x86_rwdi.exeから立ち上げるとなんとか起動できるところまではきました。意味も理屈も分かりませんが、少なくとも私の環境だとそうです。面倒この上ないガッデム。
 
posted by ぎゅんた at 01:33| Comment(1) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

John Morgan the "bloody" grappler. 「What a poor kinds of MOD!」ジョン・モーガン育成について

Deadisland_non nonimplement_event.jpg

サマリー
・初心者から上級者まで懐の広いキャラ
・格闘エキスパートなので接近戦が主体となるが、スキルに恵まれているので心配無用
・ダッシュキックとアッパーで敵を吹っ飛ばす爽快なプレイが可能
・総合的に最強キャラでは
・島の各地には彼の日記が落ちていて、拾うと彼の朗読が始まる
・兵士のくせに銃器に関するスキルがない




特徴、立ち回りなど
格闘エキスパートであり、シアン、サム・Bと同じく最前線・接近戦要員。
とりたてて防御力や攻撃力に優れているわけではないが、素直に格闘系に育て上げていけば強力なスキルと手数の多さから「扱いやすく強い」キャラになる。育て方も簡単で分かりやすいので初心者や初プレイ時に選択するキャラとしてオススメ。育成も、素直に格闘専門キャラに育てればよい。格闘以外の武器は、スキルの揃わない序盤以外は趣味武器の扱いである。


ジョンの強さを支えるスキルには以下のものがある。

体力の回復として
・Life Drain(生命力吸収)⇒攻撃をヒットさせたときに確率で体力を回復
・Nosferatu(ノスフェラトゥ)⇒クリティカル発生で体力を回復
強力無比な特殊攻撃として
・Big Boot(大きなブーツ)⇒ダッシュキック
・Uppercut Attack(アッパーカット攻撃)⇒アッパーカット
体力とスタミナの底上げ
・Health and Stamina Buff 1〜3
グループヒューリー
Godspeed(神速)⇒移動速度、攻撃力、リロード速度 の底上げ、パーティサポート

特に攻撃をヒットさせて確率で体力が回復する恩恵は実に大きく、攻撃が回復手段を兼ねるといっても過言ではない。格闘は消費スタミナが元々少ないため、乱打してヒット数を稼げるのも有利に働くし、単純に爽快である。Life Drain(生命力吸収)は格闘攻撃以外の攻撃にも適応されるのも地味に強い。Nosferatu(ノスフェラトゥ)と効果が重なれば一気に体力を回復できるので、クリティカルの底上げ系スキルと格闘系武器のMOD改造は必須である。最終的には敵に囲まれて殴られつつも殴り倒せるゴリ押しプレイも可能になってくる。

ダッシュキックは全キャラ中、ジョンだけの特権である。ウォーカーなら中程度のダメージとともに遠くへ吹っ飛ばす爽快な攻撃になる。吹っ飛ばした敵が壁や障害物に当たれば追加ダメージまで発生し、その場合、殆どの敵が瀕死状態になる。発動するためのダッシュの距離は殆ど必要ないので、とっさに出すことができるのも強い。ダッシュジャンプキックには適応されない。追い打ちに使うのもよい。大型の敵は吹っ飛ばせないが、ダメージはきっちり入る。

アッパーカットはジョンの最強攻撃である。素手/ナックル/爪 装備時に発動可。
習得したてのころは消費スタミナが大きいが、Uppercut Attack Upgrade(アッパーカット攻撃向上)を習得すると俄然、使い勝手がよくなってくる。また、クリティカルが発生しやすいので、ノスフェラトゥを覚えていると、「アッパーカット≠体力回復」となるので格闘戦の主軸になってくる。単発で当てるには多少コツが必要であるし、外せば隙だらけで攻撃を喰らいがちなので、数発、通常攻撃を当てて怯ませた後に連続攻撃のように出すとよいだろう。殆どの雑魚敵はこれで沈む。アッパーは左下から画面中央に向けて判定が出る。

強力な攻撃ゆえに連発できないし、ヒットさせたり外した後に(攻撃が出せない)約一秒の隙が生じる。敵に囲まれるような場面でいきなり出すと、攻撃を出せない隙に敵の攻撃を受ける恐れが高い。なので、決め攻撃に使用することが基本となる。後述のテクニックを上手く使うとこでこの隙を僅かに減らすことができる。

コンバットスキルツリー前半のBody Blows(ボディーブロー)を習得すると、通常攻撃で敵がノックダウンするようになる。アッパーカットを出さずとも、通常の格闘攻撃を単発で当てていくだけでも十分に戦えるのである。この場合は消費スタミナも少なく、当然、隙も少ないので案外にオススメの戦法だったりする(地味だが)。集団を相手にしても、回り込むように移動しながら通常の格闘攻撃を単発で当てていけばよい。雷雨MOD改造したブロンズナックルがあればより効果的だ。そして倒れた敵には追い打ちアッパーカットやダッシュキックを見舞うなりストンピングするなり鈍器でドツくなり刃物で切り刻むなりご自由に。

なお、通常の格闘攻撃で敵の頭部を殴るようにエイミングしていると「振りかぶった一撃」が発動することがある。これは威力が高く格好いいが隙だらけなので、出したくない場合は敵の胴体にエイムをつけて攻撃するとよい。もし出た場合は、後述のテクニックを使えば隙を減らすことができる。

ヒューリー(のレイジモード)は杖で殴りまくるもの。性質的にはシアンのヒューリーに似ているが、ダッシュが出来ないしチャージ攻撃を発動できない。Lightning Moves(電光石火の動き)を習得しない場合は通常の徒歩移動のような速度である。素早く移動して素早いタコ殴りをしたい場合はLightning Moves(電光石火の動き)を習得することになる。レイジモードでの攻撃よりもグループヒューリーに重きを置くのであればInfinite Rage(無限の怒り)を習得するか、他のスキルにポイントをまわす。

ジョンのグループヒューリーは、一定時間、自分を含むパーティメンバーの「移動速度、攻撃力、リロード速度」を向上させるものである。その数値は

Lvl 1) Group Fury: 30s, Movement: +25%, Attack: +10%, Reload: +15%
Lvl 2) Group Fury: 45s, Movement: +50%, Attack: +20%, Reload: +25%
Lvl 3) Group Fury: 60s, Movement: +75%, Attack: +30%, Reload: +35%


であるので馬鹿にならない。移動速度の向上とあるが、攻撃モーションも速くなるので、元々素早い格闘攻撃は早送りのようになる。
レイジモード中ならいつでも切り替えられるので、レイジモードが切れる直前で切り替えるとよい。Zen Time(禅)を習得済みであればより安全である。



武器・MOD改造
格闘武器は大まかに
・ブラスナックル
・ブロンズナックル
・スパイクドナックル
・爪

がある。刃物や鈍器に比べると改造の種類と幅に乏しい。特に爪が酷い…

結論からいうとブロンズナックルがオススメである。
MOD改造が幅広く用意されていることと、性能的な理由である。

それぞれ対応する改造は
ブロンズナックル
Nail'd(釘MOD)
Impact(衝撃MOD)
Razor(剃刀MOD)
Slash(滅多切りMOD)
Lightning-storm(雷雨MOD)

スパイクドナックル
Rending Claws(引き裂きの爪MOD)
Assassin's poison(暗殺者の毒MOD)


High Voltage(高電圧MOD)
Barbed Wire(有刺鉄線MOD)


となる。
なんと、ブラスナックルは対応MODがない(はず)。
設定し忘れたのだろうか?

効果の属性は、出血系、電撃系、毒系、衝撃系がある。電撃は被ダメージ判定が発生するし、付与されるボーナスもイマイチ火力不足である。電撃好きな方はどうぞ。どのみち、爪に対応するMODははhigh-voltageとBarbed Wireしかない。

唯一の毒属性であるが、Assassin's poison(暗殺者の毒MOD)はイマイチ。
敵がゲボ吐き状態にならないし、持続ダメージが出血系とほぼ同じ上に緑の煙で視界が悪くなるからである。とはいえ、他に選択できるのはRending Claws(引き裂きの爪MOD)しかなく、付与されるボーナスも似たようなものだが。個人的にはRending Claws(引き裂きの爪MOD)を推す。

性能単体でみればブロンズナックルにSlash(滅多切りMOD)するのがベストでは。見た目的にもなかなか格好いい。衝撃系も爽快でよいが、付与されるボーナスは低めになる。

唯一の範囲はLightng stormMOD(雷雨MOD)しかないものの、敵が密集している場合に用いると効果絶大である。電撃効果による被ダメージが発生してしまうが、その強力さは欠点を補って余りある。単体相手にはイマイチな性能なので使わないこと。

ブロンズナックルはトレーダーが売りに出さないようで地味に入手に苦労する。
クエスト:ジャンル:スラッシュホラー
クエスト:白線
の報酬が固定で青文字ブロンズナックルなので確実に入手しておきたい。

二分割は前作同様にブラスナックル扱いらしいので、入手しても改造ができないと思われる。一度テスラ改造された二分割をトレード画面でみせつけられたことがあるが、チートと思われる。
爪のレジェンダリは存在不明。


アッパーカット後の隙、「振りかぶった一撃」の隙を小さくするテクニック
攻撃を出した後、クイックインベントリで別の武器を選択して攻撃することで、攻撃モーション後の隙をキャンセルして攻撃を繰り出すことができる。バグか仕様なのか判然としない(前作ではできない)。

これは、両手持ち刀とピストルを組み合わせるとわかりやすいので、以下の動作を試してみよう。

1.両手持ち刀を持つ
2.攻撃を出した瞬間に、クイックインベントリでピストルにあわせる
3.すぐに攻撃

これで、刀を振りかぶったあとの隙にいきなり発砲するアクションがみられるはずである。これをジョンのアッパーカット後の隙に応用する。

具体的には、
アッパーカットを出した瞬間に、クイックインベントリボタンを押し、別の武器(判定の出が速い格闘系でよい)に合わせて攻撃を出すようにする。これで、アッパーカット後の隙に攻撃を割り込ませることができるはずだ。

このテクニックはジョンに限らず全キャラで応用できる。
趣味的な動作だと思われるが、ジョンのアッパーカットの隙は無視できないほど大きいので、アッパーカットを戦闘の主軸に置かれている方は試してみるとよいだろう。また、頭部エイムを合わせたときに発動される「振りかぶった一撃」も、ヒット後に同じ操作で隙を少なくできる。「振りかぶった一撃」は狙ってないときに限って出る攻撃なので、出た場合はこのテクニックで隙を小さくすると気持ちがよい。



スキル振り
おおよそ、以下のようになると思われる。
John Morgan skill trees.jpg

ヒューリースキルツリー
Touch Of Power(力の感触)

Godspeed(神速)+ Burning Fists(燃え盛る拳) + Infinite Rage(無限の怒り) or Lightning Moves(電光石火の動き)

Touch Of Destruction(破壊の感触)

Long Hands(長い手)

Zen Time(禅) + Like A Rock(岩の如く)

Touch Of Death(死の感触)


コンバットスキルツリー
Palm Strike(掌底打ち)

Life Drain(生命力吸収)+ Cardio(心臓)

Body Blows(ボディーブロー)+ Puncher(パンチャー)+ Frenzy(狂乱)+ Charge(チャージ)

Big Boot(大きなブーツ)

Uppercut Attack(アッパーカット攻撃)+ Cold Rage(凍える怒り) + What A Kicker(何て蹴りだ)

Uppercut Attack Upgrade(アッパーカット攻撃向上)+ Way Of The Fist(拳への道)+ Counterattack(カウンターアタック)

Kiss Of The Dragon(竜の接吻)


サバイバルスキルツリー
Health and Stamina Buff 1(体力・スタミナの鍛錬1)

Deeper Pockets(ポケットいっぱい) + Spring(バネの力)

Health and Stamina Buff 2(体力・スタミナの鍛錬2)

Sapper(工作兵)

Nosferatu(ノスフェラトゥ)+ Marathon Runner(マラソン走者) + Strong Legs(強靭な脚)

Health and Stamina Buff 3(体力・スタミナ鍛錬)

・ヒューリーはグループヒューリーまで覚えたら他は後回しにする。コンバット系の充実を優先
・経験値、お金系のスキルは習得しない
・最終的に持ち歩く武器はほぼ全て格闘系になるので、ポケットいっぱいを習得しないのもあり
・その分のポイントを盗人マスターに回すとよい(なんだかんだで鍵付きチェストを開けられないのは寂しい)



enjoy! :)
posted by ぎゅんた at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

ボーイ・フレンド・三人 略せばBF3

FPSgamer_expectation.jpg

まとめ
なんだかんだでデッドアイランドが好き。
リップタイドも好き。
気に入ったゲームは遊び倒せ!


「一緒にチームを組んで遊びましょう」と知人の勧めでインスコしたBF3(Orijin版)。世界のFPSのトップタイトル。ライバルタイトルがCODというのは有名な話だ。メリケン人が作っているだけあって、骨の髄までドンパチFPSです。

「チームを組んで遊ぶ」ためには、私の他に三人の友がオンラインで、ボイチャをつなげた状態にならなくてはならない。ソロでは決して遊ばないのであります。

なぜなら…

・キャンペーンがつまらない
・マルチもつまらない


からであります。

グラフィックとか音、演出は凄いのですけどれども…だからといって気持ちが盛り上がらないのですよ。デッドアイランドみたいなシュールな馬鹿さもぬるさも接近戦もないし。シリアスに敵を倒してポイントを稼ぐばかり。

撃たれればすぐ死ぬゲーム性なので、当然、復活も素早いのですが、復活して待っているのは延々と撃ち合い殺しあうことの繰り返し。時間とお金をかけて育て上げられた屈強な男たちの命の大安売りを見せられても面白くありません。うんざりしてきます。戦争とは実にもったいない人材消費だと痛感させられます。

対戦は「とったとられた」が延々続く世界。ルールもよくわからない初心者で下手くそで殺されまくる(=うまくいかない)のもあるが、復活した瞬間に撃たれて殺されるのが続けば外人でなくとも「Fu※k!」のひとことを言いたくもなる。ボイチャしながら馬鹿なことを喋りながらワイワイ遊ぶ仲間がいるから遊べこそすれ、一人では到底、虚しすぎて遊べないゲームです。「チャットソフトに対戦ゲームがついている」ぐらいの気持ちです。

昔からですが、リアル系FPSはちょっと肌に合いません。中学生の時分にPSのドゥームから始まった洋ゲーFPSですが、お気に入りのタイトルは多くありません。

お気に入りを挙げるとすれば

・DOOMシリーズ
・DOOM3
・QUAKE3
クライブ・バーカーズ アンダイイング
エイリアンVSプレデター
S.T.A.L.K.E.R.

ぐらいです。若干SF寄りが好み。

いま遊んでいるFPSはデッドアイランド/デッドアイランド リップタイドになります。気に入ったひとつのタイトルをひたすら遊びこむスタイルが好きなので、まだ当分は遊び続けることでしょう。


おまけ
DI_R backjump_moving.jpg
リップタイドでは浅瀬(水場)を移動する時はダッシュが出来ずスローペースになってしまいますが、バックジャンプを連続して出すと素早く移動可能です。みんな知ってるね


posted by ぎゅんた at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

オンラインプレイはちょっくらフリーダムなぐらいが丁度よろし

Deadisland_riptide_M60machinegun.jpg
※バカ火力。マシンガンてアンタ…


誤ってジョンのセーブデータを消してしまい、一から育て直している。
ジョンの育成に関しては過去に記事にしているが、改めてプレイし直したいま再考するところもあるので、新たに育成記事を起こすことが出来るかもしれない。


ところで、ジョンの育成中の野良PTでのこと。あるプレイヤーがLv1で装備可の黄文字ピストルくれた。弾数無限の連射可能な大火力ショットガンみたいなピストルである。まるで前作のスカル武器のような「公式チート級武器」を彷彿とさせる性能だ。リップタイドにはスカル武器に相当する公式チート級武器は存在しないはずなので、この”M60マシンガン”は、このプレイヤーが作ったのか、他のプレイヤーが配布した武器が私に巡り回ってきたかたちにあるのか、それはあずかり知らぬ話だ。

なお、Steamコミュニティには、デッドアイランドのファイルを改造して遊ぶことに関する記事まとめたスレッドがある。洋ゲーは元々MOD文化が盛んなのである。
ttp://forums.steampowered.com/forums/showthread.php?t=2106453

だが、こうしたギミックをリップタイド本編に適用して遊んだところで、ゲームが大味になってつまらなくなるだけだ。換言すれば、ゲーム自体に飽きをもたらす「勿体無い」存在なのである。だから、プレゼントされても個人的には嬉しくもなんともない(受け取っておいて酷い態度だが)。

もし、こうした派手な武器でドンパチ戦うことを強いられるゲーム性に変更した上でなら、まさにMOD的遊び方となり、堂々と楽しめるだろう。既存のルールの上にルール違反持ってくるのはマナー違反なのである。

しかし、こうしたやり取りが出来るのもオンラインプレイならではのこと。チート野郎かフ◯ック!と憤ることはない。起こること全てをひっくるめて楽しめばよいだけの話だ。こうした「ゆるい」感じこそネットゲームであり、魅力でもある。

個人的にはリップタイドのゲームシステムでブラッドバスアリーナをやりたくて仕方がない。グループヒューリーやSPRING(バネの力)、範囲系効果MOD、やたら豊富になった投擲系武器の実装があるので、大多数の敵を相手に戦うのは実にエキサイティングだろうからだ。アップデート実装されるか、ファンによるMODの登場を期待している。

システムにバグや不備があろうが、戦闘自体は単純に楽しいゲームなので、ただそれだけを延々と遊び続けるゲームモードがあってしかるべきである。PerfectedDOOM3のような、難易度をリアル寄りに底上げするMODがあってもよいだろう。

その前に前作のブラッドバスアリーナももっとやりこみたい。誰もやっていないから満足に遊べやしない。


まとめ
ぎゅんたはブラッドバスアリーナを一緒に戦ってくれる人を募集中です(steam版DI)。



おまけ
Deadisland_riptide_dropping mines.jpg
敷設型の地雷は、足場ギリギリの位置で用いると直下型ボムとしての応用が可能だ。みんな知ってるね
posted by ぎゅんた at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

Sam B the muscle rapper 「俺は昔ジャイアンツの1軍にいた」 サム・B育成について

soft touch2.jpg
シアンと相性がいい模様。積極的にコンビを組め!


サマリー
・初心者向けキャラではなくなったかもしれない
・スタミナ切れを起こしやすいのは変わらず
・タックルを咄嗟に当てられなくなって弱体化
・ジャンクフード大好き



特徴
鈍器の扱いを得意とする筋肉質の黒人ラッパー。
鈍器系MODの花形である衝撃系MODで敵をブッ飛ばしまくるプレイは彼の特権である。そして全キャラで唯一のオートリジェネのスキル持ちで、頑健さと併せてのタフネスさが売りのキャラ…なのだが、前作ほどタフな感じがないし強い感じもしない。

とにかく接近戦でタックルを咄嗟に当てられなくなったのが痛すぎる。これにより、タックルで敵を転ばせてのストンピングSATUGAI祭りや追い撃ち劇場に持ち込みにくくなってしまったのだ。

タックルはダッシュやサイドステップ中に発動出来るが、これを利用し、敵を捌くようにダッシュやサイドステップをしつつタックルを当てることがほぼ不可能になってしまった。そのため、タックルヒットの瞬間に攻撃することで繰り出せる「タックル+所持武器攻撃(モーションキャンセルで判定だけ出る)」を決めるチャンスもまた、激減してしまったのである。

タックルは当たり判定が強く、雑魚敵の攻撃を平然と潰せたので前作のブラッドバスアリーナでは押し寄せる敵をタックルで潰しまくったものであったが、リップタイドではそうはいかない。

加えてリップタイドでは銃器の火力が高く設定されたので、接近戦キャラは相対的に弱く感じてしまう。鈍器エキスパートのサム・Bであっても、ピストル片手のガン=カタ(接近戦でヘッドショットを決めて倒す)の方が強く感じることがあるのは戦闘バランスが悪い気がする。

こうした理由から、本作のサム・Bは弱体化しちゃった感が強いのである。
また、鈍器は取り回しが悪くスタミナを大きく消費するので、調子に乗って攻撃を繰り出すとすぐにスタミナ切れを起こし隙だらけの棒立ち状態になってしまう。

サム・Bでうまく立ち回るためには常にスタミナ配分に気を配る注意力と、攻撃を空振りせず確実に当てて行く腕が求められる。


スキル
具体的なポイント配分は後述する。
すべてのキャラクターに共通する私の育成方針に、「キャラクター本来の得意分野を最大限に伸ばす」がある。サム・Bは素直に前作同様、鈍器エキスパートに仕上げたい。そして経験値上昇やお金節約系のスキル、武器の耐久力向上系のスキルにはポイントを振らない。

鈍器エキスパートとパーティプレイでの活躍のため、ヒューリーとコンバットを重点的に習得する。コンバットスキルツリーは、最終的にはその殆どを習得することになる。サバイバルスキルツリーはシアン同様、あまり埋まらないが、「おとり」をLv3にする。

突筆すべきはグループヒューリー(復讐の陣)の「お前は貢献した」で、これは一定時間、自分を含めた味方プレイヤーのクリティカル発生を底上げするものである。その上昇数値は馬鹿でかく、ほとんどの攻撃でクリティカルが発生するようになる(Lv3なら70%もあがるのだ)。サム・Bなら衝撃系クリティカルで吹っ飛ばし放題、プルナならショットガンで吹っ飛ばし放題のボーナスタイム。もちろん、他のキャラクターも大きな恩恵が得られるのでかなり実用的なグループヒューリーであろう。
レイジモード中であればいつでも切り替えられるので、レイジモードが切れる直前に切り替えるのが賢い。有効活用しよう。

Deadisland_riptide_groupfury_samb.jpg

また、レイジモードはスタミナ切れを起こしている状態でも発動できるため、スタミナ切れでピンチに陥ったときの切り札となる。そしてレイジモード中はスタミナを一切消費しない。チャージも可能。ジャンプも可能。グループヒューリーに切り替えたあとはスタミナを消費する状態に戻る。また、「岩の如く」の効果も失う。

アイテムハントをするキャラではないので「カギ開け職人」にはポイントを振らない。最終的に所持する武器は限られてくるので、ストイックにいくなら「ポケットいっぱい」にポイントを振らないのもあり。


MOD・設計図
出血系と衝撃系がオススメである。
サグやラム、レスラーといった重量級は衝撃系に抵抗があり吹っ飛ばせず相性が悪いので、出血系MOD改造した鈍器で出血させて持続ダメージを狙うのがよい。出血系は毒系と違って持続ダメージは大きいものの行動を妨げることは出来ない。そこで毒MOD改造した両手斧を投擲用に携帯するのがよい。かなりの確率で毒状態(ゲボ吐き状態)に持ち込めるので頼りになる。また、刃物系は投擲でヒットさせたあとは「黒ひげ危機一発」よろしく相手に刺さり続けるので回収が容易なのも利点。

前作では Shocking Crowber MOD(デスバール)で楽しい衝撃系バールが作れたし、一番のお気に入り武器だったのだが、今回はなぜか電撃系の扱いになってしまった…敵を吹っ飛ばせないバールになんの価値があるというのか。


武器
鈍器メインで揃えればよいが、スロットのふたつに銃器と毒MOD刃物を当てるのが良いのでは。
大抵の鈍器は出血系MODと衝撃系MODによる改造が可能であるため、母材の鈍器はお好みのものを揃えればよいだろう。ただ、リーチの長めの鈍器を用意しておくことだけは推奨したい。サム・Bはタフネスさが売りとはいえ、連続で攻撃を喰らえば大ダメージとダウンは必定であるし、とかくスタミナ切れを常に起こすことから(スタミナが不足している状態は被ダメが増える)、ダメージを喰らわない立ち回りを心がけたいところ。その意味では両手バットやカナボウ、メタルカナボウがリーチが長く使いやすいので携帯するに適している。
最終的には超頑丈MOD(Heavy duty MOD)を施したメタルカナボウがサム・Bのベスト武器と思われるが、入手は後半になるだろうから、それまではバットをメイン武器に据えて立ち回るのが安定。ナックル系は鈍器扱いなのでスタミナ節約攻撃の手段として携帯するとよい

スキルEarthshaker(アースシェイカー)取得後は「ズームボタン + 攻撃」で、ウォーカーを一撃で転倒させる特殊攻撃を出すことができるようになる。
建設用ハンマーや半棒のような長い武器でこれを出すと、リーチの長い付き攻撃になり、使い勝手がよい。ただしクリティカル発生時にMODの効果は発動しない。スタミナ切れ状態のときでも無理やり出すことが出来るので、スタミナ切れのときの「しのぎ」としての使い方が極めて有効。

銃器をメインで使うことは無いが、敵との交戦中、スタミナ切れを起こすギリギリの時に持ち替えてスタミナ切れを防ぐ「つなぎ」に使用すると良いだろう。

鈍器は色々とMOD改造の幅が広いので、色々と改造して楽しめる。設計図はあちこちにあるので収集に出かけよう。

Deadisland_riptide_headsmash_samb.jpg

スキル振り
おおよそ、以下のようになると思われる。


フューリースキルツリー
Haymaker(強烈な一撃)

Grim Inspiration(残忍な鼓舞) + Like A Rock(岩の如く) + Feel No Pain(無痛感覚)

You’ve Been Served(お前は貢献した) + Greater Haymaker(より強力な一撃)

Smash Hit(大当たり) + Pain Killer(痛み止め)

Incredible Haymaker(驚愕の一撃)


コンバットスキルツリー
Heavy Hitter(飛ばし屋)

Effortless(楽勝) + Devastation(壊滅)

Exploit Weakness(小技)+ Tackle(体当たり)+ Lights Out(消灯)+ Charge(チャージ)

Blunt Expert(鈍器エキスパート)

Hammerblows(鎚撃) + Powerful Impact(パワフルインパクト) + Big Stick(デカブツ)

Critical Impact(クリティカルインパクト) + Telling Blow(有効打)

Earthshaker(アースシェイカー)


サバイバルスキルツリー
Recuperation(回復)

Motivation(やる気) +Spring (バネの力) + Decoy(おとり)

Hardened(硬化)+ Deeper Pockets (ポケットいっぱい)

【同段左が優先】




・本作は銃撃戦がないに等しいので、Bulletproof(防弾)はLv0でよい。
・Decoy(おとり)をLv3にすると多くの敵が自分に向かってくるようになる。向かってくる敵の頭部に鈍器を的確にヒットさせて対処しよう。
・武器の攻撃力・衝撃力の低い序盤(低レベル時)では%上昇系の恩恵が低いので、以下のスキルは後回しで構わない。クリティカル発生を優先させよう。
Devastation(壊滅)
Powerful Impact(パワフルインパクト)
Big Stick(デカブツ)


enjoy!! :)


※ナックルは手数で敵を圧倒できる。ライトニングストームMODで範囲攻撃を付与したブロンズナックルが楽しい。なお、爪は格闘扱いになので使用しない。

ジョンの場合は特例(?)でナックルも爪も格闘扱いになっている。

 
posted by ぎゅんた at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

Pruna Jackson the metal shooter. 「不失正鵠 」プルナ育成について

soft touch.jpg
同性愛疑惑(嘘)

こんなキャラ
・レベルが低く、銃器の入手出来ない序盤は辛いし地味
・常にヘッドショットを狙えるFPSプレイヤーなら無双できる強さ
・グループヒューリーを発動すれば、パーティメンバーをプルナの愛で包める
・ジャンプしたときの声が抜けてて笑える
・ボートを操縦しているときの姿がムチムチしていてエロい(顔は除く)
・(相変わらず)見かけによらず口が悪い

なので、こんなプレイヤーにオススメ
・FPSが得意、銃器大好き、ヘッドショット大好き
・アイテムハント大好き
・女キャラ大好き


サマリー
顔がゴリラでグラマラススタイルの、まさに「洋ゲー的女キャラ」。前作では外観とキャラ性能でシアンに女キャラのお株を奪われていたが、銃器の地位が向上したリップタイドで一気に強キャラにのし上がった。

前作では銃器の威力も弱く、プルナのスキル特性からパーティプレイのサポートに徹する役回りが目立ったが、今作はパーティサポートをしながらにして前線で立ち回る強キャラになったのである。

もっとも、近接戦が得意なわけでも打たれ強いわけでもないので万能キャラではないことには注意が必要だが、火力の上がった銃器を手にしたプルナなら、これらの弱点を補ってあまりある活躍が可能だ。

銃器は常にヘッドショット狙いが基本であり、プルナ使いの腕の見せ所となる。
腕に覚えのあるFPSシューターなら存分に強さを発揮できるだろう。連続ヘッドショットで敵をなぎ倒していくのはなかなか爽快だ。

ただしその強さも、スキル、銃器とMODが揃ってきて初めて発揮されるものなで、それまでは地道に育てて行くことになる。とはいえ本作はレベルアップに関しては前作に比べ「なにか間違っている」ぐらい簡単なので心配はいらない。ヘッドショットを常に狙えるAIMをプレイヤーが発揮できるかどうかが最も重要である。MODや銃はメインストーリーを進行させていけば(ほぼ満足のいくものが)入手できる。

銃がない序盤は接近戦を強いられるが、敵の数が多い本作ではうまく立ち回らないと常に死と隣り合わせ。なるべくリーチのある武器に手軽な改造(例:釘バット)を施して無理をしないことである。パラダイス・キャンプの小屋の中の白文字ティファナ・マチェットがそこそこ強力なので、使い捨て前提で携帯するのがよい。なお、スキルの「ブレードファイター」がある分、鈍器よりも刃物が気持ち有利である。最終的には刀、脇差あたりに落ち着くだろう。

プルナは早い段階でカギ開け職人をLv3にするから、自前でそこそこ強力な武器を集めることが出来る。青文字武器までならソコソコ拾えるので、使わない武器は換金してNPCからアイテムを購入する資金に充てるのがよい。

接近戦だけでは辛いので、投擲攻撃、投擲武器も活用しよう。

投擲武器はパルスグレネードが強力で頼りになる。懐刀として所持しておくと役立つに違いない。NPCジョンのチームクエストを遂行するかHalai村の東端の海岸のチェストで得られる。マーカス・ヴィラに初めて会いにいく時に回収するとよい。パルスグレネードはフレンドリファイアがないので適当に投げても大丈夫である。設計図はHendersonの広場にある。

投擲攻撃は、毒改造を施した両手斧が強力でオススメ。敵に刺さるので回収も容易。
一方の鈍器系は、敵にヒットさせてもそのまま奥にすっ飛んでいく仕様になり、場合によっては回収不能に陥ることがあるのでオススメしない。


銃火器に関して
レイジゲージを積極的に得たいので、銃器は全てMOD改造するべきである。
リボルバーやスナイパーライフルはMOD改造できない(はず)。

サイドアーム(ピストル/ヘビーピストル/リボルバー)
装弾数と連射速度からピストルがよいと思われる。ヘッドショットさせればピストルでも十分な火力があるので、お好みの改造を施して携帯しよう。慣れてくるとまさにガン=カタのように接近戦でありながら敵をヘッドショットで征圧できる。これはちょっとした快感だ。

メインクエストで青文字ピストルと紫ヘビーピストルが固定で入手できる(それぞれ序盤と中盤以降)。


ショットガン
Riptide_shotgun_critical.jpg
クリティカルを発生させないと弱い単発射撃にすぎないので、MOD改造は追加クリティカル4%のショックショットガンがよいと思われる。クリティカル発生時の爽快感は他の武器の追随を許さない。
Piercing Shots(貫通弾)にスキルを振っていれば、敵をそこそこ巻き込める状況が得られる。

メインクエストで青文字ショットガンが固定で入手できる(中盤)。


ライフル
Riptide_detox_rifle.jpg
シングルショットライフル、バーストライフル、オートライフルと種類がある。
ヘッドショット狙いの、サイドアームの延長上の使い方をするもよし、弾幕を張ってとっさの足止めに使うもよし、鉛弾をブチ込むまくるもよしと、所持段数の多さも手伝ってバランスがよい武器。
前作では簡易スナイプ用にシングルショットライフルが大活躍したが、本作ではスナイパーライフルにその地位を奪われることになった模様。デトックス改造が無難か?

メインクエストで紫バーストライフルが固定で入手できる(ただし終盤)。


スナイパーライフル
Riptide_sniperrifle.jpg
ヘッドショット+クリティカルで殆どの敵を即死させられる強力な火力。ライフルの弾を流用できる。遠くの敵を叩くなり中型ゾンビのヘッドショットハント用に。リロードの隙がでかいこととMOD改造が出来ないことが欠点。
離れた場所にいるプレイヤーに駆け寄ってくるインフェクテッドをヘッドショットで始末すると渋い。
オンラインで、やたら射撃音の大きなスナイパーライフルを持っているプレイヤーをたまに目にするが、レジェンダリのスナイパーライフルなのだろうか?


他、ネイルガン、フレアガン、ハープーン、スタンガン
ネイルガンとハープーンは弾を回収できるエコ・リサイクル仕様。
どれも使い勝手が悪いので趣味武器では…


追加されたスキルについて
Trauma Team(トラウマチーム)
これはグループヒューリーである。効果発現中は、パーティメンバー全員にオートヘルスリレジェネーションが付与される。リジェネは、ローガンの Medicinal Purposes と似ており、常に回復していくものではなく、脈打つように一定スパンで回復が得られる。突筆すべきは、このリジェネはダウン状態からの復帰を可能なしめることである。ダウンして蘇生待ちのときに回復がかかれば蘇生できるのだ。これは乱戦時に心強いサポートになる。なお、ダウン状態になった瞬間に死亡が確定するソロプレイ時はこの恩恵にあずかれない。

スキルレベルが上がるほど、持続時間とリジェネの効力が上がり、より強力になる。実質、プルナのヒューリーは、発動時のガーディアンのボーナスとこのグループヒューリーが全てであると思って差し支えない。

なお、レイジモードを発動して、一発でも攻撃してしまうとこのグループヒューリーに切り替えられなくなってしまうことに注意したい。レイジ発動⇒グループヒューリーはほぼセットであるからLike A Rock(岩の如く)を習得する必要性は薄い。



各種スキルツリー
目指す方向性は「パーティサポート、銃器エキスパート、アイテムハント」である。

まずは
守護者の魂 をLv3
吸血鬼 をLv3
カギ開け職人、バネの力、ポケットいっぱい、調整 をLv3まで振る。
この時点でもまだ銃器は満足に手に入らないはずなので銃器に関するスキルは後回しにする。
今回は弾丸を拾える機会が多く、ワークベンチで弾を自炊する必要性が低いのでRecycler(廃棄回収業者)は不要かもしれない。

おおよそ、以下のようになってくるのではないかと思われる。

ヒューリースキルツリー
Gurdian(守護者)

Grim Inspiration(残忍な鼓舞)

Trauma Team(トラウマチーム) + Gurdian Spirit(守護者の魂)

Righteous Fire(正義の一射)

Gurdian Angel(守護天使)
【同段左が優先】


コンバットスキルツリー
Blade Fighter(ブレードファイター)

Vampire(吸血鬼)

Gender Wars(性差戦争)

Firearms Training(銃器訓練)

Cold Rage(凍える怒り)+ Executor(処刑人)

Wunderwaffe(超兵器)+ Rapid Fire(迅速射撃) + Piercing Shots(貫通弾)

GUN-KATA(ガンカタ)
【同段左が優先】


サバイバルスキルツリー
Boost Mood(高速移動)

Lockpicking(カギ開け職人) + Spring(バネの力) + Deeper Pockets(ポケットいっぱい)

Conditioning(調整)

Boost Ambience(高速環境)

Providence(神の意思)

Rain Of Bullets(弾丸の雨) + Jackpot(ジャックポット)

Boost Aura(高速オーラ)
【同段左が優先】



ポイントは余るので、残りを振るなら Recycler(廃棄回収業者)、Charge(チャージ)、Hard Knocks(激しいのはお好き?)、 Volatile(カンシャクもち)、Randori(乱取り)あたりだろうか。お好みでどうぞ。


enjoy! :)
posted by ぎゅんた at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

起動時のイントロデモをすっ飛ばしてショベルをBBQ仕様にしてもらっちゃえ!!

Dead Island Riptide.url_BBQ MOD_01.jpg

プルナさんで野良PTに乱入したところ、突如
「YOー、(DLCの)BBQパックはお持ちかい?(意訳)」
と訊かれました。
私が持っているのはファッションヴィクティムだけですので
「私は、もっていません」
と返答しました。
すると彼は
「もしショベルを持ってるんなら、俺様がBBQ仕様に改造してやるぜ!」
とおっしゃった。
ちょうど青ショベル(クエストでマーカスからもらうやつ)があったので、お願いしてみることにした。
「たったいまクッキングタイム…あーやってできた彼がオラー(意訳)」
その後が冒頭のSSである。
このBBQ仕様、数値的にはヘボめだが、見た目的には楽しいのでnice。

その後、一緒に遊んでみんなでフレンド申請をしあった。

__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ








だけではただのチラシの裏なので、起動時のうざったいイントロムービーをスキップさせる小技を紹介しよう。前作と同じ手順なのでたいしたものではないが一応。

Skip Intro Logos
1. In your Steam Game Library, find the game, right click it and click Properties.
2. Click the "Set launch options..." button.
3. Type in -nologos and click OK.
4. Click Close.


1)ゲームライブラリのリップタイドで右クリック>プロパティ
2)一般タブ>起動設定 を開く
3)-nologos を入力。
4)OK>閉じる
で完了。
これで起動時のイントロがスキップされるようになります。みんな知ってるね

 
posted by ぎゅんた at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

Xian Mei to wanna be an Assassin.「普通の女の娘になりたい訳がない」シアン・メイ育成について

Dead Island Riptide XianMei.JPG
・このゲームでは貴重な外見マトモ族
・しかし真顔でガニ股ジャンプする
・衣替えするとお尻まわりがキュート
・ノーブラノーパン疑惑
・クエストアイテム取得時の"Allright,I've got it"の声がステキ
・たまに "Die!Die!Die!" と発狂しちゃってドン引き



サマリー
立ち回り次第で化けるキャラ路線に変わりはなく、基本的な立ち回りとスキル振りは前作を踏襲する。
リーチの長い刃物を装備し、ギリギリ当てられる距離から頚部を狙って斬首KILL。両手刀がもっとも容易だが、手に入るのは後半なので、それまではマチェットやショベルで戦うのがよいだろう。個人的にはショベル推し。

刃物は低い衝撃力がゆえに敵の思わぬ反撃を受けやすい(攻撃を当てて相手の攻撃をつぶせない)ので、常に敵の攻撃が自分に向かってくるものと想定して動くことになる。こちらの攻撃を当てつつ、敵の攻撃を避けるように立ち回るべきである。具体的には、こちらの攻撃がギリギリ当てられる距離をキープしつつ相手の背後に回るように攻撃を当て続けるのである。単純に相手の攻撃を回避しやすいしバックスタブの恩恵も得られる。
空中殺法は威力は高いが、ただ適当にあてても隙だらけなので、攻撃の中に組み込ませるとよい。具体的な連続技があるわけではないが、ある程度通常攻撃を当てたあと、距離をとるためにジャンプしたときに出すとか、サイドステップした瞬間にキック⇒間髪いれずに出して連続攻撃にするなど。個人的に気に入っている立ち回りのひとつとしては、斜め前へのサイドステップした瞬間にキックをヒットさせた後に空中殺法を出すものである。

両手刀に毒サソリや電気療法などを施せば「攻撃は最大の防御」も可能になってくる。
Zed's Demise はいまだ手に入らない…。

体力・防御力が心許ないシアンは、敵の数の増加により被ダメのリスクが高くなったリップタイドでは油断と慢心、運の悪さが死に直結する。ラグが伏兵のオンラインプレイではより顕著となる。実際に気づいたらダウンしていることもある。回線をケチるとこういうことになるのである。

武器持ちゾンビと投擲攻撃が天敵。特に敵の投擲は、モーションを確認したら即サイドステップして回避しなくてはならない。シアンにとってはほぼ即死ダメージなので油断ならない(スタミナ切れ状態のときに喰らうと即死攻撃の様子)。自キャラが目視している武器持ちゾンビに限って、低確率で投擲攻撃を仕掛けてくる模様。そのモーションは一秒足らずで、運が悪いと攻撃モーションを見逃してしまうことから事故死することもある。

武器は素直に刃物を装備しよう。
MOD改造は多数にわたり用意されているが、やはり毒系統が優秀で使いやすい。両手斧を毒改造して投擲専用に携帯すると頼りになる(よくわからんが強力)のでオススメ。
刀の手に入らないうちはショベル、片手斧、マチェットが鉄板。
鈍器、格闘、銃は趣味武器の扱いでよい。※1


1)多数を相手に捌き切る瞬間火力を持つ一方、攻撃を喰らえば瀕死になるピーキーさ
2)操作に絶対の自信がある
3)刃物大好き
4)スタミナが高いキャラクターを使用したい
5)女の子キャラ

こうした特長に魅力を感じるプレイヤーにオススメ


スキル
リップタイドではレベルの上限が60から70になった。
シアンのスキルツリーには「サバイバル中段以後がアレ」という特徴があり、その分を他に振れることから、プレイヤー毎のスキル振りの差は少ないと思われる(おのずと決まってくる)。レベルキャップの引き上げによる10の追加スキルポイントは、追加スキルに振ってもなお余ることになる。なお、追加スキルは、全キャラ共通という手抜き具合である。以後に解説していくが、シアンに限ってはすべて習得するべきである。

スキル振りに関しては、
・獲得経験値向上系と所持金系のスキルは取得しない
・武器の耐久性向上系も取得しない
・ヒューリーを積極的に活かす
このような方向性で行きたい。


追加されたスキル
フューリー系
Group Fitness(団体競技)
これはグループヒューリー(復讐の陣)である。一定時間、スタミナ消費が無くなる。
レベルの上昇で持続時間が増える。他キャラのグループヒューリーの重ねがけも可。
Lvl 1) Duration: 30s
Lvl 2) Duration: 45s
Lvl 3) Duration: 60s

このスキルは極めて有用である。
レイジモード中ならいつでも発動可能であるので、レイジモードが切れそうになった瞬間に発動するとよい。


Like A Rock(岩の如く)
レイジモード中に強烈な一撃を喰らってもノックダウンしなくなる。あったほうが何かと心強いだろう。
とはいえ防御力が上がるわけではないので、敵にタコ殴りにされれば死亡する。
グループヒューリーに切り替えた後には効力を失う。


コンバット系
Charge(チャージ)
前方への強力で広範囲のダッシュ攻撃。
広範囲というのは「当たり判定が横に強い」という意味であり、敵複数にまとめてヒットさせられるものではない

・当たり判定自体は強力で敵の攻撃につぶされることがないので、一気に距離をつめて攻撃したいときに使える
・とはいえ隙はあるので、敵複数のグループにチャージで突っ込むと攻撃を受けるリスクが高い
・連発できない仕様
・殆ど密着状態からでも発動できる
・オートエイム機能がついているので、予期しない方向に勝手に流れることがある。近くに死体があると切りかかったりと余計すぎる
・ダッシュジャンプ中にも発動できるが、武器によっては発動できない(なぜか他のキャラではできたりする。バグか?)
・レイジモード中も発動可
・ヒットさせた瞬間にステップジャンプ可。ヒットさせた瞬間にバックステップして距離をとるのが無難な使い方だが、前方方向にステップジャンプさせて空中殺法を狙うアグレッシブな戦法も可能(タイミングはシビア)
・チャージ⇒前方ジャンプ⇒チャージ⇒…で前方への高速移動が可能。団体競技(グループヒューリー)を発動すればスタミナが無限になるのでチャージで遊ぼう。趣味技。


サバイバル系
Spring(バネの力)
ノックダウン時に素早く立ち上がることが可能になる。
ノックダウンを利用したスタミナの回復はできなくなるが、スタミナ関連に優れるシアンはその心配も少ない。このゲームはいちいちダウンしてテンポが崩れることが多いので習得を推奨。



スキルツリー
おおよそ、以下のようになってくるのではないかと思われる。

ヒューリースキルツリー
Bloodrage(血の怒り)

ASSASSIN'S GUILE + Like A Rock(岩の如く)+Lightning Moves(電光石火の動き)+ Glim Inspiration(残忍な鼓舞)

Group Fitness(団体競技)+Boiling Bloodrage (沸血の怒り)

Flowing Strikes(流し打ち)

Burning Bloodrage(燃えたぎる血の怒り)


コンバットスキルツリー
Blade fighter(ブレードファイター)

Flying Strike(空中殺法)+ Flawless Blade(無傷の刃)

Backstab(不意打ち)+Charge(チャージ)+Effortless(楽勝)+ Deep Wounds(深い傷)

Blade Expert(刃物専門家)

Telling Blows(有効打)

Pressure(圧力)+ Master Assassin(暗殺マスター)+ Stroke Of Luck(ラッキーヒッター )

Blade Master(ブレードマスター)


サバイバルスキルツリー
First Aid(応急処置)

Vampire(吸血鬼)+ Spring(バネの力) + Spectre(幽霊)※2

Deeper Pocket(ポケットいっぱい )

【同段左が優先】


Blood RageとVampireにスキルを振って、まずはコンバットスキルツリーを優先的に埋めて早い段階でブレードマスターを習得させたいところ。ブレードマスターに振ると、クイックストンピングが可能になる。クイックストンピングはダウン中の敵の頭部に照準を合わせて(発動できるときは専用のアイコンマークが表示される)キック攻撃ボタンで発動する。自分がジャンプ中であっても、敵がダウン状態で照準が合っていれば発動できるので、ステップジャンプ中でも出せる。そのときはちょっと面白い挙動をする。

サバイバルスキルツリーが不遇なので、最終的にポイントは余ってくる。ピッキングにまわしてlv3にするもよし、ヒューリー関連を強化するもよし、スタミナの回復スピードを底上げするもよし。
確立してくる自身のプレイスタイルに合わせて、余りポイントを何かに振ろう。コンバットスキルツリーをコンプするのがベターらしいが、出血状態と毒状態の時間延長はさほど有効とは思えない。

アイテムハントをするキャラではないとはいえ、鍵付チェストをひとつも開けられないのも面白くないのでピッキングLv3が無難どころ。

enjoy!! :)



※1)
斬るばかりもアレなので、衝撃/魔法の杖改造を施した片手鈍器あたりを携帯するのもよい。気分転換に敵を殴って吹っ飛ばしたり、追い打ちに有効である。

ダッシュジャンプキック⇒空中殺法のコンボを決めた後の、虫の息の敵を殴って倒すときに使うと渋い。

※2)
身の安全とバックスタブを活かした立ち回りを念頭に入れるなら習得は必須だが「ハードモード」がお好みなら振らないのもよい。本来はマルチプレイでしか効果が無いスキルであったが、本作ではソロプレイ時でも味方NPCが戦ってくれる場面もあり、より有用なスキルとなった。振るか振らないかはお好みである。

これは知り合った外人プレイヤーに「シアンについて記事を書くなら記載すべきだ」と言われたので記述している。ある日の会話を取り出してみよう。変な英語なのはいつものことですのでご容赦を願いたい。
By a steam_chat of one day from a conversation.jpg
※チャットの”BBA”という単語はババアではなく前作のブラッドバスアリーナのことである。
posted by ぎゅんた at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

個人的主観に基づく各キャラクターの強さについて[Dead Island Riptide]

DIriptide with SamB and Xian.jpg
弱体化疑惑(のふたり)

リップタイドになって何が変わったかといえば、まず銃器が強くなったことがあげられる。相対的に近接武器は弱くなった。
「撃つ暇があるなら斬れ(撲れ)」の精神は薄れてしまったのである。

前作では弾の所持数が少ない上に拾えるシチュエーションも乏しかったが、本作ではピストル・ライフル・ショットガンの弾が(ご丁寧に)仲良くセットで落ちていたりするので、ワークベンチで自炊したり弾抜きテクニックなどの工面の必要性が下がっている。そして銃器スキルをあげていくと所持弾薬数を増やすことができると同時に銃器の能力が底上げされる。x2程度の謎の低ズームではあるものの、ヘッドショットを得やすいスナイパーライフル、大火力ロケラン、各種グレネードや設置地雷、携帯はできないもののミニガンまで実装されている。これ以上、何が必要だろうか?敵の数?いいでしょう、インフェクテッドを中心に5割増しです。リスポンも頻繁に行われるよう変更しました。殺し放題です。トリガーハッピーターン。

実際に銃の攻撃力は上がった。前作では最終的に使い道の消えて行ったピストルが最後まで使っていけるほど威力が高くなっている。新実装のスナイパーライフルは、ライフルの弾を流用でき、クリティカル発生でほぼ即死級の威力が発生する。ショットガンもリロードが早くなり、弾も容易に入手できることから使いやすくなった。

これらの要素により、前作ではパーティーサポート係であったプルナは、もはや押しも押されぬ実弾系解放戦線と化した。苦手だった接近戦もピストル片手のヘッドショット・ガン・カタスタイル無双。多数が相手でも「あーめんどくせー」とデトックスライフルを乱射するか適当歩き撃ちプライドショットガンでなぎ倒す。ちょっと遠くにいて殺しにいくのもだるいやつは、即スナイパーライフルでヘッドショット殺。

別にプルナのスキルが改善されたわけではない。ただ、銃器関連が少し強化されただけでこうなるのである。プルナ以外では、ローガンとサム・Bに僅かながら銃の能力を上げるスキルがあるので、スキルを振ることでこの恩恵にあずかることができる。一方、ジョンとシアンには銃関連のスキルそのものがない※1
しかしジョンは、接近格闘でクリティカル発生で体力を回復できる超優秀なスキルがあるし、更に攻撃そのものを敵にヒットさせることで体力が回復するスキルすらも有する。これはなぜか銃での攻撃にも適応される万能具合。

一方のシアンには体力を回復させるスキルは、レイジモード発動時の体力ブーストとメディキット使用時の効果ブースト程度であり、勝手が良いとはいえない。また、全キャラ中最低の防御力を補うスキルもない。元々優れたスタミナの消費と回復を底上げするスキルがあるぐらいである。シアンはリップタイドになったいま、ひとり置いてきぼりを喰らったかたちにいるのである。

同じ前衛近接専門キャラのサム・Bも弱体化している感を受ける。
鈍器は衝撃力が大きくなったが、武器のレベルが低いうちはダメージとともに衝撃力も低い。最終的な安定最強武器は前作同様、超頑丈MODの金棒になるようだ。流石にここまでいくと滅法強いが、それまでは少々地味でしんどい。

本作ではスキルレベルがあり、プレイ開始時は 刃物/鈍器/格闘/銃器 のレベルは0からスタートとなる。前作のキャラクターデータを引き継いでも、引き継がれる情報は「キャラクターのレベルと振ったスキル」だけであり、武器とアイテムは全て失っている。そして、たとえレベル60スタートであっても、スキルレベルが0であるので無理が利かない。おそらく、前作のデータを引き継いで始めた人は初プレイのとき、キャラクターの動きが緩慢であることに気づくはずだが、その理由はここにある。スタミナ消費の激しい鈍器ではなおさらのことである。

サム・Bの弱体化疑念については、銃が強くなったからというよりは、タックルが使えないスキルになってしまったことも大きな要因だろう。少なくとも私のプレイスタイルに限っていえばもうブラックマンデーである。

リップタイドのタックルは直ぐに発動しないようになったのだ。これは、敵のそばでダッシュ右矢印1即発動タックル(肘打ち)右矢印1当たったと同時に攻撃で、モーションキャンセル近接攻撃重ね当て右矢印1大ダメージのテクニック使えなくなったことを意味する(これに関しては過去のサム・B育成の記事に述べたとおり)。
スタミナ切れを起こしやすいので連発できるものではないが、スタミナの消費量を常に計算しながら爽快感をもって責めることのできる立ち回りが可能で気に入っていたのだが…重ね当て自体は使えるので、タックルを当ててしまえば可能といえば可能だが、とにかくタックルを咄嗟に当てられなくなったのは痛すぎる。これにより戦力三割ダウンは必定。サム・Bはタフさが取り柄の地味なキャラになってしまったといわざるを得ない。その汚名を晴らすにはLv70の超頑丈MODを施した金棒を手にするほかあるまい。※2


バグだらけだろうがバランス調整が大味だろうが真顔天国だろうが、デッドアイランドには「近接戦でのリアルな生々しい暴力」がある。暴力的ゲームが実社会の犯罪を誘発するようなことはありえないと思っている(ポルノが強姦犯罪を誘発するのか?)が、しかし、デッドアイランドは子供にはプレイさせてたくはない、そうした暴力的感触がある。
結局は銃が強くなっても近接戦のほうが動かしていて楽しく、また魅力があるのである。安い刺激かもしれないが、私はそう感じる。なので銃火器はプルナ意外は殆ど使用しないプレイスタイルをとっている。やはり自らの手でどつかねばならぬ。

今後、各キャラの育成について記事にしていく予定だが、
1.各キャラクターの特性を活かす方向
2.銃火器についてはプルナ以外は極力使用しない方向
が基本方針になる。


シアン
前作
Xian Mei the Assassin 「当たらなければどうということはない」 シアン・メイ育成について
今作
Xian Mei to wanna be an Assassin.「普通の女の娘になりたい訳がない」シアン・メイ育成について

サム・B
前作
Sam B the Tank 「粉骨砕身」 サム・B育成について
本作
Sam B the muscle rapper 「俺は昔ジャイアンツ二軍にいた」 サム・B育成について

ローガン
前作
Logan Carter the Jack of All Trades 「堅忍不抜」 ローガン育成について
本作

プルナ
前作
Purna Jackson the Leader. 「Einer für Alle, Alle für Einen」プルナ育成について
本作
Pruna Jackson the metal shooter. 「不失正鵠 」プルナ育成について

ジョン
本作
殴る蹴るの暴力の果てに ジョン・モーガン育成論
John Morgan the "bloody" grappler. 「What a poor kinds of MOD!」ジョン・モーガン育成について


※1)シアンは元・香港警察の女性特殊部隊員。ジョンはコックとはいえ元・海軍兵士なのだが。これは一体…
※2)超頑丈MODを入手する前に衝撃MODと魔法の杖MODが手に入るので、まずはそこから
posted by ぎゅんた at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland Riptide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする