2017年10月18日

(漫画紹介)「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」




いよいよ一層、面白くなって止まらない漫画が「わたモテ」である。

ここのところ、連載母体であるガンガンオンラインで最新話が更新されると数日にわたってファンが大騒ぎする祭りで盛り上がっている。連載初期の頃から固定ファンは付いていたが、最近は新規ファンともに作品の更新を祝い、アレコレ語り合う良い雰囲気が醸成されているところだ。作品についてアレコレと語れるのは、その世界に没頭できる魅力が詰まっているからであり、気軽に考察できる描写が散りばめられているからである。良質な文学作品は「行間を読む」ことを含め、読み手側に魅力的な世界を案内してくれるものであるが、最近の「わたモテ」は、従前の(アイデンティティである)痛々しさコメディを保持しながら主人公以外のキャラクターの群像劇へと移行しすることで、極めて魅力的な世界観が演出されるに至っている。

全然接点のないクラスメイト(当人にとってモブキャラ)であっても、ぶつかり、コミュニケーションをとり、人となりを知ることで、活き活きとした存在に変貌する。親しくなってみると、最初の印象と違って、随分と魅力的で個性的なルックスのヤツだったんだなと評価が覆ったりした経験は誰しもがあるはずだ。これは学校という小さいながらも社会の縮図である集団社会のなかでは極めて顕著である。

女の子同士の無駄に不自然で視聴者向けの仲良しアピール.jpg
うーん さすが慧眼の黒木さんです


コミックス8巻から始まる修学旅行編からこのあたりの種が蒔かれ始めていたが、上手に丁寧に育て上げられ、現在は11巻まで刊行されている。今冬発売予定の12巻は、現在の「お祭り」に直結してくる話(いわゆる「神回」)が多く収録されたトンデモナイ一冊になると予想されている。興味のある方は12巻だけでも購入してみるとよろしかろう。1-11巻を揃えたい衝動に駆られるだろう。そして、初期の頃の痛々しさ(必要な痛みなのだが)に戦慄することになるはずだ。それをして、改めて読み直すことになる12巻で言葉にできない静かな感動を覚えることになる。さあ、あなたも更新日に「祭り」に参加しよう!
 
posted by ぎゅんた at 17:59| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

漫画感想「BMネクタール」


人類の食糧事情に福音をもたらした「バイオミート(BM)」を題材にしたパニック・アクション。やたら面白いのに妙に知名度が低い作品。全12巻でコンパクトに終わる。ちょっと古い漫画なのだが、特に違和感なく読めるハズ。面白い漫画は時が経っても面白いのだ。

三部構成となっているが、全て同じ流れ:迫り来るBMからの共闘サバイバル である。結局のところ、BMはヒトが管理しきれる存在ではないのに、懲りずに未曾有の厄災が生じるのである。人間の傲慢さと愚かさは必ずや厄災を招き、関係のない人々が巻き込まれて犠牲になるのである。

主人公ら以外のキャラクタたちは基本的にやられ役だが、見事な死亡フラグをおっ立て死んでいく。そうじゃないキャラクタもいるのだが、いずれにせよかなり容赦のない死にっぷりは共通事項。女子供関係なし。BMに貪り喰われるわ火炎放射器で焼き払われるわ砲撃でぶっ飛ばされるわと無慈悲極まりない。とはいえゴア描写は全体的にアッサリしている。グロ漫画ではないのである。

そんなかんだでB級映画感が漂う作品なのだが、その徹底ぶりは相当なもの。読者が作者のプロ漫画魂を肌で感じとれる好例となろう。冷静にみれば荒唐無稽なご都合主義だらけだが、そんなことを意識させない勢いのある漫画力が魅力。子どもを子ども扱いしないオジサンたちがとにかく格好いい男たちなのもステキ。

311以降、原発や原子力に関して世間の目はいやおうに厳しくなった。突き詰めれば、人間が自然のエネルギーをどこまで管理しきれるかどうか、ケツを拭けるのかどうかが問われている。BMネクタールもまた、そうしたテーマを内包する。実に魅力的な題材だ。ネタ切れ中のハリウッドが飛びついて映画化しそうな気がするのだが、気のせいかな。USBM!?オーマイガー!!
 
posted by ぎゅんた at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

漫画感想「遠くの日には青く」 テデ・ケヒ


知り合いの人の(秘密)さんの作品。
「私は全く好きになれない内容だが、読んで見てください」と手渡された。もう少し贔屓する気持ちはないのか。

初の単行本、短編集のようである。
表紙をめくってパラパラ頁を流していくと、カラフルな、絵本のような世界が見える。あまり漫画をしていない。死が色々な形で転がっている。

内容は、中二病路線のサブカル本という感じで、大の大人が気に入って読み耽るような内容ではなさそう。端的にいえば、暗く紹介してくれた人には悪いが、というか、その通りというか、私もこの内容を好きになることはできない。サブカルっぽく格好つけていえば、Slow Six の'These Rivers Between Us' が流れていそうな世界のお話。作者はSoundHorizonとか聴いてそう。

好きになることはできないとしても、読んでいて胸がチクリとするところがある。

私のお気に入りは『flos ex machina』である。
長年、仕えてきたメイドロボには植物が根を張る。機械に花が咲く。
久しく忘れていたような感覚をくすぐられるような、なんとも素敵な着想じゃないか。

posted by ぎゅんた at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

漫画感想「監査役 野崎修平」「頭取 野崎修平」


まとめ
銀行な世界感を、とても面白く味わえる名作

バブルの時代の経済界がどのような姿であったのか、私は思い出すことができない。バブルが弾けたと大騒ぎしている大人の姿を見ながら、鼻を垂らして遊び呆けていたのは確かだ。ただ、深く思い起こせば、子どものころは町中が明るかった。個人商店や商業施設には人がいたし、勢いがあった。国民の消費活動が高かったのであろう。消費活動が落ち込めば、店も人も姿を消す。これが、地方の過疎化につながっているものと思われる。仕事がなければ、人は都市部へ流出する。収入が減れば、人は消費活動を控える。お金が世の中を回らなくなる。バブル時代が懐かしい(と、酒の入った年寄り連中はよく語る)。残されたのは不良債権と不景気である。

この作品の連載が始まった頃、私は中学生だった。内容はちっとも理解できなかった。吉野さん(主人公の秘書)が可愛いなあぐらいの感想しかなく、連載を追うこともなかった。世間を知らぬ空っぽ頭の子どもには内容が合わなかったのである。ところが、おっさんになったいま読み返したところ、とてつもなく面白い良質な作品だったことに愕然とさせられるのであった。

大きな組織に身をおくサラリーマン的主人公をドラマにすると、出世して行くたびに話が退屈でつまらなくなるきらいがあるが、この作品は逆で、主人公・野崎修平が活躍してプレゼンスをあげて行けば行くほど話が面白くなる。つまり、読み始めると指が止まらなくなる面白さがある。とくに「銀行大合併編」の面白さは白眉である。

作中、野崎は「理想の銀行」哲学を読者に伝えてくる。その内容が胸に響く人も少なくないであろう。野崎の考えは、現実的というよりは性善説的な理想論に近い。実際、作中でも「書生論を振りかざすな」と言われていたりもする。それでも、読者は、野崎の掲げる理想の銀行があって欲しいと憧憬の念が湧くだろう。この作品の特徴でもあり、メッセージでもある。

この作品の魅力を語るなら、登場人物らが魅力的であることは外せないところだ。まず、主人公である野崎修平が良い。揺るがない信念を抱く、正義感に満ちた人物である。それでいて嫌味がない。「あなたの理想の上司」に間違いない。作中、秘書の吉野さんが「監査役って、男も惚れるいい男よねえ…」とウットリする場面があるが、読者の大半も膝を打つことから、印象的なシーンである。主人公以外の人物らも魅力的だ。単純な主人公の引き立て役ではない。いかにも実在しそうというか、イチイチ実寸大というか、味のあるキャラクタが多い。

「監査役 野崎修平」の続編が「頭取 野崎修平」に相当するが、引き続き登場するキャラクタも少なくない。一方で姿を消したキャラクタもいる。大きな不満があるとすれば、秘書の吉野さんが回想の一コマどころか「よ」の字も出ないことだ。野崎があおぞら銀行を去ったあと、追うようにして辞めたのだろうが、言及のひとつもないのは、あまりにも無慈悲というか、寂しい話だ。なぜなら、吉野さんこそが本作のヒロインだからである。同じ不満を抱いた人は、私だけでは断じてあるまい。もっとも、作品のストーリー的には、野崎の妻こそが正ヒロインなのだが(こんな良妻が実在するのだろうか?)。

話が脱線してしまったが、本作は銀行を舞台にした珍しい作品であるばかりか、漫画として単純に面白いので、やや古い作品ではあるものの、機会があればご一読いただきたいと思い、紹介させていただいた次第。銀行を毛嫌いしている人ほど読んで欲しいと思う所存である。 
 
posted by ぎゅんた at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

漫画感想「町田くんの世界@」 突き詰めた真面目さは天然キャラか


まとめ
・遠赤外線的少女漫画


人が大好きで、人に愛される男の子が主人公の少女漫画。ヒロインは第2話から登場して、読者と一緒に町田くんに惹かれて行く感じで物語が進行する。少女漫画としては変化球的作品では。少なくとも、私はこの作品が気に入っている。温かいからである。

町田くんのような人こそ内科医になって欲しいなあと思う。内科ほど最終的なヒューマニズムを求められる科もないからである。

posted by ぎゅんた at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

漫画感想「昏倒少女(安藤ゆき)」 瑪瑙のつり針


とてつもなく純真清廉な登場人物に出会える少女漫画。読み切り集。

細く切り出した割り箸の先にインクをとって、ガリガリ描き上げたかのような画風。男性的でアナログチックさが漂ってくる。

少女漫画であるが、とても大人びた印象を受ける。これは、少女漫画が子どもっぽいという意味ではない。自分もそうだったように、teenagerは、もっとガサツで配慮がなくて無知なものだ。男子は性欲の衝動に晒され、胴間声をあげる。女子は悪い意味でませていて地上最強の生物であるかのような怖いもの知らず。世を知らず客観的に自分を見る術も知らず。それが若さである。…と言ってしまえばそれまでだけれど、責任を取ることもできない身分で節度なき振る舞いを重ねる様は、どうであれ子どもっぽい。そうした子どもっぽさが希薄な漫画、という意味だ。

登場人物らの気性・性格は実に格好良く好感がもてる。清潔というか生真面目というか、性的な言動はおろかキスのひとつさえない。虚構ギリギリ、できすぎているかのような人物像だ。「こんな性格で青春時代を過ごしてみたかった」「こんな子たちがいて欲しい(描きたい)」そうした作者の思いが見え隠れするのである。大人びた印象を受ける理由は、このへんにありそうだ。

これらが漫画的エッセンスとして、作者独自の画風に混ざり合い、地味ながらも存在感のある世界を構築する。読めば、浸ることができる。柔らかく包み込んでくれる温かさのある物語ばかりだ。

このような作品を描く漫画家は至宝である。
少女漫画だが、カラーの水墨画のような硬派なカバーイラストであるのも良い。
 
posted by ぎゅんた at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

漫画感想「シトラス(全二巻)」成長の継ぎ穂


額縁にいれて飾りたいほど美しい二巻の表紙もお気に入り

 改めて読み直したいま、やはり私はこの「シトラス」は名作だと感じる。一般的な少女漫画と比較すると、分かりやすいハッピーエンド路線とはいえないし、メインであるべき恋慕ドラマも薄味である。主人公と呼べるキャラクタは四人の中学三年生で、ストーリーはオムニバス風に進行していく。多感な時期にある彼らがなにを考え、なにを選択するのかが本作の見所である。


 『思春期』なる単語を脳裏に浮かべた時、貴方はなにを想起されるだろうか。青春である、と断言できる人は幸せな人だと思う。私は、そこまで思春期を肯定的に捉えることができない。第二次性徴、精神の不安定、ニキビ、焦燥感、癇癪…。思春期は青春とイコールではない。だから、爽やかで若々しく温かい。そんな美しい時期ではないと思う。自分が、あらゆる周囲から無秩序に引っ掻き回される様を客観的に認識していながらも抗うことができない。そして、そのことによる苛立ちに常に翻弄され続けている。私は、思春期ときくと、こうした成長期の不安定な精神状態を想起するのである。

 思春期の心理状態もその時期も個人差が大きいものだが、私を含めて多くの人は中学校2年生から高校1年ぐらいの間だと認識しているのではないか。この時期は、身体と心理の急激な変化に加え、自己と社会への具体的接点が確立し、自分の将来と向き合わざるをえない。端的にいえば、子ども時代と別れを告げて大人となる過渡期である。楽しかった思い出もあれば、思い出したくない過去もあろう。この作品の惹句「青春が甘酸っぱいなんて嘘 」とは、この作品の内容を端的に表現しただけではないのだ。

 個人的に気にいっているのは第8話である。この回は、それまで主要キャラクタたちから一線の距離が置かれていた蒼馬の救済と再生を描く感動的な物語である。しかし、決して愉快な内容ではない。

 彼に必要な答えは、前向きな気持ちになって考えてみる、それだけのことであった。しかしそれは、自分で見つけられはしなかった。しばしば「(人生において)答えを見つけ出すのは自分自身」と言われるが、それが常に正しいとは限らない。まだ視野の狭い不安定な思春期にある一少年においては、とくに他人からのガイダンスが不可欠であることの方がしばしばである。少なくとも、蒼馬には志保がいてくれたことで、自分を肯定し、前を向けるようになった。第一話でみせた彼の優しさが自分に返ってきたのであった。

 私はふと、作者はこの回をどのような思いで仕上げたのだろうと考える。淡々と描いていたのだろうか。それとも、傷ついた蒼馬の心にひとまずの安寧を与えたいと思いながら描いていたのだろうか。別段、なんの思い入れもなく淡々と描きあげた。それが事実であろうと思う。それでも、私はこの回の物語を愛してやまない。



まとめ
・漫画『シトラス』は、思春期の頃の不安定だった自分自身を懐かしく思い出すことがある人や、多感な時期の少年少女の成長する姿が好きな人にオススメしたい作品である。ただし、中学三年生の派手な恋愛模様は期待してはならない。

・ぎゅんたは香魚子先生を応援しています。
 

posted by ぎゅんた at 22:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

そして12年 漫画「花さか天使テンテンくん」感動セレクション 全4巻 感想

花さか天使テンテンくん 感動セレクション.jpg

まとめ
・いま読み返しても面白い名作
・コミックス版での読破をオススメ


花さか天使テンテンくんは昔からのお気に入りの漫画である。私が高校生の頃に連載されていたのを思い出す。あまりにも好きだったので周辺の友人らや異性にすすめたのだが、暖かい理解は得られなかったことも思い出す。しかし、おっさんとなったいま読み返しても、やはりこの漫画は面白く、私が愛してやまない作品のひとつである。

この度、書き下ろし最終話を収録した感動セレクションなる文庫版があることを知った。コミックス版は全巻所有しているが、書き下ろしの最終話を読んでみたいことと、いま新たに他人に紹介したい時に全4巻の文庫版なら都合が良いことから購入に踏み切った。

単行本の全17巻が文庫本4巻相当にまとめられており、収録されているは作者の思い入れのある話のようだ。描き直しはない。各話ごとにコメントが収録されており、連載当時の思い出などが綴られている。最終巻には、登場人物らの12年後の話が収録されている。

fromコミックス版テンテンくん.jpg

花さか天使テンテンくんは、基本的には一話完結のギャグ漫画のスタイルをとっているが、ギャグの内容やストーリーからのメッセージ性は、児童向けの感が強く伺える。すなわち、うんこ、ちんこ、おなら、人の心の優しさのエッセンスである。漫画の設定はよく練りこまれており、ギャグ漫画でありながら設定矛盾で破綻することはない。また、主人公ヒデユキがサイダネを飲んで一時的に才能を開花させ局面を切り開く展開がみられるが、これは、ドラえもんポケットから飛び出る秘密道具のスタイルを踏襲しているのはいうまでもない。登場人物らはおしなべて善良(極悪人は登場しない)であり、人間関係も極めて清潔である。また、地味ながらも道徳的エッセンスを織り交ぜた心温まる描写が巧みである。これを週刊少年ジャンプで連載していた作者は只者ではないとあらためて感嘆する。「うんこやちんちん」などの下品なギャグはさておき、安心して子どもに読ませられる漫画といえよう。そもそも子どもは「うんこやちんちん」が大好きである。

この全4巻の感動セレクションについてだが、まず残念な点も記述せねばなるまい。

・書き下ろしの最終話が、ちょっと「コレジャナイ」感
・思い入れのあるいくつかの話が収録漏れになっている

最終話は、12年後の未来が描かれているのだが、絵柄が違っていて違和感が強い。絵の上手下手は私には説明がつかないが、連載時絵柄に比べると線が太く緩慢な印象。内容も、往来のテンテンくんファン必見!といえるレベルではない気がする(無理に読まずに、思い出の中で完結させておけば良い)。その一方で、作者は漫画を通じて、特に子どもたちに伝えたいことが常に一貫していたのだと感じた。他人を思いやる心を大切にして欲しい、それだけのことだ。だけれど、こうした道徳的で直接的なメッセージ性はセリフにして伝えてはいけない。セリフで伝わるものではないのである。下品で子どもっぽい内容の漫画かもしれないが、一貫した作者のメッセージが根底にあったからこそ、当時のジャンプで長期連載を勝ち取れたのだろう。常にアンケート順位との戦いだったようだが、最後まで己のスタイルを破綻せずに連載を終えた作者は傑物といえよう。

私が最も思い入れのある話が、悪魔のゲームの危険性を知らずに遊んだヒデユキのクラスメイトたちが黄泉の国に魂を飛ばされてしまい、それを助けにいく話である。終盤で縛られたヒデユキがみんなが助かったことに安堵しながらも「みんなにはもう会えないんだ…!」と涙するシーンがある。私はこのシーンでボロ泣きし、ますますこの作品が好きになったのである。まさかギャグ漫画で泣かされようとは思いもよらなかった高校生の時分である。この話はギャグの勢いやノリ、オチも素晴らしく、なぜ感動セレクションに収録されなかったのか、首を傾げざるをえない。作者が嫌いな話だったのだろうか…

この感動セレクションは、テンテンくんの入門には向いているけれども、私としてはコミックス版で読んでもらいたいと思う。全ての話が収録されており、おまけに書き下ろされたギャグも面白いからである。全17巻なので本棚を強く圧迫することもないだろう。
 
花さか天使テンテンくん 感動セレクション 1
posted by ぎゅんた at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

あっさり読める人情短編 漫画「あさひるばん」感想

あさひるばん(漫画版).jpg

こちらは原作の漫画版である。テリー山本・画。一巻完結。
映画版は手放しで絶賛する出来ではないが、悪い映画ではなかったし、「あんどーなつ」のテリー山本の絵柄は暖かく好きなので購入したのである。

映画版と大筋は同じだが、より細かな説明と描写がなされており、少しだけの後日談もある。映画スタッフには申し訳ないが、こちらの方が良い出来にまとまっている。シンプルで、人間ドラマがあって、ハッピーエンドで締めてくれる。変に欲張った展開はなく、素朴で直球である。言ってみれば映画化するにはボリューム不足な内容でもある。なので漫画で読むとシックリとくるのかもしれない(これらは、漫画は映画に比べて情報量や演出に劣るという考えではない)。

やはり私は、原作の実写化が好きではない。原作は優れているのに実写化でその魅力をスポイルされている作品はいくらほどあるのだろうか。漫画原作の「実写化=地雷」と囁く人々の存在は、私と同じ思いを抱く人がいることを示している。実際にはマジョリティではないだろうか。

原作を知らない人は、映像化された作品を通じて原作に触れることが多いようだが、その結果、原作の素晴らしさを知らぬまま去ることになりかねない。映画でもドラマでも、原作の漫画なり小説があれば、まずそちらを優先するべきと考える。「映画化に際して原作厨が激おこ」は最近の風物詩だが、その訴えにはきちんと理由があるのだ。商業的義務のためか実情は知らないが、優れた原作を使い潰す実写化は許されるものではない。
 
posted by ぎゅんた at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

恋するエジソン 第2巻


お気に入りのギャグ漫画の続刊である。
連載は既に終了しており、全三巻の刊行予定となっている。

この作者のギャグ漫画の面白さは、基本は突飛な真顔ボケに対するツッコミにある。ややシュール路線の笑いといえよう。ボケの主軸は奇人変人の行動にあり、下品なエッセンス(う◯こち◯こといった直接的ななものは少なく、主に性的なもの)が交わる。

滅法上手な訳ではないが、十分に可愛らしい女キャラクターを描ける独特の作風が得意なのだろう、メルヘン王子グリムから確立されてきている。一方の男キャラクターもシンプルながら被害者役として味があってよろしい。気狂い沙汰のシュールなボケとツッコミの応酬は素直に笑わせてくれる。…まだ、一巻までは。

今回の二巻は、残念ながらあまり面白くない。ギャグが明らかにお色気路線に偏重し、作者本来のギャグのキレが鈍っているのだ。本誌連載時にアンケート人気が下がった梃入れで、編集から手軽人気獲得としてお色気要素を組み込まされたのが透けて見える。お色気も悪くはないが、ギャグ漫画は笑わせてくれてなんぼだ。

個人的にもっとも残念に感じたのは好沢くんの万引き疑惑ネタである。アレコレ悲惨な目に巻き込まれる美術センス皆無の彼だが、間違ったことだけはしない単純思考の好漢というキャラクターが気に入っていただけに、まさか万引きをしたのしてないだのという生々しいやり取りをネタにして欲しくなかったのである。
posted by ぎゅんた at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする