2015年08月24日

(ランド急落)「世の中、甘くない」は準備不足を示す泣き言

Image - 2015-08-24 08.11.40.jpg

皆様の気持ちが明るくなるかもしれない。

強制ロスカットで40万ほどぶっ飛んだよ、というお話。
ざまあwwと笑って下さいませ。
リスク観念を失った(能天気な)投資は足元をすくわれるものである。

ここのところ、日経平均がダダ下がりを始めて、不穏な雰囲気になっていることは皆様もご存知のことだろうと思う。こういう時は、リスク回避で円が買われたりするわけで、実際にドルも円高に振れたりする。

あまり記事にしていないが、私は数年前からFXでスワップ投資を行っていた。スワップ投資の基本通過は、一般に金利の高いオーストラリアドルやニュージーランドドルなのであるが、これらはひとつのポジションをとるために大きな種銭がいる。貯金を切り崩したり資金を全部突っ込んだりしてまでのものではないから、畢竟、ポジションを取りやすくて金利も高い通貨を用いてユルユルとやっていたわけだ。その通貨が南アフリカランドだったのである。途上国、資源国の通過はリスクが高い(なので、金利が高い)わけだが、なんだかんだで数年間、事故ることもなくスワップを享受し続けてきた。その経験が、私のリスク観念を失わせていたのだと思う。それが、「放置していればいつかは上がるから、損切りをしない」「下がったら、買い時なのでナンピン買いができるよう、指値注文を仕込んでおく」「レートをチェックした決済すれば利益が出るタイミングなら即・決済」「ショートにするとスワップがマイナスになるからロングのみ」「他の通過を組み合わせたリスク回避のポジションは取らない」の姿勢に現れている。要は、損が出たら塩漬けにする、素人投手ということだ。それでもまあ、レバを3倍ぐらいにしておけばなんとかスワップ分で損失を吸収しつつやってこれたのだが、この経験が慢心につながったといえなくもない。ロスカット後に残った残高は16000円ぐらい。マイナスに触れなかっただけ超ラッキー。ちょい前のスイスフラン騒動とか凄かった。どれだけ自殺者だしたんだろうか。

種銭は、昔にFXで増やした分の20万円を用いたものだったので、実質的な損というのは、費やしてきた時間と手前ぐらいのもの。加えて、強制ロスカットでマイナスにはならなかったので、特に損をした気持ちにはならない。もし、種銭が自分の貯金や資金であったとしたら…流石にこんな文章を書いている余裕などありますまい。また恐ろしからずや。

ちなみに、20万の種銭をスワップメインで40万に育て上げるのに2年ぐらいかかっている(レバ2.5ぐらい)。今回の強制ロスカットは、仕込んであった指値注文でポジションがどんどん増えて行くうえにランドの急激な下落が重なったことにある。種銭があったら耐えられたのかもしれないが、貯金や資金を追証に注ぎ込むのもちょっと。いずれにせよ、「いつかは狩られる」無防備マン・スタイルだったわけで、今回の強制ロスカットは痛い結果だけれども、傷が浅くて済んだのは僥倖でもある。ロスカットされるとはいえ、場合によっては決済処理が間に合わず、多額の損失を抱え込むリスクがあるからだ。

最後に、未練がましい心境を吐露すれば、強制ロスカットで市場から強制退場させられた一抹の寂しさが燻っている。これはやっている人なら、きっと理解してくれる気持ちではなだろうか。やってない人からはこのギャンブル中毒め!としか思われないけれども。



とまあ、こんな感じです。
明るい気分になってくだされば幸いです。

posted by ぎゅんた at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

下がる時は下がるもの

1386868748034.gif

「こりゃななにかない限り刺さらんだろう」と随分前に指値で仕込んであったZAR/JPYの9.28(買)が約定したと通知メールが着ていた。なにかあったのか。

どうもアルゼンチンがピーンチに伴う市場の暴落と、新興国からの資金流出が起きている模様です。豪ドルも下げてるんですね。日本は円高に触れていますが、1ドル100円を切ってはいません。アルゼンチンに誘発されて「実はウチもアカンの(テヘ」という自白大会〜連鎖暴落の流れになると危険ですね。とはいっても、ランド/円は下がっても1円幅なので、低レバでスワップ目的の私は、暴落で即電車に飛び込む必要はありません。その分、リターンも小さいのですが。ロスカットされない範囲内でスワップを着々と貯めつつ、いつかランド高に触れてくれればよいという設定です。「いつか戻るはず…」と家庭の奥底に眠っている塩漬け株みたいなものですかね。
 
posted by ぎゅんた at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

ランド/円為替レートに少しは気を配りましょう

ZAR.jpg

このブログはFXを取り扱うブログではないので殆ど記事にすることはありませんが、ぎゅんたはFXをしています。

FXというとハイリスクハイリターンの、恐るべき金融商品という印象が強いと思いますし、実際にその通りです。アベノミクスだ円安だ景気回復だ今がFXで儲けるチャンスだ、などとFX業者は新規顧客を獲得しようと躍起のようですが、私はオススメしません。自分で理解して納得した上で手を出せばいい自己責任の資産運用であるものの、ギャンブル好きな性分の人は運が悪ければ自己破産級の被害を被る金融商品だからです。

さて、FXをしているとはいえ、世の皆様がご想像なさる「FX」なトレード、即ち、モニタ前に張り付いて利確とロスカットに明け暮れるデイトレのイメージ、とは全く異なったスタイルです。モニタ前に張り付つくなんてことはしていません。簡単にいうとスワップがつく南アフリカランド/円のポジションをとって放置しているだけです。あまりに放置が過ぎて、半年ほどレートの確認を忘れていたこともあり、その際は友人に「流石に放置すぎる…」と呆れられたこともあります。

4年ほど前、FXを始めた当初は為替レートのテーブル表を眺めているだけでもたのしくて、暇さえあればなレートをチェックし、キャピタルゲイン狙いで適当にエントリーしてデイトレもどきをしていたものです。結果、お小遣いを稼ぐには十分でした。が、その代償は大きく自分には向いていないと知りました。常にモニタ前に貼り付き、経済指標の発表に合わせて注文をセットし、レート変動の嵐で鉄火場と貸した市場から利益を掠め取ってくるのは、単純に、とてつもない心身疲労を伴いました。お小遣いは稼げても、勉強や仕事への研鑽といった自己投資を(特に貴重な若い頃に)疎かにしてはいけないのです。

色々あって、今はモニタ前に貼り付くなんてことはまったくありません。
南アフリカランド/円のポジションを取って放置しているだけです。南アフリカは新興国であり、政策金利が高いということは潜在的リスクがあることを示しており、識者によっては「南アフリカランドをスワップ目的の通貨に選ぶべきではない」ともいいます。
私としては、過去の経験から「なんとなく南アフリカランドとは相性がいい気がする」ということと「レートの変動が実にのんびりした通貨である」ことからスワップ用通貨に採用しているだけです。

ポジションを持っている以上、リスク管理は常に念頭に置くべきであって、レートチェックすらしないというのは無責任というか無謀というか、いかにスワップ派といえど褒められた態度ではありますまい。とはいえ、FX口座にログインして確認するのは億劫なのもまた事実。

そこで為替チャートのブログパーツを設置することにしました。
ドンガメの南アフリカランドちゃんをチャートで鑑賞しようの会がここに発足したのであります。


ちなみにぎゅんたが利用しているFX業者はセントラル短資FXです。
取引ツールが使いやすいとはいえない(と思われる)業者ですが、のんびりスワップ派には向いている性格の業者ではないかと思います。電話対応した折の、スタッフ様の対応もこちらが強縮するぐらい丁寧で好印象で、個人的には不満はありません。肝心のスワップが業界一高いわけでもないのが残念ですが、いまさら他の業者に鞍替えしたり新規口座をひらく気力もありません。信用できる業者でレバレッジが2倍を超えない水準を維持してスワップ金利を受け取る状況を放置できればそれでよいのです。



一般的にはオーストラリアドル/円が選ばれるようですが、そのポジションを取るにはそれなりの元本が必要です(私にはその余裕がない)。

posted by ぎゅんた at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

久々チェックのZAR/JPY

non_title.jpg


放置子のクロス円南アフリカランド君。チェックするとランド高に振れているではありませんか。何があったか知らんが、決済すれば700円と6100円の利益が出るポジションがあるではありませんか。迷うことなく決済して利食いです。レバはx2になりました。
また放置に入りましょう。めでたしめでたし。


さて
これには説明が必要である。

ぎゅんたはFXをやっていますが、世間様が「FX]と聞いて想像される様なトレーダーではありません。モニタの前に張り付いているなんてやってられませんし、仕事の合間にレートチェックをして売買に入ることもありません(出来なくはないが)。

FXは外国為替を扱った金融商品であり、リスクを理解したうえで利益を狙うものです。そのためのテクニックが様々あって、大きな利益を狙うとなると他の金融商品に比べかなりリスキーなトレードが必要となる。そして手の出しやすさやハイリスクハイリターンのギャンブル性があるからこそ、世間では「FXは怖い(けれど大勝ちする人もいる)」という現象が喧伝されるわけであります。でも、地味な方法もあるのよ。

ぎゅんたはFXを「将来的には勝手に円安に触れていくであろうと予測した上でスワップ目当てで放置」というスタンスで、捨て銭でやっております。
マイルールとして
・レバは一時的な自体を除いてx2.5を上限
・スワップ目当てなので基本放置
・600円以上のキャピタルゲインが獲得できるポジがあれば即時決済する
・元本は0円になっても泣かないですむ納得済みの金額
があります。

「レバx2.5上限」は、本来はx1を理想としています。昔はx2以下を絶対ルールにしていましたが、そのころに仕込んだZARがいまよりも高かったので(今のポジションはマイナス状態)、結果としてレバが大きくなってしまっているのです。とはいっても経験上、ZAR/JPYの上下的な振れは他の通貨に比べると「さざなみ」程度なので、x3を越さない限り心配することはないと考えております。今回の決済でレバがx2になったんでまた当面は放置してよいとします。

で、ぎゅんたがFXで狙う利益はスワップ目当て。スワップは、要は金利みたいなモンですが一日ごとに付きます。塵も積もれば何とやらです。FXのスワップも昔に比べれば激減しましたが、それでも銀行口座に適当に寝かせておくよりは遥かに高い利益が見込めます。
FXを始めた当初はショートもロングもあれこれ短期売買をしてキャピタルゲインを狙っていましたが、モニタ前に座っている時間の長さと損切り等で精神が疲弊する割りに利益が良くなかったので「不適格」として短期売買路線はやめました。そこでスワップ狙い路線を模索。あれこれ手を出しましたが、レバをx18とかで放置していたら、一日のスワップは良かったが円高に振れて瀕死状態に陥ったりと精神衛生上よろしくなかった。

様々な経験から、自分にとって納得のいくスタンスを構築して、先述したルールを設けたわけです。ルールがないと、売買のたびに「売らなければ良かった/買っておけばよかった」と後悔仕切りでストレスになりますので、納得の出来る自分なりの厳格なルールは絶対に必要なのです(少なくとも、私のような人間に限っては)。そして決済後はあれこれ「ありえた可能性」について考えない。利益が出たんだからそれで良いじゃないと精神を終了する。損をしなかったことこそが投資の勝利だからです。



  
posted by ぎゅんた at 05:32| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

仕込んでおく、とは

メントスボム作戦.jpeg


適当にポジって放置かましていたランド/円(スワップ狙い)が、最近の円安に触れて10.25ぐらいまできていてビックリ。
poji.JPG
※やる気ない取引しかしていません

今決済すれば4.900円だと…ゴクリ
animales.jpg
※「いま利食いすればプラス!」というシチュでいつも脳内に浮かぶイメージ


FXにしろ株にしろ、投資ではなく投機的な取引をするならば、マイ・ルール(自分が勝てるスタンス)を設けてそれを厳格に守る機械のような姿勢が必要といわれています。
ぶっちゃけ、その通りだと思います。

適当に取引しても勝てたりしますが(投機の為替は上がるか下がるかをどちらかにかけるギャンブルのようなものなので)、ルールを設けていないと「あーあの時、売っていなければ・・・」とか「欲張らずに決済して利食いしておけばよかった…」とメンタルを著しく損なう結果を招きます。それで無茶なポジションを取り、自ら鉄火場に現れる豚さんみたいなことになると目もあてられません。豚のステーキではなくトンカツにならねばその魂もまた浮かばれぬ。


ぎゅんたの投資の基本信念は「損しなければよい」というスタンスです。
100円でも利益が出た取引なら、それで十分満足すればよい、ということです。
数字を動かしただけのなんの生産性もないことですし。
デイトレーダーなんぞ市場の金の流動性に影響なんて与えていません。誤差の範囲です。
個人の取引など、インチキの横行する鉄火場から小銭をちょろまかそうとする瑣末な行為にすぎません。

さてFX。
ランド/円であれば、以前なら決済したら500円のシチュなら迷わず利食いしていました。
その頃は結構パソコンの前に貼り付いて、レートの変動を見るだけでも楽しい次期だったのでそれでよかったのですが、最近はそんな暇ではありませんし、そこまでの情熱もありません。
ですので、決済して2000円の利益が出るシチュなら迷わず決済、というマイルールにしています。


2000円?おい、言っていることちゃうやないけ!

そうです、自動決済の注文を忘れていたのです。
IFD(イフダン)注文のときは設定しているのですが、おそらく、このポジションは適当な成行ロングだったのです。すっかり忘れとった。

かのようにいい加減すぎる取引をしちゃう人は、一攫千金は夢見ず、放置かましてスワップ、程よく上がったら決済でキャピタルゲインでウマー作戦が向いていると思います。

いままで色々な売買スタイルを試してきましたが、自分にはこのスタイルが最も合っているという確信があります。欲張ったら負けです。
レバレッジも1以下でおk。手数料のない外貨預金みたいなモンです。

不思議なもので、欲張ってルールを破ると負けるんですよね・
110万⇒30万になりましたしね。
もっとも、種銭分ぬいて、利益分だけで回していますから、現状は「(決済すれば)30万が手元に残った!」状況だということです。損をしていないのでこれでよいのです。
しかしこのセリフ、パチンカスのいう「トータルでは勝ってる」のかほりがプンプンして恥ずかしいな…。


さて、この決済ではれてポジションはフリーになります。
また適当に買い注文をいれて放置生活ですね。
 
posted by ぎゅんた at 09:34| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

【道徳】戦士超獣ギーガー【漫画】

久々にFXのマイ口座を確認したら、円高の影響で南アフリカランド(ZAR/JPY)が結構値を下げています。
FXで利益を上げる方法は、やれテクニカルだファンダメンタルだとあるのですが、いちいちグラフ見たり指標動向を考えるのめんどくせーんだよ、長い目で見て銀行に金貸しとくより(預金しておくより)利益出ればかまわねえぜ、と考えるぎゅんたはスワップ派(クロス円のロング)であります。

金利の高かった南アフリカランドも、最近は制作金利5.5%で固定なんで昔ほど美味しくない。
それでもまあ、ポジション数にもよるが1日300円程度はいればええんでないの、そんなトコ。

キャピタルゲイン狙いで色々試してもきましたが、結局は、レバレッジを抑えてのスワップ狙い作戦が肌に合っていると確信したので、スワップ派となりました。
そんなもんなので「あ、そういえば最近円高とかいってるが、ランドどうなった?」と確認で口座にログインした次第。2週間放置とかザラ。
金融商品である以上、もっと緊張感もって当たらないといけないが、こういうスタイルでよいと確信しているのでこのままである。

世間の噂では8/2に米国のデフォルト危機があるとの事なので、やる気がある人はドルショート全力仕込みをするとよいでしょう。
多分その日の為替市場は鉄火場です。祭り会場ともいう。

政府は円高容認なのはわかったから、それならそれでハワイ買っちまうとか、アフリカの土地買うとかしろ。それか内需の拡大をとかいってるなら、内需を拡大する政策取れや。なんで被災地の仮設住宅が韓国製なんだカス。あの国にかかわるとあの法則が発動するじゃねえかボケ。

さすが民主.JPG

現実はこうだったよ.JPG

dorathekiller.jpg


この前の「山にまつわるはなし」ですが、非常にセンスよくサイトを発見しました。
読み応えがありますので、ブックマークに入れるとよいでしょう。
2ちゃんねるの不思議な話

あ、ラジオ体操いくんだった。


posted by ぎゅんた at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする