2017年07月05日

(書評)「ドキュメント 高校中退 −いま、貧困がうまれる場所」青砥 恭・著


高校中退は、実質的に身分が中卒であることを意味する。そして、極めて世間体が悪い。「中卒は使い物にならない」「中卒だから、職にも就けない」などという認識が広く世の中に蔓延している事実を、誰しも実感として承知している。そして、「最低限、高卒」が社会的コンセンサスとなっている。

冷静に考えれば、これは誤解であって偏見である。中学校を卒業した人間が使い物にならないのなら義務教育は機能していないし、就職できないのは雇用者が中卒者を一方的に弾いているだけだからである。高度に専門的な職業はさておき、義務教育を終えた人間であれば大抵の仕事に従事できるからである(その場合、雇用者に「育てる気」がなくてはならない。即戦力を要求する、育てる気のない雇用者であれば不幸なことになる。もっとも、そうした雇用者が中卒者を雇うとは思えないが)。

しかし、実質的に中卒であると憂き目にあう。なぜなら、彼ら高校中退者=中卒者の大多数は、中学校を卒業した者が普遍的に備えているはずの学力を備えていないからである。就職というのは、ひとまずは絶対的な立場にある雇用者に「こいつとなら一緒に仕事ができる(したい)」と思わせることが根底にあるものなので、乱暴な表現をすれば「馬鹿」はお断りなのである。九九すらも満足にできない人間を雇う雇用者はいないのである。本書のタイトルにある「高校中退」の原因の根底には、深刻な学力低下が横たわっている。ドキュメントとあるように、本書にはその実態が生々しく記述されている。高校中退と学力低下の関係性について、多くの人は気づいていなかったはずであるから、一読すれば驚かされることだろう。そして、その深刻さがどれほど日本の社会を毀損しているか、考えさせられるだろう。貧困があるから高校中退が起きているのではなくて、学力低下と高校中退によって貧困に陥る(「貧困がうまれる」)のである。ここには、日本の識字率は世界一だとか学力ランキング上位の県の教育が云々といった、高校中退と全く無縁の位置にいる情報の陽は照らない。

恐ろしいのは、家庭が貧困であることが逃げられない呪いのように学力低下に結びついてくることだ。貧困が、有望な子どもたちの未来をどれほど奪ってきたことだろうか。社会全体が共有しなくてはならない悲劇が横たわっている。



子どもの貧困と学力低下についての問題は、ひところに比べ世に広まったかに思える。しかし相変わらず、貧困家庭でありながら学力低下で落ちぶれるのは本人の努力不足であると断ずる声がある。これはあまりにも一方的な感情論である。「衣食足りて礼節を知る」という諺があるが、勉強もまた、衣食が足りていなくてはならない。生活に余裕がなくてはならない。貧しいとは、学べないことなのである。

筆者は、学力低下に対する社会的なサポートが必要だと説く。筆者の考察の元に繰り返して述べられているが、日本の授業料は高額であるし、子は将来の国の宝であるから高校教育を義務教育とし、無償化すべきという主張がメインである。これはもっとものことのように思えるが、私は賛成できない。高校教育も義務教育化すれば、今度は「最低限、大卒(および専門学校卒)」に移行するだけの気がするからである。高等教育が無償化することも望まれる施策ではあるが、それよりも学力低下に対する処置、ことに貧困家庭に育つ子どもへの学力サポートの拡充が先決ではないかと思うからである。学力低下の始まりは、授業について行けなくなった時から始まるのだから、この時点での介入が求められる。子どもは、授業について行けたり、テストで点が取れれば安心するし、勉強に前向きになるものだ。

学校の授業について行けなかったりテストで点が取れないことで周りと比べられ自分が劣っていると判断させられるのは、本来、酷で一方的なことなのである。とくに大人には「テストの点が全てではない」と慰めのように述べることがあるが、子どもたちにとってはテストの点は絶対的な尺度なのである。テストで点が取れないと落ちこぼれ扱いするくせに、どこの口がそんなセリフを吐くのか。

学校のテストの点がその子の将来やその子の素晴らしさを保証する者でもなんでもないことなど大人は分かりきっている。けれども、小さな世界観に生きる子どもにとってそれは信じることができない。だから、テストの点が取れるように導くことこそが特効薬なのである。

過去の行き過ぎた受験戦争を反省して、テストの点だけでなくその子の良い面を伸ばすゆとり教育に舵が切られたが、うまくいかなかった。結局のところ子どもたちは、周りについて行けなくなって「落ちこぼれ扱いされる」ことに恐怖を抱くのであるから、そうならないためのサポートを拡充することが肝要であるし、学力低下の防止につながるだろう。貧困家庭の子どもへの対応も込めて、学校外の場所(市民会館や地区会館や図書館など)で、ボランティア講師によってなされるべきであろう。行政の協力をとりつけて、門戸を広くし、校区外の同年代の子との交流が促されるようにすると良いだろう。子どもの世界観を広く取り、少しでも多くの大人と接触させることは、子どもの成長に欠かせない糧となるからである。そしてまた、地域全体で、子どもの貧困と学力低下を阻止する姿勢を貫くことである。

考えさせられることの多い良書である。

posted by ぎゅんた at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画以外の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック