2017年06月27日

(映画感想)「アウトバーン」




タイトルとPV動画から「麻薬の運び屋がアウトバーンを爆走するかアクション映画」を想像したものであったが、そんなことはなかった。惚れた女のために体を張る、割と真っ当なアクション映画で、その中にアウトバーンとカーアクションが混じったものだ。原題は「COLLIDE」であり、そこにはアウトバーンの意味はいささかも含まれない。本邦上映の際のタイトル改変が、中身に誤解を招くようなものであるべきではない。とはいえ、「コライド」と直訳タイトルであってもインパクトに欠けてしまうのだが。

結論から感想を述べてしまうと、本作は「平均点以上の出来のカーアクションもの」になる。濃く短く、テンポの良い内容にするために描写を端折ったのだろうが、それが説明不足となって満足感を削いでしまっているところがある。これが惜しいところで、もう少し丁寧な描写を織り込んでいれば、評価が高くなった作品であろうと思うのである。

Autobahn_film_03.jpg

例えば主人公は、自動車泥棒を派手にやりすぎて米国に居られなくなったことが述べられる。その際に「自動車泥棒の天才だ」みたいな修飾もつく。しかしアッサリすぎる。この作品で主人公は持ち前のドライビングテクニックと、なにより自動車ドロのスキルを発揮して活路を切り開いて行くだけに、説明が足りない。

自動車泥棒に必要な心得や哲学、過去の経験などを相棒に説いたりするシーンが序盤に少し設けるだけでこれは回避できたはずだし、なにより主人公が活路を切り開くシーンに説得力が出て盛り上がったはずだ。主人公補正や運が良いだけで切り抜けられたかのようにみえてしまうのは良くない。

Autobahn_film_02.jpg

次に、主人公の相棒である。
実はものすごく仲が良く信頼し合った間柄だったのだなあと分かるのが最後の最後である。こうした「相棒」は、とかく裏切り役に転身するものである。そうでないなら、真のバディであることの説明がないと気持ち良さがない。また、バディとして活躍するシーンがほとんどないので、物語から外れてしまっている。男同士が信頼し合ったバディであることが明らかで、(この相棒が)もっと活躍してくれれば更に良い内容になっただろう。活かせる素材を無駄にしている感が強く、惜しいのである。

ヒロインは麻薬が原因で両親と別れた設定があまり活かされなかったかなと思う程度。正統派パツキン美女で、主人公が一目惚れするのも頷けるビジュアルがよろしい。高級車と美女は合うのである(このヒロインが高級車に乗るシーンはないけど)。

Autobahn_film_04.jpg

ストーリーは深く考えなくて良い。高級車は乗り捨て感覚。道交法違反や騒動に巻き込まれた一般人の行方は知ったことではない。終盤にどんでん返しもある。しかし流石に無罪放免はないと思うのだが、海外の警察はいい加減なのか。娯楽アクション映画におけるストーリーは、作品のもつ「勢い」と「興」を削がない添え物であれば良いわけで、その意味では本作のストーリーは合致している。ただ、そこで動く駒である人物たちのフォーカスの点で不足があり、それが本作を視聴しての物足りなさにつながっている。

Autobahn_film_01.jpg

ケチをつけるような感想になったが、要は深く考えずにみれば良いカーアクション映画である。暴力描写は低めで、恋愛描写が(この手のジャンルにしては)丁寧で中性的なのも特徴か。美しいケルンの街並みやドイツの風景が見ることができる観光ムービーとしても楽しめなくはなさそうだ。おヒマな時の一本にオススメの作品だ。

posted by ぎゅんた at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック