2017年06月14日

クルミの芽生え

walnut.jpg

近所の山で昨年秋に拾ったクルミ(おそらくオニグルミ)を、クヌギの鉢に埋めておいたところ、気づいたら芽を出して旺盛に屹立している姿を成していた。芽生えたら競争に勝つために、胚の豊かな養分を使って一気に高さを確保する作戦で、これはクヌギの芽生えに似ている。多くの種子と同じく、冬の寒さを経験して春に芽生えるタイプのようだ。

幹はこの時点で赤茶色の、幼い樹木の可愛らしさを持っていながらもガッチリとした弾力を見せる。葉っぱに触れるとフワフワと厚みを感じる。葉にうぶ毛がビッシリと生えているからであろう。

クルミは「ナッツ類」としての、食べ物のイメージが強いだろう。
実際にクルミの実の皮を剥ぎ、硬く分厚い殻を割れば、食べられるあの「クルミ」が姿をあらわす。梅干しの種でいう天神様である。天神様と異なるのは、毒を含まず、味が良く、栄養価が高いことである。そのために世界各地でクルミは人類の貴重な食料として大事にされてきたし、文化として残っている。

クルミの実は、大きな梅の実というか、小さな桃というか、独特の大きさと質量感がある。やや粘着性があり、見た目的にも美しいとは言い難い。実の皮には肌が荒れる渋があるようで素手で触るとなんとなく嫌な触感がある。この皮の部分を少し腐らせ一気に剥いでしまうと効率よく種子を取り出すことができる。厚底の靴で踏んで、皮と種子をスポッと分けるようにして種子を採取してもよい。

しかしこんな硬い殻を破って芽生えてくるとは、植物の生命力には感嘆せざるをえない。だからこそ、芽生えた後に生命力の躍動感じさせる堂々とした姿を見せてくれるのだろう。
 
ラベル:樹木
posted by ぎゅんた at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック