2017年05月31日

コブシの芽生え

コブシ_発芽.jpg

昨年秋、近所の山に自生していたコブシの実から取り出した種子が芽生えていることに気づいた。
春になっても芽が出なかったので失敗したかと思っていたので驚いた。発芽条件や発芽環境になんらかの悪影響があったようだが、それを克服して芽生えたのであろう。

コブシはモクレン科モクレン属の落葉性の広葉樹で、成長すると高木となる。春になるといち早く大きく白い花を咲かせることから迎春花の名をもつ。田打ち桜と呼ばれもする。それは、コブシが花を咲かせると霜の恐れがない春の到来を意味することからくる。田を起こしても大丈夫だという知らせなのである。

コブシの大きな特徴としては、その名のとおり、拳のような外観を呈する果実の集合体をあげることができる。異質さをおぼえるほど独特なものであり、実物みるとインパクトがある。秋口になると中から種子をもつ赤い実が現れ、これまた独特なことに糸を引いてぶら下がってくる。ちょっと不気味であるが、こうやって目立つことで鳥に実を食べてもらい、種子散布して増殖しようというコブシの作戦なのである。

種子は黒く厚みがあり、ソラマメのようである。皮と果肉を剥いで綺麗に洗いながして水に一晩つけてから撒いておくと春先に芽を出すようだ。冬の寒さを経験させないと発芽しないタイプと思われるので、実生苗を作ろうと思ったら秋に仕込んでおこう。要求される土壌の質については分からないが、どんぐりやタブノキが発芽する土なら間違いなく発芽すると思われる。生命力の強い樹木のようなので、芽生えたら適当管理で大丈夫っぽい。

ラベル:樹木
posted by ぎゅんた at 13:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
僕はアサガオ3年目です どこぞで拾った別のタネとで色を変えてみようと楽しんでます。
先週梅の苗木買いました。
何年ごかには梅酒になる予定です。
あと猫いるので 猫じゃらしもぼっふぼっふにしたい所です。
あ それとアイパッドちょっと待ってくださいね
この前の猫の病院で、アイパッド代から少し出費したので、貯まるまで少しお待ちください。
病名 口内炎っす おわた
Posted by やああ at 2017年06月03日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック