2017年05月19日

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典




まとめ
英語に興味がある人すべてにオススメ


高校に進学する春休みの中学生が本書を手にしたなら、どれほど素晴らしいことだろう、と思う。
3年間学んできた中学生英語の真髄が、生き生きと、パズルのピースがカチカチとはまるように理解できる至福の快楽が得られるはずだからである。英語が英語として、もっと好きになるからである。

点を取ることを要求される試験の英語は苦手だけれど、でも、英語は好きだと思う学生が増えて欲しいと私は考える。英語の成績がパッとしなくても、英語が好きである気持ちがあるのなら、その子はいつだって粘り強く英語と向き合って楽しめる最大の資質を有している。英語の試験で優秀な点が取れることよりも、英語に前向きな感情を持っている方が遥かに良い。「ビッグ・ファット・キャット」シリーズの素晴らしいところは、勉強勉強しすぎた英語とは離れて、もっと気楽に英語に触れれば良いのだという緩さにある。入試問題にみられる長文読解の解き方を学ぶわけでもTOEICで良い成績を取るためでもない。楽しめる英語を、自分のペースで続けることで英語を身につけましょうというスタンス。そして、読むことの重要性を強調している。

頭の良い子なら、本書を通じて、英語への理解と精緻が向上した上で高校英語も優秀な成績が取れるようになるだろう。高校英語の成績には直結しないにせよ、英語への苦手意識や拒絶反応が消え、英語を学ぶことへの積極的な気持ちが湧くに違いない。ゲームにしろスポーツにせよ、そのルールが頭と身体で理解できるようになってくると、俄然と面白くなるものだからである。勢いがついてレールに乗ってしまえば、あとはしめたものだ。ペーパーバックにチャレンジする日は近い。


本書には、書き下ろしの新作「Big Fat Cat AND THE LOST PROMISE」が収録されている。いままでのシリーズには毛ほども存在しなかった恋模様が、おなじみのメンツを交えて描かれる。エドとジェーンの年齢設定が高すぎるような気がしてならないが、私の誤読であろう(多分)。

このエピソードを読み終えたら、「英語のブックガイド」を参考に洋書デビューを果たすと良い。
洋書というのは、不思議な存在感があるものだから、是非とも自分自身で手にしてもらいたい。

過去、私は明らかに難しすぎるものを選んで惨憺たる結果になったことがある。心の声「難しくても、頑張って訳して読んでみよう」は裏切られるので信用してはいけない。その結果生まれる挫折感ほどつまらぬ厄介モノはないのだ。格好つける必要はない。難しすぎない良質なもの(読み終わった後も、本棚に大切にしまっておける珠玉の存在にしたいものだ)を選定すべきである。柔道を習い始めたその日に一本背負いを練習することは決してないのである。

 
enjoy!!

posted by ぎゅんた at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画以外の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック