2013年09月23日

硬くて痛いだけ Deadspace3(Origin版)

deadspace3.jpg

難易度インポッシブルをクリア(OptionalMission込)。
携帯した武器はプラズマカッターと火炎放射器/リッパー。

Deadspace3についての評価は以前に記事にしているが、結局、その評価が覆ることはない。深遠な宇宙に孤独に取り残された感は乏しく、引き込まれるストーリーがあるわけでもない。ゲームの内容は「2」からみられ始めた無双路線の踏襲で、システムに調整不足と不親切さが残ったまま発売されている印象。「2」で終わっていればシリーズの名を汚さずに済んでいただろう。

インポッシブルの攻略は、携帯する武器を間違えず、スカベンジャーロボでこまめに資源を回収すればそう難しくはないだろう。詰まるとすれば、StalkerとSuper Slasher の混合ラッシュ、Super Wasterのラッシュ、Super Feederのラッシュ、Alien Necromorphのラッシュ の場面だろう。ボス戦はクリアのパターンが決まっているのでそう苦労することはないのだが、ラッシュはパターン化が難しい意味で苦労する。
多数に囲まれたときの安定した対処法はおそらく二つで、ひとつはフォースガンで転ばして追い打ちを与えて始末する方法、もうひとつは、セーフティガードを装備した爆発系武器(ロケラン等)を自分の足元に撃って爆風で敵を始末する方法である。若干、正統派とは言い難い手法だが、こうでもしないと乗り切るのが難しいラッシュがあるのも事実である。私はラッシュは、リッパーを出した状態でマグネシウムアフターバーナーをぶっ放す接近戦で乗り切った。ハイリスクハイリターンなのであまりオススメはしないが、瞬間火力はかなりのものである。

今回は敵が素早く接近してきたり同時に相手をする数が多いので、ステイシスなしで攻略することはかなり難しくなった。RIGのステイシスのチャージ数、ステイシス効果の強化をMAXにしたうえでステイシスを使いまくれば簡単になる。が、簡単になりすぎかもしれない。それが嫌だったら、RIGのステイシス強化をしない「緩い」縛りプレイをしてもよい。アイテムのステイシスリチャージパックはボンボコ出るし、自然回復もかなり短い時間でなされるのでやろうと思えば出来る。
HPは、初期値は低すぎるので、1、2段階は上げるとよい。上げすぎると背中のHPゲージの数が増えすぎてダサくなり士気が下がるのでやめた方がいい。スーツはどれを着ても見た目の変化しかない残念もとい糞仕様なので好みのものを着ればよいだけである。クラシカルに行きたいならやはりエンジニアリングスーツしかない。キネシスを上げる必要性はほとんどない。


デッドスペース3は、結局のところはシリーズ最低作の評価だと思うが、その原因はなんだろうか。二週目をやって感じたことを、以下に記す。

・ストーリーが心底どうでもいい(興味を惹かれない、ありきたりな口論とー痴話喧嘩でウンザリする)
・そんなムービーシーンはスキップできない
・プラズマカッターを含む工具系の弱体化(いつからアイザックは兵士になったんだ?)
・人間キャラが頻繁に敵キャラで出てくる(誰も求めていない)
・後半のOptionalMissionで訪れる場所は配置や構造の使いまわし
・嫌がらせのように面倒な即死ポイントを配置している
・シリーズ恒例の、悪ノリした悪趣味な特集死亡シーンがほとんどない
・弾薬アイテムがひとつになっている(せめて工具系と火器系で分けて欲しかった)
・リロードは、フレームの上段につけたパーツのもので行われるが、同時に下段のパーツのリロードも行われている不思議(リロードは上段/下段で独立させて欲しかった)
・主な舞台が雪に覆われた惑星とエイリアンの迷宮(閉鎖感がない)
・くだらないDLC商法
・わけわからんセーブシステム

とまあ、こんなところである。

多額の制作費の回収は出来たセールスだったろうが、(EAに対する評価も含めて)ユーザー評価は芳しくなく、おそらく続編はでないだろうし、それで良いだろう。ここでキッパリやめておけば某C社のバイオハザードシリーズのようにグダグダとゴミを出し続ける見苦しいシリーズ扱いは受けないだろうし、映画の一本ぐらいは作られる未来があるだろうからだ。
ラベル:DEAD SPACE
posted by ぎゅんた at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック