2017年04月27日

(再考)映画「虹色ほたる」 思い出は、命


虹色ほたる_film_01.jpg

映画「虹色ほたる」は世間的にマイナーな作品であり続け、さほど高い評価は受けていないようである。私はこの作品を傑作だと確信し、映画好きの友人らに鑑賞を勧めたが期待する感想は得られなかった。しかし改めてこの作品を鑑賞すると、生涯の一本と断じて差し支えがないほど、私が愛してやまない作品のひとつであるとの思いを強くするのである。

舞台となる昭和53年の谷戸の山村は、夏が終わればダムに沈む運命にある。思えばこの当時は、ダム建設はあたかも国策事業であり、全国のあらゆる谷戸を対象にとどまるところを知らなかった。ダム建設の目的は治水・灌漑・発電である。貯水することで川の氾濫を防ぎ、水不足を防ぎ、水力発電を可能ならしめるとする名目と土木技術の結晶という位置づけで、人間は自然を科学技術で征服したよな陶酔感をしてこれを受けいれたのである。ダムに求められる治水は、その眼目は、結局のところ、都市人口の爆発的増加に対する水の確保にあったように思う。増え続ける都市圏の人間を賄うための水瓶が欲しかっただけにすぎない。

天の恵みである雨は、ただ人間側の一方的な都合によってダムに堰きとめられ、河川を流されることになった。同じくして、人間の生息圏では、雨は生活にとってただ余計な邪魔者になった。降水を土に還すことを忘れ、コンクリートやプラスチックの斜面を滑って河川に注ぎ込んだ。河川は排水路として機能すべく、いかなる水量の増加があっても、決して溢出することないよう護岸と堤防工事がなされ隔離された。そこでも土は邪魔者であり、水を涵養させることを拒むコンクリートで武装された。間知ブロックの隔壁が河川の壁紙となり、結果、全国の河川はフランチャイズな見た目の、特色のない直線排水路に変貌することになった。

経済成長路線をひた走り続ける戦後の日本社会は、このことにさして違和感も痛痒も覚えなかったとみえる。行きすぎた自然軽視の姿勢に警鐘を鳴らす専門家や識者によって、自然保護・環境保護の強い気運が生まれることになったが、日本人が意識せずに自然と調和して築き上げてきた文化遺産の殆どを破壊して喪失してしまった現実を前に茫然自失とする他になかった。抜歯鉗子がどんなに酷い歯槽膿漏よりも速く歯を抜いてしまうように、ひとたび人間が何らかの目的で自然に大きな手を加えると、取り返しのつかない急激な損失を生むことがある。ダム建設は確かに、治水の面で人類に益をもたらすが、その一方で、二度と買い戻せない損失を覚悟しなくてはならない。

虹色ほたる_film_03.jpg


本作を視聴していると、文明というのは、自然の循環を利用して恵みを得ることに最適化させた長年の知恵と経験であるべきだと思わされる。私はなにも我々が、先祖と同じようなあばら家に済むべきだとか電気のない生活を送るべきだといいのではない。科学技術に支えられた人間の生活が、自然の中に、なんらその循環と恒常性に危害を加えることなく存在し、そのなかで存続していくスタイルに落とし込むべきだと思うのである。使い古された表現を借りれば、結局のところ人間は自然が許してくれる範囲の中でしか生きられないからである。どんなに人間の科学技術が進歩しても人間は生物の根幹を変えることはできない。水を飲み、酸素を吸って二酸化炭素を吐くことを止めることができない。生まれてから死ぬまで、懸命に生きる存在なのである。偉そうに述べているのは私だけで、しかし、この作品は自然破壊についてなんら非難がましい主張はしない。「そこにあった」恬淡な風景を丁寧に描写しているにすぎない。そただそれだけのことだ。その中にあって私は、かつて我々が有していた自然と距離の近い豊かな生活を捨ててしまったのだと意識させられるし、後ろ髪を引かれるような、望郷の念に駆られるのである。

この作品に流れるメッセージは力強い。青天狗の台詞にもあったが、私は「生きていてさえすれば」だと思う。どんなに辛いことになろうとも社会に翻弄されてしまっても、生きていていさえすれば、なにかがあり、どうにかなる。そして、過去の記憶を共有している相手こそ、かけがえのない宝物である。おばあちゃんに「さあ、行っといで」と見送られるさえ子とゆうたが涙を流すのは、記憶から消えてしまう残酷さと申し訳なさで胸がいっぱいになっているからだ。思い出は、人が生きる命そのものだからである。だからこそ、別れシーンで「必ず見つけるから(生きよう)」と約束した2人が愛愛おしくてたまらない。また遊ぼうな!とケンゾーと約束して別れるシーンが切なくてたまらない。青天狗が旧友と再会するわずかな1シーンと同様、私は涙を禁じ得ない。会うは別れの始まりということを、この作品ほど上手に丁寧に描いた例もないのではないかと思う。

虹色ほたる_film_02.jpg


本作は子ども向けの作品だが、子どもたちはこの作品の深い魅力に気づかない気がする。出会いと分かれの機微への理解、里山・自然環境への理解、「夏休み」を懐かし思う気持ちなどが物語をより魅力的にするからである。案外に大人向けであるのだが、肝心の大人はこの作品の絵柄をみて視聴を躊躇しそうな点が致命的である。私は傑作だと確信しているが、「隠れた名作」扱いがせいぜいのところだろうか。

夏休みに地上波で放送でもされれば評価が上がりそうなのだが、「火垂るの墓」があるものなあ。
 
posted by ぎゅんた at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 虹色ほたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

サヨナラiPad mini コンチワiPad mini4


how to fix.jpg


もう5年以上使用していた相棒であるiPad miniが、故障して死んだ。
死んだ、というより私が引導を渡した(始末してしまった)のが正しいのであるが。

死因はゴーストタッチの嵐で操作不能になったからである。勝手にアプリを起動しまくってフリーズしたり画面の縮小拡大を繰り返してフリーズしている有様。そもそもこちらの入力を全て無視するのでメモで文章も打てなければメッセージの送信もできない。それどころか勝手に余計なことをするわけで、アプリは起動し続けるわデータは消すわ誤送信はするわの迷惑極まりない振る舞いしかしない。制御不能天衣無縫。起動したが最後、危害しか産まないのである。

メモに書きためた記事を消しまくっていく姿にブチ切れた私に引導を渡されこうなった。


gobou pad.jpg


膝蹴りを一発かましただけでこうなるとは、iPadは虚弱体質に過ぎるぞ。


ゴーストタッチの主因は、画面ガラスの亀裂の長期放置のようである。購入して一年目のときに落下させた際にディスプレイガラスを割ってしまい、修理せず使い続けていたのだ。

これまでも稀にゴーストタッチと誤動作の片鱗はみせていたのだが、のび太ママに教えられた方法で窮地をしのいできたのである。それを4年間続けてきた。しかし、流石に今回の症状は終わりの始まりであった。ダメになるときはもう修理もなにも受け付けないのが機械というものか。


パソコンと同じで電子デバイスの寿命はせいぜい5年だとか聞くが、概ね、間違いではありますまい。私のようなゴーストタッチ・ストームといった致命的状態には至らないまでも、レスポンスの著しい低下やボタン類の故障、ハードディスク容量の枯渇など、パフォーマンスが使用者の現実世界に追従しきれなくなったら、もう替え時のようだ。

ものは大切に、古いものも大切に、道具は良いものを末長く…、といった、人間が生きる上で大切にしなくてはならない理念は電子デバイスには通用しないようだ。ちょっと寂しい。やっぱアナログのが好きだわと行き過ぎたデジタル化と距離を置く人種が一定数いて当然である。俺は地球最後の日までガラケーを使うぜ。



さてiPad mini4であるが、すこぶる良好である。画質の著しい向上とハイ・レスポンスが心地よい。文章を打つときの入力切り替えや変換のモタつきが皆無なのが嬉しい。文章を作成する作業の効率が300%増しである(良い文章が生み出されるわけではない)。思えば、愛用していた初代iPad miniは動作がトロ過ぎたし画面が汚かった。進化を前にすると、過去の技術は残酷な評価を下される。

ブラウジングも素早いし、JavaスクリプトをOFFにしなくともサクサク観覧できる。容量も16GBから128GBに増えたのだから、一生涯かけても使いきれない安心感に包まれる。野外にて日照下にあっても画面がちゃんと見えるのも地味ながら驚きだ。カメラの画質も満足のいくレベルに向上している。こんなことならさっさと乗り換えておけばよかった。新しい畳と女房と電子デバイスは最高である。涙をのんで大枚を叩いたがその価値はあった。

やや残念なのが、バックアップの復元ができなかったことだ。
iPad miniのバックアップをとったパソコンと、このiPad mini4をライトニングケーブルでUSBとつないでも認識してくれないのだ。畢竟、iTunesでのバックアップデータ復元が行えないわけである。絶対に引き継がなくてはならなかったデータではないが、思い入れのある写真が消えたのは惜しい。

iTunesでのバックアップは新しいパソコンで行い、画像等のデータはクラウドにアップロードしておくか、古典的だがDVDに焼いておくべきであろう。しかし、なんで認識しないのだろう?電圧が足らんのか?古いパソコンはお断り?
ウ〜ン 近代オモチャにゃかなわん…
 
posted by ぎゅんた at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | iPad2 , iPad mini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする