2017年03月27日

(感想)これは愛じゃないので、よろしくB



面白くなるかもしれないと惰性で買い続けて三冊目。やっぱり面白くない

別マ本誌で連載が続いているのをみる限り、人気が無いわけではないようだ。別マの手用読者と違って私は30代のおっさんなので、「好きになることができない」と意見したところでティッシュ箱の蓋(捨てるやつ)程度の価値であろう。

そんな私には半ば確信めいた後枠がある。従前の湯木のじん作品を愛し続けてきたファンは、「これ愛」を好意的に受け止めていないはずであろうことだ。どことなく覚めた目でこの作品を追っているのではないかと、思うのである。

「なにが嫌いかよりなにが好きかで自分を語れよ!」とルフィに似たやつが言っていたが、なにが好きかで自分を語ると、どうにも浅薄な意見になりがちだ。すごく良かった、感銘を受けた、勇気付けられた、とにかく感動した、etc 、意識高い系のSNSへの投稿記事じゃるまいし、無駄なことではないが無為なことだ。嫌い(好きではない)な理由をのべることほど感情的な意見もないが、所詮人間は感情の塊であるから、それでいいと思う。そして、意見としてみたとき、なにが嫌いかで語る方が容易だし、記事にしやすい意味で無難なところがある(だから評論家は、なんでも批判しているようにみえる)。自分が好きなことを語ることは、幸せなことだし、否定されるものではない。私も「これ愛」の好きなところを語りたい。しかしそれは叶わない。「これ愛」は、嫌いではないが、好きになることができない。

少女漫画になにを求めるかといえば、非自己的恋愛体験や他人様の恋愛模様の傍観的観察といった野次馬根性の充足である。応援したいと願うことのできる魅力的なキャラクターであればあるほど、これは満たされる。最後はハッピーエンドを迎えるが、それを祝福できればできるほど良い余韻を読者に残す。おおよそ、このようなものであろう。

「藤代さん系。」「青山月子です!」その他の過去の作品群には、多くの魅力的なキャラクターが登場した。漫画的表現が加味されるから、現実的にはいそうでいないモデル像となるけれども、湯木のじんワールドの代表選手のような個性に満ち溢れていた。彼らは同性や異性や、年下年上同級生、大人たちと接し、いなし、同調し、反目し、感情をぶつけ合う。そして、成長した。懸想する相手とぶつかり合って、何かに気づき、成長することで互いを理解できたから、ハッピーエンドを迎えられた。そしてそれは、わりかし2人だけの閉じた世界でのことなのだった。この筋書きドラマに女性作者ならではのシュールなギャグを添え、細く清潔な線で描かた独特の少女漫画こそが湯木のじんワールドなのだった。

翻って、「これ愛」ではどうだろう。
あえて今までの路線とは変えた作風にしていることは分かる。けれど、それだけであって、私が読みたい湯木のじんワールドとは異なっている。話の展開が凡百なイマドキの少女漫画のそれに過ぎない。絵柄は相変わらずだし、性的描写が極端に排除された清潔な世界は不変であるところはいいのだが、その世界への没頭と心酔を促してくれるものではない。要するに、続きが気になって手がつかないほど愛すべき作品ではない。まことに慚愧に堪えない。作者は、この作品を楽しんで描いてるのだろうか。また、過去作品からのファンは、この作品をどう評価しているのだろう。

posted by ぎゅんた at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯木のじん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

【書評】まんがでわかる超一流の雑談力





麻美たん萌え〜!地味目で寡黙で目つき悪いけど笑顔が可愛い女の子大好き!そりゃポールも惚れますわ… ハァハァ

というのは半分冗談。
本書は愛らしい絵柄でベストセラー(らしい)「超一流の雑談力」の中身を漫画で解説してくれている本であります。

マンガで分かる〜は、いまでは珍しい存在でもなくなりました。
手にして読むにはちょいと尻込みしてしまうビジネス本たちを対象に、様々、市場に登場しましたから、本屋に通うことが多い人はお気付きのように、かなりのラインナップ誇っています。難しい内容の書物は、原著からはいらず、解説本でもなんでも、まず平易なところから入門するのが良いのです。これは邪道ではなく、手っ取り早く理解していくための正当な方法です。原著でつまずいで時間を潰したり、折角の意欲を萎えさせる方が害悪だからです。マンガでわかるシリーズは売れているようですが、こうした需要があるからでしょう。より正確な知識を求める人は原著に当たれば良いだけの話です。

しかし、こうした本の多くは漫画として楽しんで読めるほどの魅力がありませんでした。画力が乏しいのではなく、漫画力が乏しいのです。漫画のカタチは取っているけれど、読んでいて面白くないのです。内容の出自がお堅いビジネス書ですから、それを単純に漫画に落とし込んだだけのものは面白いとは言いがたいのです。

本書はその点が克服されている感じで、親しみやすいライトな絵柄で説明くさくない内容のpになっています。ぶっちゃけ、「超一流の雑談力」の内容無視して漫画だけでも楽しめます。それほど深いストーリーでもなんでもないのですが、サラッと読ませてくれるあたり、高い漫画力といえるでしょう。麻美たん萌え〜

写真 2017-03-14 16 08 19.jpg


さて、肝心の「雑談力」ですが、これはどうだろう。
本書を手に取った皆様が欲しているのは、初対面の相手や目上の相手、仕事で対面する人たちとの円滑なコミュニケーションを可能ならしめる雑談をするためのノウハウだと思われます。結論から言うと、本書にはその手の記載は特にありません。まず笑顔で相手の好意を得て、相手に話をさせて自分は傾聴する姿勢(この時に、発言をおうむ返ししたり相槌を打ったり、質問的発言で発言を促し、会話を膨らませる)をとろうというものです。ハウツーといえばそうかもしれませんが、とりあえず雑談に入るためのキッカケを豊富に用意するための内容とは言えない。ギャルゲーの「会話パネル」じゃあるまいし、現実世界のコミュニケーションは能動的なのです。

「口が1つで耳が2つあるのは、相手の話を2倍聞くためだ」とか、ユダヤの格言にあった気がしますが、相手に発言させてそれを膨らませて会話する手法は、お互いに自然で、実りのあるものだと思います。雑談は一人でするものではないからです。

この内容で1000円は安いとみるか内容が薄いからとみるか高いとみるかはあなた次第。私は安いと思いました。笑顔をつくるだけで無用な敵を作らず話がしやすくなると知れただけで満足です。感じのいい人って、総じて笑顔ですし聞き上手ですものね。
 
posted by ぎゅんた at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画以外の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする