2015年10月20日

Perfected DOOM3 をより凶悪に 〜 MOD【Increased Monster count + some extras】

Perfected doom3 witn increased monsters + extra_04.jpg

まとめ
腕っぷしに自信のあるDOOMERならこのMODを遊べ!



DOOM3はバニラで遊ぶゲームではない。自分好みのMODで遊ぶゲームである

マシンスペックが飛躍的に向上した現在において、DOOM3は、その優れたエンジンが生み出す独特・魅力的な箱庭の中を思う存分に堪能できる時代になった。改めて細かなところまで作り込まれたレベルデザインや、嫌味のないFPSを可能にしているDOOM3エンジンの完成度には、ただただ驚くばかりだ。これはMODで遊ぶことで実感できる。DOOM3はMODで遊ぼう。

Perfected doom3 witn increased monsters + extra_03.jpg


私が選ぶDOOM3のオススメMODは、

Dungeon DOOM
Perfected DOOM3

のふたつである。

前者は、RPG要素を取り入れたDiablo風味を加えたDOOM3で、舞台はタイトル通りダンジョンである。DOOM3本編より怖く、過激なバトルが楽しめる。なぜかマイナーなようだが、私はこのDungeon DOOMこそ最も素晴らしいMODだと思っている。DOOM3を遊ぶ全てのプレイヤーに是非ともプレイしもらいたい。

後者は、DOOM3本編が気に入っているけれども、難易度的に歯ごたえや緊張感ないことを不満に感じる人向けのMODだ。敵の数は変化しないが、攻撃力が激烈になっている点が特徴だ。殆どの敵の攻撃は、喰らえば「大ダメージ」か「即死」のどちらかになっているので、油断ならないし、不意打ちや出会い頭の接触で死亡することが普通に起こる。モンスターは、まさに悪魔的強さである。一方のこちらは葦のごとくひ弱い人間とはいえ、攻撃を敵の弱点(殆どは頭部)ヒットさせれば、例えピストルでもマシンガンの一発であっても大ダメージを与えられるようになっている。プレイしてみれば、緊張感と爽快感の面で上手くバランスが取れていることに気づくだろう。DOOM3はリアル系になったのだから、こうしたゲームバランスの方が本質的にマッチしているはずだ。実際に、Perfected Doom3に慣れるとバニラは強い違和感が原因で遊べなくなってしまう。ただし、ホラー要素だけはバニラそれに強く依存するので、期待しない方が良い。

どちらも、過去に記事にしてきた通りだが、今回は、Perfected Doom3についての新たな記事である。

Perfected doom3 witn increased monsters + extra_02.jpg


Perfected Doom3は、好評なのか作者が筋金入りのスキモノなのか、未だにバージョンアップの機運をみせてくれている。現行の最新バージョンはv6.2.3であるが、v7.0.0のリリース予定されているようだ。

今回の記事の肝は、このPerfected doom3用のMODである「Increased Monster count + some extras」を紹介することである。

テキストファイルにある、このMODの作者のコメントを適当意訳すると

doom3がもつ独自の雰囲気は、戦闘が少ないことから緩んでいる。doom3には多くの敵がいるのに、どういうわけかインプとばっかり戦わされるし、付け合わせにレイスやマゴットがいるだけだ。敵が出現して戦闘となる、それはスクリプトで決定されている。アイテムの配置と変わらないじゃないか。敵は、殆どはグループで襲ってこない。タイマンばかりだ。Doom3の雰囲気やレベルデザインにはいつも感服していた一方で、味気ない戦闘に飽き飽きするようになった。PerfectedDoom3へ小変更を起こすこのMODは、これらの問題を修正するものである。


こんなところのようだ。
つまりは、PerfectedDoom3の緊迫感ある戦闘を、更に複数の敵との対峙を実現させて苛烈さを上昇させたものである。

このMODを導入することで得られる変更点を以下にコピペする。

Here is a list of the changes I made.

-Overall, you will now encounter more monsters than usual. I was limited somewhat and had to make some of the encounters triggered because some would fight if placed near each other (example: zombies, demon enemies), and having too many on the map at once will butcher frame rate. In later levels I was able to place more enemies since they are mostly demons.

-Some monsters will be encountered earlier than before. Although enemies introduced via cut-scenes will not be encountered earlier (example, revenants, maggots, hellknights, ect), this is because the whole point of these cinematics was to introduce the monster to the game and having them appear earlier would defeat the purpose.

-imps: I almost never placed these, the game had you encounter so much I grew rather tired of them. Once in a while I would throw down a crawling imp since you never saw them in-game. My ad-don has reduced the imp to mere extra damage and are no longer your most frequent encounter.

-Nightmare Imps: These guys were added into this mod, first encountered in hell and after that they were pretty rare. Now they are met in the very early levels of the game and are a frequent encounter despite being rather challenging.

-Pinky Demons: One of the most terrifying monsters in the game, yet for some reason Id software never wanted to place many of them. Now pinkies are met all throughout the game.

-Spectre: Another sweet classic introduced into Perfected Doom 3 (as well as many other mods). Initially an extremely rare encounter, now quite frequent. Like the nightmare imp, these guys pose a fun challenge, especially in dark areas, you can barely see them.

-Added the quake Fiend from shamblers castle: I know these guys are from another franchise but the original quake had plenty of hellish themes and their monsters looked pretty demonic. The updated models from Shamblers Castle do not feel out of place in Doom 3, and plus, the Fiend bares a close resemblance to the original pinky demon. Fiends behave similar to pinkies, except the fiend has a powerful leap attack that inflicts heavy damage usually resulting in instant death.

-Maggots & Wraiths: These were pretty frequent encounters and I usually didn't place them. I'd put some down every now and again if I feel like you haven't seen them in a while.

-Security Zombies: Pretty frequent initially, well at least through the first half of the game. I didn't mind the zsecs that much because they were rather difficult to fight at times. I mostly placed the riot shield troopers since they were only seen once.

-Zombies: A lot of these were faced throughout the first half of the game, but it was mostly the slow & fat zombies. There were some pretty neat variations that the game barely had you fight. The zombies I mostly put down were, Morgue Zombie, flaming zombie, chainsaw zombie, faster maintenance zombies, creepy rotted zombies that were only seen in hell, base zombies (bloody skeletons, these guys take a lot of hits since you can't score a headshot).

-Commando Zombies: I mostly spawned the Chaingunners. I thought the tentacle guys were a redundant monster and not that challenging.

-Revenants: rather rare initailly, made more frequent.

-Added the quake Vore from shamblers castle: A strange spider like creature, possibly related to the vagary and trites. The vore attacks by throwing explosive pods that home in on the player ( similar to revenant missiles). Although unlike revenant rockets these pods deal way less damage and do not result in instant death, although they home in on the player more than the revenants missiles.

-Caco Demon: These were moderatly encountered initially. I still upped their numbers though.

-Pain Elemental: I've seen this appear in other mods but this is the first time I've seen it spit live lost souls. This mod first saw them in hell and after that they would sometimes appear around caco demons. I've increased their numbers and are now encountered far earlier.

-Added the Quake Scrag from shamblers casle: another flying monster; they are much weaker than caco demons but faster.

-Arch-viles: Increased numbers and encountered a bit earlier. The arch-viles are still not too common, but I've made them spawn in groups and summon challenging monsters like nightmare imps and revenants

-Tick: Still not a very common encounter but are seen more than just once and encountered near the beginning of the game.

-Churub: slightly increased numbers

-Mancubus: I wanted to have much more of these but most of Doom 3's maps just arn't big enough for them and they end up not functioning correctly. I tried to place as many as I could.

-Hellknight: now more frequent

-Baron of Hell: Encountered somewhat frequently in the hell levels then only seen once afterwards. Now they are encountered occasionally in and outside of hell.

-Added the Quake Shambler, from shamblers castle: huge, muscular, all white, no facial features except for a mouth filled with sharp teeth, not something you want to encounter in a dark corridor. These beasts vaguly resemble hellknights, but they are much weaker. The Shambler doesn't have the strength of hellknights but his decent attack and movement speed can make them pretty dangerous, especially in groups.

-Lost Souls/Dead Souls: slightly increased numbers/deadsouls encountered in the beginning of the game


Other Stuff:-
Added more sounds from Trent Reznore & the Doom 3 Alpha.
-The cyberdemon boss is now longer and much more challenging
-Replaced the tick sounds, they now emit quiet female cries rather than chirps.
-Extended the Tower of Babel area. I used the Tower of Babel redux map.


Perfected doom3 witn increased monsters + extra_01.jpg


インストールは簡単で、DLしてきたファイルを解凍し中身すべてをPerfectedDoom3のフォルダ内にぶち込むだけである。アンインストールは、導入したファイルを取り除けばよいシンプルな仕様。

私が所持しているPerfected Doom3は

v4.0.0
v5.0.0
v6.2.3(v6.0.0➡v6.2.0➡v6.2.3)

の三種類だが、どのバージョンでも動作することを確認している。オススメはv4.0.0とv6.2.3。

PerfectedDoom3を初めて遊ぶ人は、まずv4.0.0を遊ぶのが良いが、v4.0.0はビジュアル面での変更点が地味で(見た目上の)変化に乏しいので、思い切ってv6.2.3からでもいいかもしれない。

難易度的にはv6.2.3の方がより高い。高火力のセカンダリ攻撃が可能であろうが、押し寄せる敵集団と即死攻撃になす術なく沈むめられる鬼畜難易度のため、クイックセーブ/ロードを用いたリトライプレイを前提に攻略することになるだろう。歯ごたえの塊みたいな難易度である。透明インプがやたら出現したりピンキーが集団で走り回っていたり、マンキュバスが真顔で召喚されてきたり、アーチバイルが三匹も同時に出現してホッピシ(レベナント)を召喚したりの無法地帯っぷりには笑うしかない。QUAKEにいた懐かしいモンスターどもがシレッと混じっているのも笑える。

TOB.jpg


本MODでは、「懐かしいあのMAP」こと”The tower of babel"も登場する。「本来」の意味でのサイバーデーモンはいないが、代わりに、モンスターラッシュが待ちうけている。マンキュバス、バロンオブヘル、ヘルナイトの大群に始まってレベナント、カコデーモン、ペインエレメンタルらがどんどん押し寄せてくる。これ、テストプレイでクリアできたのだろうか?過添窩無調整な気がしてならんぞ。


ダウンロード先
Increased Monster count + some extras



enjoy!!
:)

 
posted by ぎゅんた at 23:35| Comment(6) | TrackBack(0) | DOOM3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

映画感想「カリフォルニア・ダウン」 幽霊セスナの行方は


まとめ
エンタメ全振りディザスター・ムービー


ディザスター・ムービーというと、ついこないだの「イントゥ・ザ・ストーム」が思い起こされるが、あれは竜巻突風災害であち、こちらは地震災害を題材にしている。ここでも述べたが、災害パニックものは、テンプレがある。
1.何らかの理由で災害源に近づくことになる
2.主人公らは専門家やナード(オタク系)
3.ジョッグス(体育会系リア充)は粋がって死亡
4.災害から生き延びるサバイバルものに
5.大自然の厄災には勝てなかったよ…
6.でも家族がいる、愛するものがいるからいいんだエンド

である。ただ、このテンプレはどちらかといえばB級作品に準じる傾向がある。鑑賞されれば分かるが、本作は超大作であり、流石に、テンプレ通りではなかった。

とはいえ奇を衒った展開は微塵もみられず、娯楽映画としての王道を踏まえた「現代っ子」映画なのだった。安心して鑑賞できるエンタメ路線というやつだ。全ては予定調和、前に進めばゴールにたどり着ける箱庭ストーリー。「おっぱいが揺れまくってる地震映画」という時点でシリアスな展開や場面もサバイバル描写に期待してはいけないことが露呈している。大災害でパニックが起こっている時は暴徒による略奪が起こるからショッピングモール等に近づくと危険であろうことはシリアスな教唆といえなくもない。
ストーリー終盤には、いわゆる「泣かせどころ」が当然用意されてはいるものの、こんなもので泣いたり、感動したとか云う人はおるまい。


主人公は二人いる。

屈曲な肉体派のベテランレスキュー隊員(ドウェイン・ジョンソン)

地震学者(ポール・ジアマッティ)

のふたりである。
とはいえ、当人らが絡むシーンはないので、あくまで対比的なものだ。

乱暴に表現すると、ー前者は「家族を守るために体を張るブルー・ワーカー」であり、後者は「人々を救うために行動するホワイト・カラー」といったところ。勿論、アメリカ人的には前者の方がウケが良いので、ドウェインが活躍するのが目立つことになる。ポールは、地震がくることを国民に知らせることで被害を少しでも小さくしようと活躍する(仕方のないことだが、地味な扱いだ)。

とんでもない規模の大厄災だが、大統領の姿はついぞ出てこない。政府関係の姿は、せいぜいがレスキュー隊や消防士や警察官らぐらいだ。これは米国民の中にみられた、大統領や政府を合衆国に重ねて強さや頼もしさを求める心理が弱くなったことを示すのではないか。政府に対する失望や不信感のあらわれかもしない。私の気のせいかもしれないが、自分らでなんとかしよう考えと行動する人々の姿が強調されているように感じた。

その一方で、見知らぬ人々が手を取り合って助け合うシーンや、主人公らが他人を救うことに奔走するシーンは強調されない。家族・恋人・友人らは別として、他人を救うことよりもまず自分が助かることがを優先すべきという考えがみられる(避難民誘導で殉じたであろう大多数の警察官らはなんら言及されない)。

ドウェインは他人を助けることに奔走はしないし、そうした人々の姿が描かれるわけでもないし、大統領が自らの手で国民を救ったりはしない。ポールが回線をジャックして国民に警告を伝え続けたのがせいぜいだが、それとて、割と安全そうな場所からの発信である。

映像表現は素晴らしいものがあり、とくに映画館のような大画面だと凄まじい映像迫力。残酷な描写は避けられているので全年齢対応作品だが、子どもは見ない方がいいかもしれない。画面に映っていないだけで、途方もない人々が無残に死にまくっていることが分かる映像は、幼い子どもにはトラウマになりそうだ。

ドウェインが職務を放棄しすぎとか、冒頭のレスキュー隊仲間はなんだったのとか、地震の震源地は海だったっけ?とか気になるところもあるが瑣末なことなり。

字幕翻訳は杉田朋子である。
 
posted by ぎゅんた at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする