2012年11月30日

はやし建築工房




まとめ:建築は高い買い物。納得できる業者で長い付き合いを
ローカル:石川県在住の方ははやし建築工房はどうだろう?

住処。家を建てたりリフォームなりをする時というのはいつか訪れるもの。その施工は(普通は)業者との共同作業となります。ここで気をつけたいのが、信頼できる業者かどうかであります。決して安くないお金を払って一任するのですから、納得できる相手を選ばないと後々大変な苦労を背負い込むからであります。そして冠婚葬祭にならんでボッタクリ疑惑のあるのがハウスメーカー。特にメディア媒体で喧伝されているハウスメーカーは、結局はその広告費をクライアントから回収するような商品設定(価格設定)にしていることは想像にかたくない。だからこそ利益を確保できるからです。これは建築業者に限らず保険会社も証券会社も同様のものとして良いのではないでしょうか。広告にコストをかけるのは、その費用の回収が見込めるからでもあり、クライアントにそのコストを負担させることを前提にしているものと思えるからです。
ならば、広告を一切しない業者がいいのかといえば、広告も打てない風前の灯火のような台所事情のケースもありましょうから注意が必要です。
ひとまず世の中は、声が大きい大きな組織が信頼されやすいし繁栄しやすい傾向にあると言ったところでしょう。勿論、これはぎゅんたの主観ですけれどね。

数年前の話になるのですが、私の幼馴染が家業を継ぎ、それを機に古い建物を建て直すことになりました。
彼は当初、家業を行う建物の施工例ある業者数社や市内業者に見積もりを依頼したそうですが、想像していたよりも相当に高くなり、また、細かな変更を申し出ると「それはオプション価格」なのかドンドン上乗せされて「結構トンデモナイ」額になったそうであります。また、Goサインも出していないのに勝手に作業に入ろうとする会社まであったそう。二代目だからと舐められているな、こりゃ建て直しは保留やむなしかと思ったそうですが、色々と情報網を駆使して調べて行ったところ、口コミ評判の高い県内業者をみつけたようです。それが、はやし建築工房さんです。どんなものかと相談・面談したところ、費用からクライアント細かな要望に対するサービスや工面その他、他社とは雲泥の差があったそうであります。何より彼の心を捉えたのが、県内産木材を使うことに拘っているところだったそうです。その業者は自前の工場があり、木材の調達なり加工からほとんどすべてを自前でできる、すなわち中間業者を介さないのでコストも安くつくし都合もきく、そうしたメリットがあった。この業者に任せようと思い見積もりを依頼したところ、本人のいうことが正しければ、いままでの見積もりに比べて約一千万円も安くなったそうです。他の業者はその一千万円分の価値をもたらしてくれると信じられただろうか?いやない。もうここしかありませんね。

というわけで彼ははやし建築工房さんに施工を依頼し、綺麗な建物が建ち、そこで今毎日働いています。

その彼のお店をみた同級生お一人が、この建物を建てた業者の仕事ぶりを気に入ったということで実家の建て直しを依頼しました。これは、業者が建てた家そのものが広告となった例と言えましょう。


先日、この幼馴染と金沢市弥勒町の完成邸見学会に行ってきました。
35坪の土地に一人で住む、まさに隠居用ともいえる家でしたが、老後に静かに住みたいなあと思わせる佇まいでありました。

クライアントの声が色濃く反映される建て方なので一般的な家に比べるとやや癖のある構造になっている面もあります。この完成邸に関しては、玄関と廊下の幅がかなり狭く感じました。ただそれは、その家に住む人の要望からくるものであり家主の納得と理解があれば問題などありません。むしろ住む人の意見をきちんと反映しているということです。組み立てセットみたいな企画化された建物を提供する業者にはできないことでしょうし、そうした業者はまた、クライアントの要望意見を「そうすると建てづらくなるので特別料金をいただくことになりますヨ」とお得意の上乗せ商法を展開するわけです。どこの会社とは言いませんが。

ひとまずはやし建築工房さんの話に戻しますと、おそらく、こういう方にオススメできるのではないかと思います。

1.木造建築にしたい
2.外観や間取りなどにこだわりがある
3.県内産材料を使うことに賛同する
4.打ち合わせを重視したい、細かな要望が多い
5.壁剤や壁紙の材質やカラーに明確なイメージがある
6.手洗いや浴場にPanasonic製を用いることに抵抗がない
7.なるべく安くしたい(?)

とにかく使う材料に細かい融通がきく業者さんというイメージですので、建てる建物の外観内装に強くイメージがあり、「こういう家にしたい!」という願望やコダワリがある方にはオススメできると思います。また、木材をふんだんに取り入れた建物が得意ですので、木造建築Loveな人にもオススメです。

逆にいうと、特に要望や希望がなく、業者に「お任せ」で建てる人にはオススメしにくいかもしません。快く建ててくれるとは思いますが、そういう人には、世間様に数多あるハウスメーカーの方が色々と楽かもしれません。速攻で建ててくれると思います。クオリティや費用がどうなるかはわかりませんが、それはお任せというものです。知ってないと舐められるボラれるのは世間の常識ですものね。それでも、素人相手にどこまで鬼畜になれるかどうか。これはもう業者の良心に委ねられているということです。信頼できる業者を探し出すのは、人生における結構重要なクエスト思えてなりません。
 
posted by ぎゅんた at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

真顔天国 暑くないのか君たち DeadIsland(オンラインプレイ)

DeadIsland_onlineplay_01.jpg
まとめ:デッドアイランドはオンラインプレイ専用で決まり!


Here comes trouble.
いよいよこの時がやってきた。
デッドアイランドのオンラインプレイを4人で行ったのである。
ヘッドセットを装備して、Skypeを同時に起動してのプレイ。オンラインプレイに付きもののチャット(日本語入力不可)入力など不要である。意思を伝える為に、いちいちタイピングしなくて良いのだ。だって喋ればいいんだもの。
これが昨今のオンラインプレイの"できる"スタイルなのか。異常なほど快適に遊べてしまうことに驚愕しきりであった。


デッドアイランド
このゲーム、レベル制なのだが、こちらのレベルの上昇に合わせて敵のレベルも上がる仕様となっている。
時間の経過と共にゾンビも強くなるという設定でもあるだろうし、油断すりゃすぐに殺されまっせというシュールさの演出、ゲームとしてダレることのないよう適度な難易度を維持させるためのものかもしれない。とはいえ、このバランス調整は一律的で変化に乏しい。こちらのレベルの上昇に合わせて敵も強くなる、これは良いのだが、弱いやつもたまに普通に混じっているぐらいでも良かっただろう。レベルが上がっていれば一撃で倒せるであろう雑魚敵がたまに混じっているぐらいは、単純に、爽快感の点でプラスになっただろう。

バグや不具合が多かったり、システム面での洗練さに乏しかったり、NPCのモデル造形が画一的だったり、難易度の調整が一律的といった、ゲームとして実に荒削りであるにもかかわらず、熱中させてやまない魅力に溢れている。狙って作ったら出来ないシュールさが溢れているのがたまらない。だからといってアホゲーではないのである。協力プレイを前提に真面目に作ってあるのだけれど、実際にプレイしてみると、協力し合うお互いそれ自体がギャグになっている不可思議さ。これはもうやったもん勝ちの世界。

DeadIsland_onlineplay_02.jpg
※気分はもう遠足


買うならPC版
ヒットタイトルなので、時折Steamのセールにでてくるでしょう。
一桁ドルの時を狙って買ってしまいましょう。安すぎです

しつこく述べているように、オンラインプレイでその面白さを発揮するゲームですから、オフゲーが好きな方にはまったくオススメできません。その点はご注意を。
 
posted by ぎゅんた at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | DeadIsland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

maybe useless one

英語はよくわからない.jpg


記事にしているコマンドーの台詞データが欲しい、との要望がありました。
作業に用いていたテキストファイルを無添加無調整でうpしておきます。

なんの役にもたたんと思いますが、お好きにどうぞ。

コマンドー台詞集.txt
 

2012年11月24日

「世界」は太筆で大味に デッドアイランド(steam版)

deadisland.jpg
論旨:デッドアイランドはオンラインで遊ぶことしか考えていないゲーム


パソコンを新調して「みんなでやろうぜ」と約束していたデッドアイランドを購入してインスコ。
タイミングよくSteamのセールで66%オフのTotal:6.79(USD)だったので脊髄反射購入。やったね!
インスコして、起動して、ネットの有志がこしらえてくれた日本語化パッチ(本当にありがとうございます)を導入。

このゲームのストーリーは

南国の楽園リゾートがゾンビあふれる死の島に変貌した!脱出だ!

これだけである。

南国リゾートなんでセクシーな水着のネーチャン(とアンチャン)がわんさと出てきます。
水着が私服みたいなもんです。だって、リゾートですし。
ですので、おそらく貴方は

mizugi_image.jpg
こうしたイメージをもたれることと思います。

しかしこのゲームは洋ゲーですので
deadisland_01.jpg
こうなります。

しかもみんな顔とスタイルが同じです。もう少しやる気を出せ


さて
デッドアイランドはソンビゲーの例に漏れず、敵は容赦なく襲ってきます。そしてこれを容赦なくぶち殺していくスタイル。広大なMAPのなか、用意されたクエスト(という名のお使い)をこなしていく。クエストは時間制限とか特にないみたいなので、道中に何をしようがまったく自由。
そしてオンラインに対応していて、経験値をためるとレベルがあがるシステムなので、まんまMMOみたいな箱庭系と思ってよろしい。ただし、オンラインでプレイ出来るのは最大4人までとなっている。

オンライン対応型ゲームは、ソロで遊ぶのはナンセンスである。
ソロで遊ぶことを優先していないので、難易度がやたらマゾくなったり、作業ゲーと化したり、すぐ飽きたりするのである。もちろん、そうでないゲームもあるが、それはシステムが堅牢で、シングルプレイでも十分に売れるぐらいの完成度を誇るゲームに限られる。
そしてこのデッドアイランドは、どうもシステムがイマイチである。インターフェイスが微妙に洗練されておらず、わかりにくい。セーブ関連も実に不親切である。今のところ致命的な経験はないが、バグも多い(多すぎる)と聞く。シングルプレイをやり続けさせる魅力の面で力不足なのである。

だが
広大なMAPと、とりあえずいろいろ出来るような武器その他を用意して、オンラインで強力プレイをしてもらうよう荒削りに仕上げたこのゲームは、きちんとプレイヤーを熱狂させる魅力を持っている。これはもう、オンラインプレイをした事のある人はすぐにわかるだろうし、一時期社会問題になったネトゲ廃人も、このあたりの魔性の魅力に禍根がある。人間は人間に最も苦労するが人間で最も感動する生き物なのだ。

このゲームにおけるシングルプレイは、マップやクエスト進行の予習、自分好みのスキル振りや武器の改造等を検証しておくものに過ぎないだろう。
オンラインプレイ専用ソフトにし、気心の知れた友人同士でも見知らぬ外人プレイヤーとでも、生身の人間と協力し合ってワイワイ遊ぶのが最高に面白いゲームになっている。ボイスチャットで遊ぶのが楽しそうだが、後戻りできない世界に足を踏み入れてしまうのではないかと怖い


ところで、友人のyokke君にオンラインでの遊び方のレクチャーを受けていたところなのであるが、
deadisland_02.jpg
自動車に乗って移動することを覚えました。
これがシュールで実に楽しいのですね。
運転するのは一人なので、そのほかのプレイヤーは座っているだけ(車が走っている最中に途中下車もできますがダメージを受けます)なのですけれども、その間は視点移動をしたり空きシートがあればそこに移動したり出来ます。車にみんな乗っての移動は割とシュールな光景なのですが、プレイヤーがみんな真顔なのが最高に笑えます。

ゾンビを轢き殺してレクサスならぬ轢殺とか言っていたあたりで、外国人プレイヤーがログインしてきました。とりあえずメインクエストをこなしていきます。私は行き先はさっぱりわからなかったので、基本、行き先を知っているyokke君がドライバー役を引き受けてくれました。ありがたいことです。シングルプレイでの予習が必要だと痛感した次第であります。

deadisland_03.jpg
※外人(真顔)とトラックの荷台に乗って移動中(ドライバーはyokke君)

deadisland_04.jpg
※重いものを運ぶとき、中腰ガニ股姿になるのがまた笑える

deadisland_05.jpg
※外人と車内でひたすら席取り合戦中(ドライバーは安心のyokke印)

気づけば夢中で4時間ほど遊びほうけていました。
恐ろしい中毒性だ…やはりオンラインゲームは危険である


おまけ
XBOX360版、PS3版、PC版がありますが、PC版には表現規制がありません。表現規制フ○ック!な人はPC版しかありませんね。あと、PC版ならオンラインマッチングは全世界ですので、その点でもオススメ。もちろん、ぎゅんたとも遊べるよ(帰れや!)
  
posted by ぎゅんた at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | DeadIsland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

生きていてくれさえすれば DVD「虹色ほたる」

nijiirohotaru_01.jpg


本年度No.1映画と思っている「虹色ほたる」のDVDが発売されたので購入。

全編渾身の手書きアニメーションである。
映画館での鑑賞後、これはBlu-rayを購入だろうと構えていたのだが、現時点ではDVD版しかないようだ。興行収入がイマイチだったということだろう。「いい作品ならば売れる」は過去の、娯楽の乏しい時代の観念なのか。しかし私は、この「虹色ほたる」を高く評価したいし、その思いは今も変わらないのである。

元は小説原作があるのだが、そちらは未読。
漫画版もあって、それは購読済みだが、映画版とは内容に若干差異がある。
従って、私があれこれ述べていることは、殆どすべてが映画版に拠るものである。

nijiirohotaru_03.jpg


ストーリー上のキーワード
昭和53年、タイムスリップ、山村、小学生の夏休み、出会いと別れ
そして、生きることについて


虹色ほたるは感動作だが、くだくだしい演出はない。
誰しもが多かれ少なかれ経験してきた夏休み。もう我々はあの頃のように居ることも出来ないし戻ることも出来ない。思い出そうにも、成人したいま、こみ上げてくる望郷と哀愁の念が強すぎて思い出に浸ることも難しくなっている。しかしその奥には、そんな過去の世界が確かな思い出として残り続けている。忘れているようにおもえても、確かに残っている。必ず、残るものなのだ。

同窓会等で過去話に花が咲くのは、話のネタがないからのことではない。
誰しもが引き出すことの出来なくなったしまっている過去の記憶を、第三者によって思い起こさせてくれるからだ。そして、誰しもがそれを望んでいるからだ。在りし日の思い出に浸ること。それは後ろ向きな姿勢かもしれないが、生きてきた過去の自分を、まるで宝物を発見したかのように感じられる行為はやはり心地よいものだ。この作品には、誰しもの心の琴線に触れるであろう因子が無条件で詰まっている。

nijiirohotaru_02.jpg


独特の絵柄で人物描写に癖があるが、アニメーションならではの優しい世界が描けているのは間違いない。
逆にこの作品が実写だったらここまでの感動は得られない気がするのである。
ともかく、機会があれば是非ご鑑賞ください。


過去の感想はこちら
不滅の記憶とともに 映画「虹色ほたる〜永遠の夏休み」感想
また明日なー 映画「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」二度目 感想
ブタさん貯金箱にトンカチを振り下ろせ 映画「虹色ほたる」DVD発売決定

 

2012年11月19日

ブランド力:”始まりはすべて小さい(セネカ)”新型アテンザ カタログ




新型アテンザの発表は11/20(火)つまり明日である。
そして北陸マツダは火曜は定休日。
さすがに新型アテンザの発表日なのだから定休日といえど休みのわけがなかろうと思っていたが、普通に休みらしい。この日を封切にメディア露出を始める攻勢にあるようだが、それをして北陸マツダを訪れた人(とくに新規顧客)は定休日にガッカリしてしまうのではないか、と少し心配になる。しっかり休んで、水曜日からガンガン攻めればよいのかもしれないが…

NewAtenza_catalog.jpg

とりあえず新型アテンザのカタログを頂戴する。
ティザーカタログと形状は同じだが、中身が豪華でより分厚くなっている。
従来のカタログは縦長冊子テイストであったが、これは横長タイプになっていて、アウディやベンツのカタログと同じである。カタログの形状を真似した向きもあろうが、販売のターゲットを、アウディやベンツのセダン/ワゴン購入層をも含んでいる新型アテンザは、やはり堂々のフラッグシップモデルとして勝負するのだとその姿勢が見てとれる。そしてカタログの中身も、印刷の一部を写真の切り抜きのように差別化させていたりする凝り様がみられる。

内容はおおまかに
デザイン紹介(ほとんど写真のみ)

ドライビング

セーフティ
の順に掲載されている。
ここで私は、セーフティを先頭に持ってきてもよかったのではないかと思うのである。

MAZDAは昔からデザインと走りに定評があるメーカーであり、小さなシェアとニッチをターゲットにしてきた。デザインと走りが良いからマツダ車を買う、という顧客(ファン・信者を含む)はそれなりの比率でいるわけである。知れたことなのである。
今回の新型アテンザでもっとも重要な点は盛りだくさんの安全技術にあると思っている。
先代より数十万アップした本体価格の理由の多くは、まず、新しい安全装備がためであるといって欲しい。その上で、デザインを練り上げ、内装を仕立て上げた。その結果、ドライバーの座る空間が、この新型アテンザだからこそもたらされる喜びを味わえる場所になった。そこで新次元の「走る慶び」を味わってください。車の基本動作「走る・曲がる・とまる」にリニアリティを追求し高次元にバランスさせた新型アテンザの運転。これはマツダにしか貴方に提供できない感動である。…とまあ、(ひどい表現だが)こんな風に。



今回の新型アテンザは、このサイズでありながら、かなりの軽量モデルに仕上がっている。車が軽いということは、走らせて楽しいということであり、燃費が向上し、ぶつかったときの運動エネルギーが小さいことを意味する。良いことずくめだ。マツダには、これまで以上に軽量化を求めると同時に安全性も追及していって欲しいと思う。たとえその姿勢が、昨今の売りである「燃費」を犠牲にしたとしても。安全性をないがしろにしてカタログ上で立派な数値を誇る最近のメーカーの姿勢は間違っている。

余談、
安全性と違って信頼性のランキングだが、米「コンシューマー・レポート」での2012年度調査では、マツダは4位になっている。日本車はトラブルが少ない、というのはいまだ健在のようで嬉しい。

ローカル余談、
北陸マツダ野々市本店に試乗車が来るのは今週の金曜ぐらいからの予定だそうです。
金・土・日と展覧会が開かれるそうなので、試乗もそれにあわせたものになるのでしょう。ご興味のある近場の方は連休ですし足を運んでみられてはいかがでしょうか。



※本邦初登場のSKY-MTが楽しみです
 
posted by ぎゅんた at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ(マツダ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

何も始まらない 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

今の映画ひどかったね.jpg
※閉幕後の劇場の雰囲気と俺の偽らざる感想


みてきました。話題作を開幕当日に観るなんて初めてかもしれません。全席埋まっていたような気がします。劇場もすごい人の数でして、ちょっとしたお祭りな雰囲気です。
10代の頃にもののけ姫を見に行ったときもすごい人で立ち見するほどでしたが、それを思い出しました。いやが王にも気持ちは昂ぶります。前作の「破」のほうも劇場で観ましたが、エンタメに振った内容で、いってみればハッピーエンド路線だったので、閉幕後の劇場の雰囲気は明るく、皆笑顔でした。「製作側も丸くなったんだね」とか言ってた気がします。大勢の観客と映画を観て心地よい興奮とともに帰途に着く。これは映画の醍醐味成分の中の重要ポイント。そしてそれは、映画産業が不振である昨今においては、やはり話題作でしか味わえないだろうエッセンス。普段ぎゅんたが好んで足を運ぶ作品では99%実現しそうも無い事象であります。
畢竟、今回の「Q」もそれを期待していたわけですが。







誰だよてめーは.jpg
※Qのリツコさんではありません(似てるが)

こういう結果でした。
色々と意見はあるのでしょうが、もう次(最終回?)は観にいかん。勝手にやっとれ。
 
posted by ぎゅんた at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

さよなら×ポニーテール 別冊マーガレット12月号

何とかして欲しいとき(他意はない).jpg
※現在の心理状態のイメージ


予期していたこととはいえ、贔屓にしていた連載作品が最終回を迎えるとえもいえぬ寂寥感に包まれるものだ。放課後×ポニーテールが終了してしまったのだ…

集英社は俺が気に入った作品をことごとく短期連載にする悪魔の気がしてならない。無論、そんなことは、ただの思い込みと思い上がりと自意識過常であることはいうまでも無いが。連載作品に関しては「アンケートで人気が無かったから」それが全てなのだろう。プロの世界は厳しいのである。俺にできることなど、単行本を買うことぐらいで、ファンレターは…やめておこう。汚い字を書くおっさんのファンレターは資源の浪費に他ならない。

あ、アンケート葉書で応援することはできるね。
編集部め、読者の声をくらいやがれフハハ

別マ12月号アンケート葉書.jpg
※俺は怒りに任せてアンケート葉書を書き殴った


これで応援している作品は「魔法使いの心友」と「fuffy*」、ゆるゆる好きになりつつある「茜君のココロ」のみっつとなってしまった。田中てこ先生の新連載および、お気に入りとなる作品の台頭が待たれるところだ。

別マTwo vol06_fuffy.jpg
※"fuffy*"コミックスはいつの日か

しかしfuffy*は良いシュールギャグ漫画である。
最近、ネタ的に狙いすぎの気が出てきているが相変わらずいいセンスである。
鞠原君は甘党なのか?木崎君の手作りドーナツを巡って、悪魔さん含む変人どものめくるめく乱痴気騒ぎが起こるのだろうか。
個人的にはもっと不条理な世界の方が好みなので、ひたすら突っ走った路線でかまわないのだが、しかし、少女漫画雑誌に連載のショートギャグに過分な期待を寄せても大人気ない気がする。そんなぎゅんたはおっさんである。
なんか急に心が重くなってきちゃったの…


まとめ
ぎゅんたは田中てこ先生、香魚子先生、辻杏奈先生を応援しています。
コミックス「放課後×ポニーテール」は12/25に発売予定です。クリスマスに発売とはいい度胸してるやんけ。
この日に買いに行けということか
わかった、やってみよう………
 


※12/25のイメージ
 
posted by ぎゅんた at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

Perfected Doom 3 version 6.2.0 Patch

Perfected Doom3 version 6.2.0 Patch_01.jpg
ver6.0.0をクリアしたので、ver6.2.0パッチを入れてみました。


細かなバグフィクスパッチと思いきや、かなりの変更が見られます。
どこがパッチやねん状態。

大まかに説明すると

1.HELLに3ステージを新設
=======================================================================
New Maps:
=======================================================================
Our Last Hope:
Immediately after finding what you thought was an exit out of Hell after your treacherous
battle with the Guardian you find yourself trapped in a cell. It's up to you to escape this
prison and make your way back home. Good thing they forgot to lock the door...

Tower of Babel:
After finding your way to yet another teleporter at the end of that prison break you find yourself
wisked away to what seems to be a very large tower. Struggle to survive and find your path out of
this hellish structure.

Icon of Sin:
Barely making it out alive back at that awful Tower, you've been dumped into a hole that has dropped
you into what seems to be a time long forgotten. Maybe at the end of this mission you'll finally
find your way back to Mars.
=======================================================================

この3つの追加マップは”HELL”でガーディアンを倒した後、転送機を起動させて火星に戻る間のエピソードとなる。難易度は高め。


2.セカンダリ攻撃の変更
ピストル⇒二丁拳銃可
ダブルバレルショットガン⇒右室と左室の独立動作(同時撃ちするならボタン同時押し)
誘導ロケラン⇒1クリップ内のロケットを全弾速射

他、
セカンダリ攻撃時の消費弾薬の増加
弾の集弾性が低下
全体的な火力の低下
ズーム時にアイアンサイト表示
など

3.スタミナゲージの廃止
いつでも走り続けられるように変更
訂正:スタミナゲージは非表示となった。
アイテム”アドレナリン”は、メディパック同様携帯可。効果は従来どおり。
そのうえ
4.ダッシュしながらの攻撃は付加
となった。
ダッシュ時は、武器を構えない状態となり、発射するには立ち止まるか歩き状態となる。
これは地味ながら、結構プレイに影響が出る変更点である。

5.火星上での行動中は、視野が変化する
Perfected doom3 v6.2 using oxgen.jpg
※スーツのヘルメットを使用している想定なのか、視野が曇って狭くなるようなエフェクトが追加されている。v6.0.0にはなかった気がする


まとめ
version 6.2.0 Patchは、「ver6.0は難易度が低くて楽だ」と感じられた貴方にオススメです。
一味違った難しさになっています。


おまけ
Ver6.0からは、ソウルキューブのセカンダリでソウルナイトさんを召還できます。
ヘルナイトは蛍光グリーンを纏っていましたが、この子は青色です。
近くに敵がいると自動で攻撃します。
若干おつむが弱いのが欠点ですが、うまく使うえばその見返りは絶大です。

Perfected Doom3 version 6.2.0 Patch_02.jpg
※"Talk"とありますが、話せません

Perfected Doom3 version 6.2.0 Patch_03.jpg
※頑張れば3体ぐらい召還させることもできる。Icon of sinも涙目状態
posted by ぎゅんた at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | DOOM3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

腰周りの若さは骨盤が鍵?

腰に悪そう.jpg


恥ずかしい話だが、過ぎたことなのでそっと話そう…
先週の日曜日、生まれて初めてギックリ腰なるものを体験することになったのである。

クチャクチャ丸まった毛布の上に、ブレイクダンスとヨガを組み合わせたまったく新しい姿勢で寝転がりながら小説「ドラゴンクエストX 1」を読み耽っていた。レヌール城の探検、暗闇の中、冷静で平然としていると思えたビアンカが実は泣いていたことを知り、リュカは勇を鼓してビアンカを守る決意をする…
ここのくだりに俺は目頭が熱くなった。
中学生の時分に読んだときはなんともこなかった箇所なのに、いまどうして。

そして小説も一区切りがつき、休憩に立ち上がろうとした刹那、腰に激痛が走った。
痛みで息が止まるのは本当だったのだ。なぜ激痛が?としばし唖然としたが、普通の姿勢をとろうとする度に激烈な痛みが腰を襲うのである。痛くて普通に立っていられないが、お年寄りのような前かがみ中腰の姿勢をとると痛みがでない。こ、これは一体…

とりあえず変な姿勢を長時間とっていたのが原因だろうと、水平位で寝ていることにした。矯正である。しかし横になったが最後、起き上がれなくなってしまった。起床の動作がいちいち物凄い痛みとなって腰を襲うのである。

横になりながらiPadで症状を検索する。
どうやらギックリ腰のようである。
これがギックリ腰というものなのか?重いものを無理な姿勢で持ち上げるだけで発症するものではなかったのか。まさに「魔女の一撃」である。ロシア風にいうと魔女の婆さんの呪いだ。
とりあえずしばらくは痛みが続くらしい。

身体をちょっと曲げるだけで痛い。動くのが怖い。
明日から仕事だというのにどうしてくれよう。
不安と情けなさに俺は目頭が熱くなった。


…これが先週の日曜の悲劇である。
ひとまず姿勢を誤魔化せば歩けたし座っている分には痛みに耐えられたのは僥倖であった。ほとんど痛みが気にならなくなったのは金曜日のことだった。幼馴染の柔道整復師に相談したところ、痛みがなくても見せて欲しいといわれたのでお言葉に甘える。横になって触診で腰の左側の筋肉(専門用語を聞いたが失念)のあたりが原因とすぐにばれる。この部位をかばった姿勢と運動をとり続けていたため、身体が少しゆがんでいるとのことであった。普通に立ったときの重心の位置がずれているとか。もともと猫背気味なのもあるかもしれんが。

重いものを持ち上げて発症したものでなければ、痛みが引けばひとまず安心らしい。
普段の姿勢が悪いものはもちろんのこと、骨盤周りの筋肉が弱っていたり運動不足であったりすると発症しやすいので、色々とストレッチやトレーニングの指導も受ける。

lose weight.jpg


我々は思いのほか運動不足にあったり、筋肉を使わないでいるものなのだ。
身体は、どこかの機能の衰えはどこかが補うもののそのキャパシティには限度があり、破綻したときに不具合としてサインが点灯するのだろう。
結局のところは、運動量が減少しているのに気持ちが昔のままでいるのことが原因といえる。
”ダイエットだ走って痩せよう”と思い立った人が、結果、膝を痛めてしまうのも似たようなもんだ。


この顛末を同僚にしたところ、「ほう。ならばこいつを読んでみてくれ」と鞄から漫画「骨盤先生の保健室」を取り出した。この男は筋金入りの樹るうファンである。ちょうど手に入れたところだったという。なんというタイムリーさ。内容は骨盤に関する面白知識とコラムである。樹るう先生の可愛らしい絵柄で読みやすい。専門書ではないので、理論や理屈の説明は不足しているが、身体を自然な状態にすることで自然治癒力が発揮されるとする東洋医学をベースとしたものであることがわかればよいのである。一昔前に話題になった(?)「病気にならない生き方」シリーズに近いものである。賛同できるところを日々の生活に取り入れてみればよいのである。


まとめ
ぎゅんたはおっさんで気持ちだけは若いので身体を痛めてしまったようです
とりあえず骨盤運動を始めました
 
posted by ぎゅんた at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする