2011年11月29日

Dive into THE PATH

href="http://ja.wikipedia.org/wiki/Steam" target="_blank">SteamでTHE PATHが50%OFFだったので高速購入です。5$。安すぎ。insane

以前の記事にも紹介していますが、あれは無料の体験版です。
今回は製品版でのお話。

赤と黒と幻想的な森のハーモニーホラー。
独特の世界に浸るゲームであります。
ゲーム、というにはやれることが少なすぎるかもしれんが。

操作するキャラクターが喋ることはありません。
オブジェクトに触れて出てくる英文は詩のようです。
独特の世界観を醸し出す洋物の絵本の様な世界であります。

ドンパチその他のゲームに飽きてきている人は、たまにはこんなゲームもどうでしょうとオススメ。
一応はホラーアドベンチャーゲームであることと、「洋ゲー」なんで、キャラクターの造形が濃ゆいです。そこは注意の子だ。

ひとまずインスコして始めたばかりですが、相変わらず途中で音が止まりやがります。
ストーカーに続いてこれもか…
ブッ通しでプレイし続けると、自我の認識設定の基盤に変調をきたしかねない雰囲気を有する作品ですので、短い時間のプレイを少しずつ積み重ねていくことになりそうです。

なにいってんだこいつ、と思われた方は今すぐ体験版をプレイだ。
勿論、興味がわいた人もプレイだ。

デフォの設定では、ぎゅんたPCでは動作が重かったのですが、設定をいじくったら以下のスクリンショットのような画面でそこそこ快適に動くようになりました。
ThePath-Rose-20111129-223411-00001.jpg
※「いまどきの」チップス皆様のパソコンなら最高水準で快適に遊べると思います

流石DOOM3が動作するスペックを有するだけある!
このパソコン最高や!新しいパソコンなんて いらんかったんや!

s_ThePath-Rose.JPG

ちなみにこの子はROSEちゃん(11)です。
11歳には見えません。とりあえずお気に入り。


公式HPのキャラクタ紹介の英文
Rose is mature for her age. But there is a certain air of innocence about her that is charming and disconcerting at the same time. Barely a teenager -Rose is eleven-, she is discovering the world around her with fresh eyes. And all is beautiful! The wind in the trees, the birds in the air, the flowers along the path. Rose is taking it in voraciously. So much so that she will defend even nature's smallest creatures against anyone who might wish them harm.
But who will protect sweet Rose herself, when she is lured off the path? With a promise of unearthly bliss, of light in abundance where no sun will ever shine? You're just a little girl, Rose! Just a fragile little girl...

をエキサイトさんに任せるとこうなります。

ローズは彼女の年のわりに成熟しています。
しかし、同時に魅しており当惑させている、彼女に関する無罪のある外見があります。
かろうじて、ティーンエイジャー-ローズは11歳です-、彼女は、新鮮な目を備えた彼女のまわりの世界を発見しています。
また、すべては美しい!
木、空気中の鳥、パスに沿った花の風。
ローズはそれを貪欲に取り入れています。
彼女がそれらに害を祈る人なら誰からでも自然の最も小さな創造物さえ守るほど。
しかし、パスから誘惑される時、誰が甘いローズを彼女自身保護するでしょうか。
太陽が常に輝かない有り余るほどの量の中の光に神秘的な至福の見込みで?
あなたは、ほんの少し少女(ローズ)です!
単なる脆弱な小さな少女...


翻訳家 はやくきてくれー!


余談かもですが、このローズさんのキャラクターデザインは、lainにインスピを受けたそうです。
髪型がデザイナーのドツボだったとか。やるな。

inWired18.jpg
こうしてみると確かに似ていますね。いい仕事をするデザイナーだ。
1043296504800.jpg
※これはPS版

しかし外人はLainが好きだな。ベルギー人の心もつかむLainは只者ではない。
ぎゅんたも好きですけどね。Lainの世界観が好きです。
アニメは電線とノイズがやたら印象的ですが、万人受けはしません。
灰羽連盟がオススメです。
1046129017564.jpg
※HD漁ってたら出てきました


そんなわけで、THE PATHを細々と遊ぶ日々が続きそうです。
posted by ぎゅんた at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | The Path | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

Fee's sucker!

Deposit here.jpg


ATMである。
ネット銀行について。

ネット住人の皆様には釈迦に説法レベルの話ではございますが、ネタがないちょっとした箸休めみたいなものです。

昔から在る地銀や郵貯銀行、その他JAバンクや信金など
我々にとって預金場所は数あれど、ATMでの引き出しや口座振込みの際に手数料はいくらかかっているのか。共通して、数百円を取られているのではあるまいか。
ATM引き出し無料、といっても、平日の昼間だけだったりしますし、振込みは必ず手数料を取られますことになります。
銀行その他は、我々のお金を預かってそれを運用して稼いでいる連中なので、本来、預金者は金を貸し付けている立場であります。我々が貸し付けているお金がなければ彼らは何も出来ないといっても良いのです。
なのに、ATMでお金を引き出すにせよ、手数料がかかることがあるわけです。
債務者への金利で利益を上げ、手数料でも利益をあげる。お金があればどんどん稼げます。さすが銀行や!この勢いでボッタクリ金融商品も売るんや!

「お金を預かってもらっているから」と考えるのは日本人の誇るべき人のよさでありますが、流石に舐められすぎでありましょう。他行への振込みに手数料がかかるのはさておき、自分が預けたお金を引き出すのに手数料を納めるのは、いいかげん騙されすぎぐらいに捉えるのが丁度よろしい。

こういう考えから、ATMでお金お引き出すときに手数料がかからない銀行を利用する流れになるのは当然であります。で、実際に利用しているわけです。
今のところ利用するべきは住信SBIネット銀行で殆ど解決だと思います。
勿論、他にいくつもありますので、自分にあったところを選ぶのが良いでしょう。
ただ、実際的には住信SBIネット銀行を選択すればOKだと思います。

ネット銀行は店舗型と比較してサービスのクオリティに差があります。
店舗型と違って倒産のリスクやら利便性やら、色々と考えなくてはならないポイントがありますが、このへんは食品添加物と同じで、考えすぎてももうどうにもならないポイントだらけですので、知名度と利用者の数、評判・実績などで判断してもかまわないでしょう。勢いも必要だ。

細かいことは気にしないとき.jpg
※これでOK

誰もが銀行についてあれこれ調べ尽くしたり知悉しているわけではないのである。
ATM利用料と振り込み手数料が無料であればそれでOK、というぎゅんたのような人も多かろう。

ちなみに各ネット銀行の特徴や、店舗型との詳細な比較を書き溜めようとすると、大学時代の1レポート作成労力の5倍の労力が必要となるのでやりません。
そもそも、ネット銀行に関しては昔から優秀な方が記事に起こしてくれていますので、興味がおありの方は先人たちの記事を参考にしましょう。

住信SBIネット銀行は、口座開設の折にSBI証券の口座も併設するかを訪ねられます。
証券口座が欲しい人は、別々で開設するのが意外と面倒だったりしたので、最初から開設しておくと良いと思います。証券口座への入出金の管理は簡単に行えます。また証券口座の利率はほんの少し高いので(SBIハイブリッド預金)、金利大好きな方はどうぞ。普段はこの口座に資金をプールしておいて、引き出す直前に通預金口座に振り返れば良いのです。金利は毎月つきます。


ATMの引き出し手数料について
sumishinsbi_ATM.png
※こいつをみてくれ

全国津々浦々にあるセブン銀行ATMで無料で引き落とせるのはすごい破壊力です。
ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATMでの利用の場合は月に5回まで無料です。6回目からは1回105円(税込)になります。とはいったものの、そんな頻繁に引き落とすものでもありませんから、実質無料みたいなもんですかね。セブンを利用することが多い人は鬼に金棒・火事にナパーム弾であります。
ATM_BATMAN.jpg
※この人も利用します(多分)


他行への振り込み手数料は
月に3回まで無料となっています。操作は、住信SBIのHPにログインして入力して行います。その際はパスワードなどが必要になります。
一度利用すると、手数要を取る銀行振込みはアホの所業に思えるようになる…かも。

よくわからない大人の事情で、楽天銀行(旧イーバンク銀行)への振込は無料対象とはならず1回につき150円(税込)かかるようです。楽天銀行に振り込む時は泣くしかありませんねゲームオーバー。まさに安楽死天国。


とまあ、こんなところでしょうか。
住信SBIネット銀行を使い始めて5年ぐらいになりますが、殆ど不便を感じていないのは凄いことですね。どうにもヨイショ記事っぽいが、まあ正直な感想ですよ。
しかしまあ、銀行とかあの手の連中はどれだけ手数料で稼いでいるのだろうか。
利鞘(margin)より多いんじゃなかろうな。

ATM_cooprative.jpg
※ご利用は計画的に
posted by ぎゅんた at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

attack! attack! freindship-power!

さてLtdtools.com(の主にSamに)にお手紙を送る。
そしてその際にサプライズプレゼントとして文房具も送るぜ、と決めたわけでありますが、送るブツを何にしようか思案します。

聞いた話では
・消しゴムがあかんねん

ぐらいである。
これで単に消しゴムだけ送るのも芸が少なかろう。

やはりここは現地の人の意見を聞くのが一番確実であるのは論を待たない。
Ltdtools.comがあるのは米オレゴン州ポートランドと分かったのだから、在住の日本人を探して、文房具その他について訊いてみればよいのである。
いるよねきっと…

(検索)

現在、在住の方のブログを発見しました。過去に留学されていた方のブログもありました。
米国人と結婚されて、渡米されている女性のようです。お子さんもおられる様子。
これはベテラン超人〜完璧超人クラスに違いないのであります。

この方のブログを読んでおりますと『ブログの作者にメッセージを送る!!』メールフォームがあります。
しかも面倒くせー「コメントにはメンバー登録が必要です♪」が要らないようです。
俺は運がいい。
これは神が与えたもうチャンスに違いない。
ちょいと手間をかければ生きた情報を得られるかもしれん瀬戸際にいるのだ。
なんのためにネットに繋いでいると思っていやがる。
っしゃよっしゃ やってやるぜ
作業中.jpg
※メッセージ作成中のイメージ


送ったメッセージはこんな感じのであったと思う。

はじめまして。突然のメールで失礼します。
オレゴン州のポートランドにご在住とのことで、是非、伺いたいことがありましたので、メールしています。

Ltd Tools.com
(アドレス)

この会社のiPad2ケースを購入するにあたって、日本では手に入りませんでしたから、メールでやりとりをして、売ってもらった経緯があります。
在庫ストック品だから安くしてもらうなど、親切にしてもらい、また製品にも満足しています。
そこで、メールだけでなく、お礼のメッセージやプレゼントをエアメールで送りたく思っているところです。
プレゼントには、外国人は日本製の文房具が喜ばれるときいたので、文房具を考えています。
ここで貴方にお聞きしたいこととして、ポートランダーは、日本製の文房具をサプライズでもらったとして喜ぶかどうか?についてです。

別に日本製の文房具は割高だけど購入出来るよ、ということであれば別のプレゼントを模索せねばなりません。サプライズなので、安物で気負いなく喜んでもらえる品にしたいのです。

仄聞でありますが、日本以外では三色ボールペンは珍しく喜ばれる、mono消しゴムが凄く消えると喜ばれるなどです。針なしステープラーとかも考えています。
この話が本当であるかどうか、答えていただけると嬉しいです。
また、他に異常に喜ばれるような品があれば、教えて頂きたいと存じます。

(当方の住所と氏名)

寒くなってきて、こっちは日中10度前後です。
お身体の方、くれぐれもご自愛下さい。



うむ、こんな感じだったか。iPad2からの送信で電池不足、推敲とか不十分の突撃KAWASAKIチック文体。
カワサキだと?.jpg
※画像はイメージ

あとは野となれ山となれ。
日本の風土では、荒地を放置していて森林になると高校の生物で習いました。なんと豊かな国か。
それに倣い、多少の正誤は意に介さんとするスタンスでいこう!
ただの投げっぱなしパワーボム。

しかし、送ってみたはいいものの、これは返事が来ないかもしれんね、と思いつつ電池の切れたiPad2を鞄に仕舞って帰途に着いたのだ…

さて家に帰ってパソコンを立ち上げ、何気にメールをチェックすると、もう返事が来ているではないか!
俺は慄然とした(とこうかくとギャルゲーの主人公の様でむず痒い気分になる)。

逸る気持ちでメールを開きたかったが、ここは一つ、気分を落ち着かせようと珈琲を淹れ、豆乳を1:1で割った。気分を柔軟にするのだ。「変なメールしてくんなハゲ」と書かれたBAD ENDの可能性も否定できないからである。

さてこういう返事であった(要約)

日本製の文房具はアメリカの物に比べてとても優秀。
相手が、文房具を日常的に使う方であるのならとても喜ばれると思います。

三色ボールペン、mono消しは、ポートランド近郊にある紀伊国屋で手に入ります。
mono消しのような消しゴムを、Office Depotなどのオフィスグッズを売ってるお店で、見かけたことがあります。
でも普通のアメリカ人は、この消しゴムがアメリカの物に比べてどれだけ優秀かを知らないので、送っても喜ばれると思います。

針なしステープラーは、日系のフリーペーパーで広告を見かけたことはありますが、店頭では販売してません。
いいアイデアだと思います。
針のある普通のホッチキスも、アメリカの物に比べたら遥かに使いやすく、仕事をしていた時同僚にも好評でした。

スティックのりも、アメリカの物は粗悪なので、喜ばれると思います。
個人的には、消えいろPITがお勧めです。
細いスティックのりもこちらでは見かけたことがありません。

夫は、日本のボールペンの0.3mmなどの細い物をとても気に入っていて、日本に里帰り時はリクエストされます。0.5mm以下の物は、アメリカではあまり売ってないと思います。

相手に気を使わせず、でも喜んでもらえるプレゼントとして、日本の文房具は最適だと思います。
Ltd Toolsの方が、喜んでくれるといいですね。


ブラボー!
なんとありがたいことか…俺はモニタの前で泣いた。
幸せな高揚感があるうちに感謝の返信をしたためたのであった。


この情報に気をよくし、さっそく購入に行きます。
近場で文房具を豊富に取り揃えているところには、まずはここが外せまい。
ちょうど仕事用に愛着が持てそうなボールペンを必要としていたので購入に行きます。


文房具を吟味し始めると際限なく時間が過ぎてしまうな。またそれも楽しいものだ。
トンボのZOOM707が欲しかったがなかったぽ…

購入したサプライズ-プレゼントは写真の通りである。

stationery.Jpg
ボールペンはuni-ballシグノ極細0.28
Pilotのフリクションいろえんぴつ0.7も。これは物珍しく面白いだろうということで。
意外にも日本のノートの紙質は高いとも聞いていたので、ノートも。高いものではないしよかろう。

後はこれを送ることにするか。
が、最後に直筆で英文のメッセージを用意しないといかん。
ここが一番ハードルが高いぞ


さあこのエアメール・イベントの返事は来るのだろうか?
この針なしステープラーcool!極細ボールペンもゴイスだな!もっと送ってくれ!もっとだ!となったらまた面白い。無論、その際は「構わんが、俺はカスタマイズカラーのiPhone4sケースを所望する」とか、そういったやり取りになりそうだ。
経済の本態は物々交換であります。
サムはツンデレなので、なんだかんだで応じてくれるだろう、つまり、大丈夫だ。
posted by ぎゅんた at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Ltdtools.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

”おもちゃ”の福袋を選ぶ俺を尻目に、軽蔑した目をした姉と妹が”ファンシー”の福袋を購入した

どうやったん.jpg


文房具である。
普段何気なく使っている消しゴムであれボールペンであれ、実は海外では驚かれるほどのクオリティを秘めているのだという。

例えば、消しゴム。
海外の消しゴムは「高い・硬い・消えない」の三重苦の傾向が高いらしい。
我々にとっては幼少より馴染み深いMONO消しゴムが脅威の字消し力(消しゴムの「消す」能力の優劣を表す言葉って在るのだろうか)を誇る消しゴムとしてうつるそうである。
実際に目にした事はないが、外国人がMONO消しゴムをたくさん購入して本国に帰るという例は多いとのことである。自国で買うより遥かに安いだろうし、お土産感覚のところも在るのだろう。無論、基本性能が秀抜なのは言うまでもない。…よく定規で切断してスンマセンでしたと謝罪の気持ちがわいてきた。その罰かしらんが、消しゴムはプラスチック定規と一緒にしておくと化学反応でくっついてしまうな。

普段、机でまったく勉強しない学童の引き出しの中。
接触した消しゴムと定規君が、はて年賀状でも書くかと引き出しをあけたときにその惨事を目の当たりとするのである。ああ、俺だよ。文句あっか。定規使わない子だったからねテヘという言い訳はせんぞ。定規は竹の30センチのやつをランドセルに指すのがジャスティス。リコーダーほどの火力はないが武器にもなるのだ。
幼さゆえに残酷な一面をのぞかせる学童たちの社会の中、生き抜くには武器が必要だったのである。

しかし大人になったら絶対あのデカイ三角定規を買ってやる!ぼく、あれを装備するんだ!
木製の武器.jpg
※参考画像

と思っていたぼくらちみんなの情熱は何処に行ったのか。精神が止揚したのか。
大人になるというのは残酷なことだ。
みんなが子供の頃のままの心で大人になれば、我々の社会はもっと愉快で、楽しく、危険な(不安定な)ものになるというのに。
あんまこういうこと書くとアナーキストと思われるかも知れんからやめとくか。


文房具が武器になるとかいってると本とか辞書で殴られそうなのでこの辺にしておこう。
要は、日本の文房具は、結構海外でウケがいいぞ、ということである。

勿論

海外では文房具の質が酷すぎてボールペンでは字が書けない!消しゴムはパンくずよりも消せない!という惨憺たる状況にあり、文房具の質の低下が原因で教育が崩壊し、理性の箍が外れてヒャッハー肩パッドバギーの第3世界に成り果てているのが実情…
ということではない。質の高い文房具は勿論、ある。
が、単純に日本の文房具ほど低価格でも汎用性や利便性に飛んだ商品が少ない、ということである。
かけなくはない、消せなくはない、だからまあいい。
そういう感覚の土壌にあるのかもしれない。

でもそれは不幸なことである。
弘法は筆を吟味し、職人は道具を選定して大事に使い続けるのとおなじで、道具は質が高くなくては使い手を伸ばせないものだからである。
弘法筆を選ばず、というのは、プロにしてみたら適当な道具を使っても素人目には分からない仕事をこなす、という意味であって、実際には使用する筆には相当にこだわりを持つのは自明である。

粗末な道具を使って教育の陶冶を通じるよりも、上質な道具を与えるべきである。
鉛筆を持ち、動かして文字を書く練習をするときに芯がボキボキ折れていては子供は集中して文字を書く練習も出来ない。折れた芯を口に含んで友達に吹き付ける遊びを始めるのが目に浮かぶようだ。
文字を書くたびに皺ができて敗れるノートを使っていてははかどらない。癇癪を起こしてちり紙にしててしまうかもしれない。
「勉強というのは、つまらないものだ」と子供に悟らせてしまうことになるのである。


さてそんな日本製の文房具であるが、実際に外国人にプレゼントしたらどう反応するかとおもうと面白いものを感じる。
とはいえ、送る相手といえばLtdtools.comのツンデレ(ぎゅんた設定)のサムさんぐらいであります。
実際にiPad2case by ltdtoolsは役に立っているし、便宜を図ってもらった経緯もありますから、ここいらで感謝の念を「かたち」として相手にぶつけてやろうじゃないのと思うのである。
とはいうものの、Ltdtoolsの住所が分かりません。
注文したiPad2caseがEMSで届いたときに、アドレスが記載された用紙があったわけですが、その用紙が見当たらない。保存した記憶がおぼろげに在るのだが、実際に手元にはみつからない。ふうむ。

人生とは呼吸することではなく行動することであるとどっかのエライ人が言っていた気がするので、サムにメールすることにする。久々に英語を書くのはしんどい。最近サボりすぎ

hi Sam. I'm ぎゅんた.
Thank you very much for infomation of your Facebook.

Now.I wanna send you a letter(Air mail).

So,

It would be nice if you could tell me the address-Ltdtools.com

Very truly yours
画像添付
s_DSC00076.Jpg
こんな風に使っているぜというアピールである



直ぐに返事が来た。
やるな

Hello ぎゅんた,

It's Ryan here. thanks for the photo!!

Here's our address:

Ltd Tools
Ryan Glasgow
8415 N Edison St
Portland, OR 97203

Have a great day.

Ryan



サムではなくライアンさんからですね。
会社のアドレスですから、メールを開いたのがライアンさんだったのでしょう。
写真 11-11-19 0 30 01.jpg
※上の人物がライアンだ!下はサムだよ。女の子じゃないのよ。涙拭けよ

住所をコピペしてグーグルマップで検索かけると地図が出ます。
オレゴン州ポートランドの郊外のようですね。
随分とのどかな感じであります。少なくとも、五分間隔で爆発が起こるようなところではありますまい。

8415 N Edison St, Portland, OR 97203.Jpg
※Ltdtools.comは多分この建物
こんな異国の地からぎゅんたの手元に届いたのね…と思うと少し胸キュン

ところで、ちょっと視点を動かすと道路脇には…カッコいい黒のスポーツカーがいました。
8415 N Edison St, Portland, OR 97203(peri-view).Jpg
※こいつをみてくれ
GMのシボレー・コルベットのようです。
流石アメリカだぜ。 。yeah baby
大排気量大パワー車は、マッチョこそが正義!の象徴であります。コルベットはその頂点(なのかな?)。


つーわけで、感謝のメッセージを添えた文房具を送りつけてやる計画を始めようと思います。
まずは送りつける文房具の吟味から始めましょうか。

俺を捕まえられるかな ヒッヒッヒ… もしもし?
posted by ぎゅんた at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Ltdtools.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

"待"ってたぜェ!!この"瞬間"をよォ!! ギャギャリギャリギャリ(画像略)

main2.jpg


北陸マツダ野々市店に修理に出していたインテグラタイプS(かっこよく書くと:DC-5 TypeS かっこ悪く略すと:インテース)が戻ってきました。
ぶつけられたのが先月21日なので、いやはや月日が過ぎるのは早いものであります。

仕事が終わった後、棍棒(携帯電話)に「直ったからいつでもいいので、代車もってきてや。交換やで」と連絡がありました。
うひょーっと小躍りして、翌日の昼休みに対面ぞと赴いたわけです。
インテちゃんが恋しいからです///
これで代車のデミオちゃんとはお別れ。
悪い子ではありませんでしたが、それだけです。
ですので、あまり分かれ惜しむ気持ちはありません。

これがド変態マツダスピード・アクセラだったら話は別ですが、あんな「試乗のたびに事故られてちゃいくら用意しても足りねーよ。もう試乗禁止!」と上からの指導が入るようなMT限定免許専用車輌を用意するほど代車家業は甘くないわけで。
普通、代車はワングレード下と相場が決まっているのであります。

しかし正直、マツダならロードスターとかRX-8を平気で代車で用意してくると思っていた…とここに記しておこう。

返却時には代車のガスは満タンねルールがあるので、もしRX-8が代車であったとすれば実にガス代泣かせの展開になるじゃねえかといえばそうなんですけれど。
しかし、普段乗れない車を代車という形で味わってもらう。
これは、車というものを見直す機会となったり、車への新しい価値観を育てるアプローチだと思うんですけどね。

泣く泣く家族のためにミニバンに乗らされている結婚という奴隷契約制度の犠牲者であるパパにRX-8をポンと代車で出す。カッコいいじゃないかマツダ!

ZOOM-ZOOMでいくら武装して他者のミニバンと違う変態ハンドリングを与えようとも、ミニバンはミニバンの域を出られないのではないか。こういう箱系統は(今の)ホンダに任せておけば良いのではありますまいか。
マツダはZoom-Zoomで勝負するのなら、スポーティクラスに心血を注いで、このクラスを国内とわず席巻して欲しいものだ。それだけの底力はありそうに思える。

勿論、今すぐには無理だろう。
私にいい考えがある
車検や修理などで「代車を用意します」というシチュがありますが、ここでまず当たり前のようにRX-8やロードスターを提供するのである。カッコいいぞマツダ!
えーミニバンじゃないの〜なんていう意見はカチ無視。
「これしか用意できませんでしたので…」と弱気姿勢に見せかけたゴリ押しで攻める。
代車があるだけいいか、軽でもないし、とでも思わせればSucsess。
なんだかんだでママも子供も大興奮となるのは間違いなし。結局、みんな箱は車と思ってないのだよ。
車もてる.jpg
※これはマツダ車ではありません

運転するパパも普段よりぐっと格好よく見えちゃう不思議。深まる家族愛。
家族のための車はホンダ・エディックスだけにあらず。
喜ばれるのは間違いのないところだ。Just do it

箱車が大好きなDQNには用意したところで意味無なのは明白であるから、段ボール箱と平台車とガムテープを貸し付けておけばよいであろう。
しかし、そもそもDQN除けの魔法がかけられているマツダ車にはDQNは近寄らないようなので、これは杞憂である。

さてガソリンを満タンにしたデミオちゃんで北陸マツダ本店に向かいます。
インテちゃん待っててや ぶぉーん

カオス.jpg
※画像はイメージ

担当の方がお休みだったのですが、話は伝わっていたようで交渉はスムーズ。
「ご自由にお飲みください」の自販機で実に遠慮なく珈琲をバカスカ飲んで昼食代わりとし、待合の本棚にあるセスタスを読もうと手を伸ばしたところで、インテちゃんが車庫から出てくるのが見えました。

type-s_m05.jpg

ぶつかってできた傷、ボンネット左側のゆがみ、細かな顔の傷がなくなっていました。
フロントバンパーまわり、左ライト周辺が修理の対象部位のようです。
ナンバープレートも交換で(ひしゃげたが最後、戻せないらしい)、それの発行か登録かようわからん手続きで時間がかかってしまった模様。

修理には実質、一週間半ぐらいを要したわけでありますが、随分長かったなあと思っちゃうのが不思議のあっこさん。
なんだかんだで心の底ではインテちゃんが好きなんで離れ離れになりたくなかったんですね。
こう表現すると途端にホモ以外は帰ってくれないかチックですが、否定できないのでそういうことです。

しかし左側のライト部分が全とっかえになり、異常に綺麗に見えます。
元々のライト部分も反対側のライト部分も曇りくすんでいたことから、結果としてその差が嫌がらせのようにみえます。それだけの歴然とした差があります。
左側も新品に交換しないと恥ずかしいと感じるレベル。なんてこった。

修理を担当してくれたマツダディーラー氏も「流石にこれだけ差があっては…」と思っていたが、なにぶん保険で修理する以上、見てくれを理由に反対側のライトも交換!には出来なかったとのことであります。そりゃそうだわな。
これがロッテリアブランドとか高級外車であれば通用する理論かもしれんが、インテさんではごり押ししても「泣かせるオツム、ムーニーマン♪」と保険会社の侮蔑ともいえる反撃を受けるのは必至であります。

もし左側のライト部分も交換するのであれば、見積もりを出してみましょうといっていたので、お任せすることに。ある程度の出費だとしても、これは交換しないと不自然すぎる…


久々に乗ると、やはり着座位置が低く落ち着きます。前後を調節。
車内が揮発性芳香族の匂いがするのは接着剤か何かを使ったからだろうか。
匂いだけは、新車っぽい雰囲気に思えなくもない。
ルームミラーがやたらにかたがって(注意:斜めになっている、傾いているの方言)いたので正します。
俺は帰ってきたぞ。そんな気持ちが沸々とわいてくる。久々に座っただけなのに、気持ちが昂ぶる。そのくせに落ち着く空間だと身体がこたえる。
OVAの戦闘妖精・雪風にもありましたね。雪風のパイロット深井零が、雪風のシートに座って心底リラックスしているシーンが。
ぎゅんたはインテを親友や相棒のように心底信頼しているとか、そういった倒錯めいた想いまではありませんが、もう当分ずっとインテでもかまわない、ぐらいの愛着はもっている。
これも、再開したときに沸きあがる喜びが気づかせたのであった。
「人はなんでも、失って初めて気付く」とは実によく言ったものだ。

過去の
・スピードが全然足りねえぞ、もっとパワーをよこせ!
・ブレーキがきかねえよ!事故ったらどうしてくれる!

この二つの不満という既往は、スピード狂のGhost(?)がわが身を傀儡として利用し果て、成仏した今となっては問題とならない。
そもそも日本国内で、常時リミッターカットさせんの?という速度を求めるのであれば、殆どの車種で上の不満はでるだろうそれは。
スピードリミッターが250kmとかのガチ外車を買えば、速度もブレーキもばっちぐぅで話は別だっただろうが…現実は非情である(買えるかボケぇ)

190865-ghost.jpg
※成仏したGhostのイメージ(COD:MW2)

うむ…真に恐るべきGhostだったわけであります。
今は天国でなにをしているのか知らんが、俺があの世に行ったときには、もてなしのひとつぐらいはしてもらいたいものだ。
間違ってもツルハシを地面に擦らせながらバイクで迎えに来るようなマネは勘弁願いたい。
ぼくたち、友達になれそうだったのにエンドは切ない。


まとめ
ぎゅんたはインテタイプSを溺愛しているようです。


興味のある方はインテちゃんの魅力を探索しましょう。
ん、これはメーカーの特設サイトのようだぞ。


その他、所有して気付いたことや役に立ちそうもないアドバイス。
購入を検討される方の一助となればアタシ幸せ。吹けば飛ぶような瑣末な情報でもうまい棒で吹き矢の刑。

・任意保険料がType-Rと同じDC5なので(巻き添えを喰らってしまって)バカ高いですが、30以上のおっさんなら、20代価格よりは幾分かマシになります。

・スタイリングはシンプルで美しい感じにまとまっているんではないでしょうか。シンプルな美しさはホンダのデザインの美点。今のホンダデザインは知らん

・ブレーキの利きは、この手のスポーティ車にしては弱いです。ただ、CR-Zのようにカックンブレーキにはなりません。無論、ただの個体差かもしれんので、購入時にはチェックしましょう。

・インテリアは実にシンプル。マジにシンプル。本当にシンプル。こめかみはディンプル。カップホルダーも小物入れも、どう比較しても少ない。だがそれがいい!!(にやっ)という方はどうぞ。

・ライト点等時、インパネは赤く光ります。シフトレバーのインジケータも赤く光る。まさに赤まみれ。Audiみたいにインパネが赤なのがタマランハァハァな方はどうぞ。

・エアコンや純正ナビはドライバー側に向いて設置されています。ドライバーシートには囲まれ感が大切だという方はどうぞ。

・個体によってはサンルーフや革シートだったりする。ぎゅんたのはサンルーフなしファブリック・シート。座り心地はちょっと硬いが、長距離はそんな苦に感じない(三代目デミオ他コンパクトカーと体感比較して)。

・電動シートなわけがない。そんな装備は重いからいらねえ、自分で調節するわい!な方はどうぞ。

・飛ばす車ではありませんが、そこそこ飛ばせます。そっから先は自己責任。

・トランクは始めてみた人の9割はビックリするぐらい広いです。意味もなく開けて驚かせるという子供じみた遊びも可能。開口時のダンパーの音もかっこいいぞ。

・リアシートは身長175cmの大人もある程度長時間座っても大丈夫です。閉所恐怖症の方には厳しいとおもわれます。狭いところ大スキーな人は自分からシートを倒して後席に乗り込んでくれることでしょう。助手席は広いので快適(らしいです)。

・後部座席では直射日光が喉頭部、及び、首筋を直撃するので夏場は注意しましょう。うりゃっ暑いぞ!といって友達が根を上げるのは必定。寒がりな方はどうぞ。

・日産車と富士重工業(SUBARU)車に煽られる。TYPE-Rではないので舐めてかかってくるのである。撒菱ボタンや地雷投下ボタンはついていないが、テクニック次第で翻弄することは可能である。日産車・富士重工業車とのバトルは俺に任せろという方はどうぞ。

・燃費は

わんこも暖かいところがすきさ.jpg
※執筆者は寒さに負け布団に逃げ込みました
posted by ぎゅんた at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DC5 インテグラ タイプS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

プラトンはさておき ソクラテスは

写真 11-11-16 14 21 49.jpg


いつもは必要ないが、不意に必要となるのが免許・登録証の類であります。
運転免許証や保険証のように、普段に持ち歩く機会の多いものは別。
調理師免許とかそういった類のものです。
そんなもん普段持ち歩きません。就職のときとか更新のときに必要になるのが関の山。
しかし紛失しようものなら都合が悪い。

てなわけで、こういった類は金庫に入れるなりどこか「大切なもの」専用場所に保管することになります。そして塩漬けにされます。
人の記憶は、反復のない情報はただちにDelete(デレて)される運命。
結果として、ふと必要となったときに「そういえば何処に保管したっけ?」となるわけです。
ばあちゃんが預金通帳を探し始めて、見つかった頃には晩御飯というやつです。ばあちゃん乙。

暗記⇒試験⇒合格⇒忘却.jpg

要するに、普段は糞の存在価値もない登録証が急遽必要になったのだが、案の定みつからない(≠紛失)という事態となったのである。即再交付手続きです。
しかしまかりなりにもお上から授かる形で登録証ですから、しかるべき機関に足を運ばざるを得ません。色気もそっけもない官然とした某ビル6Fのオフィス(薄暗く人気がないから幽霊ビルかとおもた。節電中だったのだろうか)にいき、事情を話して書類作成です。
メタボだけど人懐っこいおじさんがお相手してくれました。
棚からごそごそ記入用紙とボールペンをもってきてくれます。
で、名前とか住所とかなんで紛失したんや?欄を埋めていきます。

ボールペンの兄貴.jpg
…(あ、間違えた)

いつもながら自筆の汚さに半泣き。汚い字面に判子を添えて挺出です。おわり。
再交付されたものは勤務先に配送してくれるステキ仕様のようです。
オイ失くしたのばれるじゃねえか!こういう失態で信頼度が下がる危機となるのはギャルゲーに限らず現実社会でも同様であります。しかしあっちは会話パネルや選択肢次第で回避できましょうが、現実はそうはいかねえぜ。

ここはひとつユーモアで切り抜ける作戦をとろう。
ユーモアで人を笑わせられないとアメリカ人は社会人失格!でもぎゅんたは日本人のおっさんです。
それはさておき、人を笑わせることに労力を費やし、結果をもぎ取ってくる人は実に偉大だと思います。
つまりギャグ漫画家は神です。
え、芸人?
テレビは見ないので芸人は対象外の外です。すまないがテレビっ子はお帰りください

昨今の個人的神はメルヘン王子グリムの作者さんですかね。

ユーモアで切り抜けるためには、言い訳とバレバレだが、まあいいか、と思わせるのがコツである。

登録証を 紛失 してしまった !

このような場合は、小学校五年生の頃のK林君を見習うことにする。
冬休み明けの宿題を何故提出しないのか、皆の前で立たされ詰問を受けたK林君はこう答えた。
左義長(さぎちょう)で燃やしてしまいました」
即答であった。
クラスは静まり返った。
おれは笑い転げた。
だって、数日前にK林君と神社に行って左義長に参加し、互いに書初めを火にくべて灰を空高く飛ばす遊びに耽りまくってたのだから。
みんなの前で怖いスパルタ教師に詰め寄られるような崖っぷちにあってもなお、人を笑わそうとする彼の姿勢に、おれは初めて「ユーモア」という言葉を理解できた気がした。彼はいまもなお、俺にとって偉大な友であり続けている。

よし、この作戦で行こう。
燃えちまったもんはしょうがない。ミンスぐらいどうしようもない。ないものはない。ない袖は振れぬ。
灰は灰に、塵は塵に(earth to earth;ashes to ashes dust to dust)ってやつだな。


ちなみにK林君は先生に連行され、休み時間に帰ってきた。宿題を山ほど腕に抱えて。
posted by ぎゅんた at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常茶飯(ちゃめし)ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

俺は美女に惚れちまったダサ男とおんなじさ 振られても振られてもついてきまーす、ってな

have a view.Jpg


ホテル金沢の5階から金沢駅前を見下ろす。
昔の金沢駅と違って随分と立派になったものだ。
記憶にある昔の駅は随分とレトロな、低くワイドなコンクリの建物で、いかにも昭和でっせという感じでありました。それに比べれば現代風ですね。観光客の皆さんが喜んでくれる建物であればいいのですが。

さてまあここで午前中の講演会に参加して午後からはフリー。
知り合いと合流して、以前から行こうぜと約束していたコメダ珈琲にいきます。
VWポロの助手席に乗り込むぜ。
1速⇒2速のシフトショックを感じるが、それ以上のギアでは感じません。流石DSG
しかしこれ、ちょい前に試乗した新型アクセラのスカイアクティブ-ドライブと殆ど同じように感じるな。もう一度、新型アクセラに試乗して確かめてみたいものだ。乗り心地がそっくりな気がする…

コメダは名古屋生まれの喫茶店で、モーニングのサービス精神を掲げているようです。朝7:00から開店してます。
この知り合いの方が名古屋出身の方でありますので、ソウルフード補給サービスの意味があります。
やたらデカイトーストとハンバーガーを食って二人満足したのでありました。

お客さんが多いので、落ち着いた雰囲気で珈琲をすすりながら読書に耽る…という店ではありません。雰囲気としてはスタバみたいな感じでしょうか。あんなに注文が意味不ではありませんけども。
順番待ちしている人もおりますから、居座るとギルティ!となるかもしれません。
書斎・隠れ家として使う喫茶店は自分で発掘するしかないのであります。
ちなみにぎゅんたはまだみつけていません。
いくつかお気に入りは確保していますが、「心底」落ち着いて読書に没頭できるようなマイフェイバリット的雰囲気の喫茶店ではないのであります。
地道に探して生きますかね。
そんな直ぐ手に入るものが自分にとって価値在るものであるはずもあるまい。


ところで、女の人の運転は無軌道で怖いですね。
本当に回りの交通状況を確認・判断して運転しているのか不安になります…

自分のことは棚に上げてコノヤロー、とお思いでしょうけれども、余所見とかふらつき運転とか、車線変更・合流時のタイミングがやっつけにしかみえんとか、ウインカーを出すタイミングがディレイかかりすぎとか色々あるわけで。肝を冷やす瞬間が多いのはちと疲れるものがあります。
無論、散漫な運転をする田舎のあんちゃんやおっさんも一杯いますけど、結局それは「悪い人もいるけどいい人もいる」理論でしかないのでなんとも。

女性ドライバーは男性ドライバーに比べて「危険」度は高い、これは世界的な常識です。
こんなこというとフェミに殺されそうですけど、でも、俺は言うぜ。

運転が上手で全幅の信頼を寄せることのできる女性はカッコいいので好きなんですけどね。
身近にいませんなあ。
RX-8(6MT)に乗ってたりする人とかいたら最高。かっこよすぎ。感極まり失禁しちゃうの。
ヒモでも奴隷にでも、喜んでなります。
ほんでもって即結婚して、よーしパパ頑張ってママにプジョーRCZ(6MT左ハンドル)プレゼントしちゃうぞーとか約束しちゃうの。RCZはお洒落でカッコいい女性にぴったりですもの。ほんでパパは助手席で快適な乗り心地を堪能してニンマリ。
こういう愛もまたある。
posted by ぎゅんた at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ(なんでも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

サンルーフ!ルーフトップ!スカイアクティブ-ドライブ!

夢 夢を見ている
一方日本では3.jpg

夢で夢と気づいてよっしゃ明晰夢
好き勝手やってやるぜ!まずはAudiR8を目の前に召還して早速運転をだな…と思っても夢の内容がそのままオートメーションで続いていってR8が出てきません。おいどういうことだ。話が違うぞ
実物とか見たことないから脳がイメージを作り出せなずにうまくいかなかったのか。
でもそんなしょぼい潜在スペックじゃ、明晰夢にハマって現実世界との区別がつかなくなってあばばばな人が出ることにはなりますまい。現実世界で体験し得ないことを好き勝手味わえるからこそ明晰夢は明晰夢なのだ。寝てるくせに脳は休んでないから健康には良くなさそうだがな。麻薬と一緒なんかね。ヒトは快楽を追求すると健康を犠牲にする生き物なのかもしれんな。

ちなみに乗りたいR8はこれだ。
Audi_R8_V12_TDI_7204_1280x1024.jpg
限定モデルか特別仕様かなんかだったと思うので、ドバイの富豪とかしか乗れないんじゃないか。
日本じゃ幅広すぎるし速度出せないから宝の持ち腐れになりますね。いえ酸っぱい葡萄じゃありませんよ。

さて保険会社と連絡を取り合いへし合い、修理先をどこにするのか教えておくれやとのことである。
いま住んでいる家の近くであれば都合が良いが、軽自動車にエアロをつけたり下品な改造を収入の糧とするようなDQN向け板金屋は忌避です。タバコ臭くなって帰ってこられちゃたまらん。偏見?ああそうだよ文句あっかコノヤロー。

メーカー系ディーラーに直接行けばいいのでしょうが、ホンダにはもう愛着もないので別にホンダディーラーを選択する必要性も低い。次の車にはとミニバン・箱なんぞ薦められたらその場で即ブチ切れる自信があるから危険である。

そんなわけで以前試乗でお世話になったマツダにしました。近いし楽だしマツダ好きだし、修理を引き受けてくれるならお任せしよう。
どのみち10:0だしな。

写真 11-11-03 12 16 33.jpg
そんなわけで仕事休みに北陸マツダ野々市店にやってきたのだ。
インテちゃんと代車を物々交換ですね(その代車が昨日の記事のデミオタコメーターなし4ATであります。ちなみに色はシルバーなのでステルス機能が高すぎて駐車場で探すときに苦労します)。
といっても、この時点で11月2日なんですけどね。
連絡あってから代車まで12日を要しただと?
意外に時間がかかったものだな
フフフやつは保険会社の中でも最弱…
これだけ遅れるとはいい面汚しよ…

保険会社はここなんだって!仕事してn

なにも言うまい…無償で修理だしな。
しかし俺の手間と暇は犠牲になるだけかいなと少し悔しいものがある。

この日のことではありませんが、新型アクセラに少しだけ試乗もさせてもらいました。
ハッチバックではなくセダンのアクセラでした(SEDAN 20E-SKYACTIV/グラファイトマイカ)。

しかしアクセラというと変態紳士専用のマツダスピード・アクセラを含みハッチバックスタイル(ステーションワゴン?)が思い浮かぶので、アクセラセダンというのはなにかが引っかかる…
マツダには最強のセダンであるアテンザがおろうが。現行モデルは斜め後ろから見た姿が実にかっこよい。
SX4セダンみたいな日陰グレードになるか、ユーザーがアテンザと混同してパニックを起こさないか心配になる。
個人的にはアクセラクーペを出せというところだが、マイナー意見に過ぎまい…マツダスピード・アクセラクーペとか出そうものなら世の中の変態紳士たちが大歓喜しそうなんだがなあ。出んかなあ。

中に乗り込みます。
ピアノブラック装飾がアクセントのように光るのが上質でよい感じです。個人的には非常に好ましい。
シフトノブにもピアノブラックがあります。触れた感触が実に良い。やるな。
シフトレバー.jpg
※画像は
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

マツダはインテリアが弱いとはもういわせねえぜという印象です。
夜間の試乗だったので、当然ライトをつけるわけですが、インパネ周りがオレンジ色なのも◎。オレンジは目に優しいので視認的によし。もともと暖色系が好きというのもあるが。
各チャネルもセンスよくまとまっているのではないでしょうか。
interior_gallery_pic_03.png
ただ、青色のイルミがメーター周りその他にあるのがちょっと…
一般的には美しく精悍な印象に映るかもしれませんが、個人的に青色LEDは嫌いなので残念。
これほど下品ではありませんが…青色は目にちらついて疲れる気がする。
 ↓


新搭載のスカイアクティブ-Driveはどのようなものなのか。
トルコンオートマCVTのいいとこ取りをしてデュアルクラッチのように仕上げたATとのことである。変則ショックが少ないけどダイレクト感もあって燃費が良いとかそういうことだろうか。CVTには乗ったことが殆ど無いので、どこまで評価できるか怪しいものだが、感じたことをそのまんま評価にしよう。デュアルクラッチは、一応はVWポロに乗ったことがあるので体験済みである。
ちなみに、以前ポロをディスりましたが、いまはディスりません。VWさんごめんなさい。ポロのコンパクトカーとしての完成度は高い、間違いないと実感しました。

デザインが気に入って、小さな車が欲しくて、ちょっと車にお金をかけても良いわ的な女性には文句なしです。金かけないならマーチかパッソなんでしょうが、乗り比べれば雲泥の差です。その戦闘力には彫刻刀ドスぐらいの差があります。
日本車贔屓なんであまり認めたくない心情がありますけどね。ううむ。

さて、着座位置とステアリングの位置を調整・確認して発進です。
ブレーキから足を離せば普通にクリープが利きます。
アクセルを踏み込みます。スロットルの調整で、出足だけを鋭くしたような「加速感があるお買い得モデルと思わせる」小手先調整がしてあるかと思ったが、していませんでした。nice
そのまま巡航速度まで加速しましょう。
1速⇒2速は変則ショックやトルコンチッキーを感じましたが、それ以降は殆ど気になりません。
ただのオートマとは明らかに違う感覚です。右足から伝わるただ事ではない感。
トルコンロス?スリップ?の空転しているような感触が全然ありません。ポロのDSGと同じような感じです。
ポロユーザーに「これもDCTなんですよ」と乗せてみても気づかれないのではないでしょうか。
ただのトルコンオートまでは無いことは誰でもわかると思いますが。

そしてこれ、さり気に6速ATなんですね。段が多ければえらいわけでもないと思いますが、普通このクラスはせいぜい5速オートマですから買い得感・高級感が得られましょう。巡航用ギアとわかっていても6速MTだと嬉しいのと同じ感覚です(その分重くなりますが)。

乗り心地も、もともと2代目アクセラは15Cモデルでさえゴイスな乗り心地でしたから、もうそのまんまです。同乗者はかなり快適なんではないでしょうか。たいてい同乗者にやさしい乗り物はドライバーの取っては退屈な傾向にありますが、このアクセラはそんなことはない。
無論、ぶっ飛ばしたりの急加速や峠を2速3速で走り抜ける目ん玉三角ワインディングドライブだと同乗者が悲鳴を上げると思いますが、そのような用途の車ではありますまい。
そのような用途のグレードとして、しつこいですがぎゅんたはマツダスピードアクセラ・クーペを切望しています(ディーゼル仕様・海外版でださんかな?海の向こうなら売れるんじゃないですかね)。

フロントマスクをはじめとするデザインも、アクがすこし引いて馴染みある感じになりましたから、どんどん売れていって欲しい車です。個人的には前のフロントマスクのほうが好きですが、空力や世間の評価を考慮すると現行デザインが正解だと思われます。
安易にハイブリッドに走らず、従来からの技術に磨きをかけて勝負するマツダがステキ。
マツダはちょっと…とか思っていた層の人たちをどんどん獲得していってもらいたいものです。結果としてマツダユーザーが増えればDQNも減る傾向になると思われますので、世界平和のためにもどんどん売れて欲しいものです。
そしてその時こそ、マツダ最強のフラッグシップモデルとしてRX−7が復活するのである。
熱すぎるぜ。

まとめ
ぎゅんたはマツダを応援しています
posted by ぎゅんた at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ(なんでも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぉー、これはいい代車だ。 ビデオもありますよ 本当か!

あら奥様またですの.jpeg

代車生活である。
マツダ・デミオちゃん(三代目・前期型・13C)です。4AT。
写真 11-11-03 13 35 13.jpg
レンタカーなんで「わ」ナンバー。タコメーターがありません。本来あると思われるところに蓋がついて隠されています。それぐらいつけろと。
営業車グレードというやつなんでしょうかね。必要最低限で荷物載って走ればOK的な。
レンタカーでありますからナビとETCはついています。

ステアリングはパワステが利いてて軽くてビビる。インテSはこれに比べれば重すぎるかもしれない。KAWASAKIに慣れ(馴れ)ちゃうと他社のバイクが軽すぎて頼りなく乗れなくなる(らしい)のと同じで、ステアリングの重さもある程度重いのに慣れちゃうと軽いのは不安になってしまうのであります。いやそう、カワサキのバイクは重たいってことです。重たい!頼れる!でも速い!不思議!
カワサキだと?.jpg
朝起きて男の子のシンボルが無くなっていたらきっと(股間あたりが)頼りないと感じると思うの。うむ、まさしくそんな感じだ。俺はステアリングは重めが好きなのだ。
これでは「片手操作で運転楽々、オートマだからタバコも携帯電話もいじりながら運転できるZE!イケテル俺様(ドゥムドゥム♪)」とDQNが大喜びしてしまうぞ。
タコメーターをつけなかったのも、インパネ周りにスピード計以外の情報を提示するとDQNが知恵熱をだして事故るからつけなかったのであろう。
見損なうぞマツダ。DQNに好かれないのがマツダ車ではないのか?DQN避けの魔法をかけているのではないのか?
あ、フット式ではなくサイドブレーキだ。えらいぞ。フット式なんざガッシャ殴りで粛清してやる!クラッチと間違えるだろこれは。日産とかトヨタだけがやってりゃいんだよこんなの。ウォークスルー(笑)

ウインカーを作動させると、いつものマツダ車の馴染みのウインカー音です。
一休さんのとんちのときの効果音とでもいいましょうか。似てる気がする。嫌いな音ではありません。

運転はコンパクトで取り回しがきくし、車体が先代に比して−100キロの減量に成功していますからキビキビ感がします。ZOOM-ZOOMを体現しているといってよいと思います。
代車なんであまり回すことはしませんが、不満もなく借り倒すことができそうです。

でもなぜ代車を?
車の故障?罰ゲーム?新車買うの?
写真 11-11-03 12 55 51.jpg
※いま欲しい新車のイメージ(プジョーRCZ

お忘れですか、事故ですよ事故(しらんがな)。
こっちが駐車しているところに前からゴンの保険的には10:0のもらい事故であります。
これだけ聞くと大勝利の予感でありますが、軽度の接触事故であります。
知っている方はおわかりでありましょう、10:0でも得することは何も無い当てられ損というやつです。へこんだ、修理してもらった、それだけ。おわり みたいな感じです。

事は先月の21日(土)19:45分頃。
地元のコンビニで友人二人が立ち読みにいそしんでいる間、ぎゅんたは車に戻って運転席でiPad2をいじり調べごとをしていたのであります。メールチェックとか行き先の場所のルートの確認などですね。
ふと前を見ると、ミニバンがバックしてきます。
なんか速度が速いが、こっちいるの見えているんだよね・・?
おいおい、ぶつかるぞコレ(洋画的表現をすると外人が"...Hey,hey,hey!!"と叫ぶシーン)!
ゴスッ うぼぁー
うわー.jpg

たいしたこと無い接触なんですが、1tの鉄の塊同士の接触には違いありませんからそれなりの衝撃であります。
接触するのが避けられないものと判断できて対ショック姿勢をとれたことが幸いし、ムチ打ちにはならずにすみました。なったらなったで治療費が出たのかもしれませんが、いまの仕事に支障が出ますし、健康でなくなるということは耐えられぬ不幸、出なくて何よりなのです。

さて困った、軽度とはいえこのような事故に遭遇するのは初めてのこと。保険会社に相談するものなのか、警察を呼ぶべきか?慣れぬ事態に狼狽はつき物、どうしたものか数秒間逡巡しておりますと、相手の車からドライバーが降りてきました。
あーぶつけちゃったーと言っているのは主婦です。
少なくとも当て逃げするような人ではなさそうです。当て逃げしようものなら追いかけて小一時間問い詰めてムチ打ちになったぞどうしてくれると全力モードに入らなくてはなりません。無論、警察を呼んで社会的圧力も加えることになります。そんなことをしたところで気分が良いわけがありませんが、当て逃げをするDQNであれば話は別です。地獄のそこまで追い詰めろ!
おいかけっこ.jpg

もっとも、このような事故に遭遇したのは初めてですから、たとえ相手がそのようなタイプであったとして、実際のところ、果たして実現できたかは確信が持てませんが。多分できんだろうな… コンソメ…

さて、ぎゅんたも降りて相手と顔合わせします。
人のよさそうな主婦と子供二人です。
接触の事故を確認の上、お互いに怪我が無いことを確認します。
ここですかさず念書を取り出…すわけはなく、まずは保険で弁償することになるのでと連絡先を交換します。旦那さんと相談するそうです。ごもっとも。子供も二人いてちょっと不安そうな顔をしています。その前であーだーこーだと話し合いをし続けるのもよろしくはなかろうと思いました。
メモにこちらの電話番号と、名前、住所などを書き渡します。それでひとまずおわり。

本来は警察を呼ぶべきだったんでしょうが、ちょっと車体に傷が入った程度のことだったので呼びませんでした。あとで保険会社からは「確かに軽度の接触程度であれば、警察を呼んだところで「あとは保険会社さん同士で…」と放免になることが多いのですが、現場の検証が後に必要になったときに面倒なので、呼ぶようにして下さい」見たいな注意を受けました。そりゃそうですね。すまんこってす。

正直、接触による被害の程度がたいしたことも無かった(そのときの見た感じでは)ので、示談でかまわないと思っていました。お互いに怪我も無かったのがもっとも良かったと思いましたし。
他にも、そのときは以前記事にも書いていますが、スピード違反で捕まると同時除霊(?)の件があり、命があることがもっとも優先されるのである的境地だったのも影響していましょう。
結果としては、相手が常識にあふれる善良な方だったので、示談ではなく保険で賠償してくれることになったのであります。

任意保険に加入していることなど、このブログを読む人であれば至極当然のことでありましょうが、世の中には「たけーから」「保険?入ってんよあたんめーだろ!エヘン(自賠責only)」「ぽーっ(口半開き)(答:無免許)」「保健体育だけは良かったんや」等、かいてて半泣きになりそうなド低能がハンドルを握り、鉄の塊という凶器を振り回していたりするのもまた事実だからであります。

初めての事故がこのような相手であったことは、事故の初体験(///)としてはかなりの幸運といえましょう。これがDQNだったら、よくわからんで相手に翻弄されたかもしれん。
世の中は戦いだ!
自分から奪うことは無くても自衛は必要なのだ!
無防備マン無防備宣言をうたうサヨクは帰ってくれないか!
戦いが始まるとき.jpeg
※画像はイメージ

さて明るいところでマジマジと車体を眺めますと、傷だけでなく、エンジンルーム周りが歪んで隙間が生じていたりヘッドライトが後上方に押されるようにずれていたりしたので、示談で修理というわけにはいかないレベルでした。一見たいしたことが無くても「結構イッてる」ものなのですね。
二度と勘弁ですが、このような事故に再度遭遇した場合は冷静に対応できそうです。

何事も経験とはよくいったもの。
学生時代の避難訓練も、しておくとやはりもしものときに効果があるのです。校長先生か消防署の偉い人が「みんなが集まるまでにX分かかりました。実際だったら死んでいます」のXの数字を当てるイベントではないのであります。
そもそもシティボーイでないぎゅんたはハンカチを持たないので、「実際」のときは煙吸って死にます。

どうせならバケツの水を頭からかぶって火の壁を通り抜けさせる訓練とかもすればいいのに。アスレチック的妙味ももたせないとガキがだれちまうぞ。
ジッポのオイルとか派手に燃えるけどあんまり熱くないから、火傷にもなりづらいし使えると思うんだけど。PT(SD)Aがうるせーから無理か。ふぁっきん


とりあえずこの辺まで書いてうpうp
眠たくて瞼がキッス
眠たい欠伸がとまらん.jpg
※執筆者は限界が来たので寝てしまいました
posted by ぎゅんた at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ(なんでも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

透明なガラス瓶に入った水飴とおんなじだ 色がついてなきゃ空瓶と思われるぜ


tina2.JPG


実家に帰って自室の掃除をしていますと、結構昔懐かしいものが出てきます。
昔読んでた書籍や漫画、CDサントラとかゲーム実機+ソフトです。
大晦日・大掃除のときにふと出てきて(懐かしさについかまけて)作業の手を止めせせてくれる悪魔のようなやつらでもあります。

ちょいと黄ばんでしまったSFC本体とソフト数本がはいった紙袋を発見しました。
エリア88とかff6とかラッシングビート、初代熱血硬派くにおくん等がはいっています。中学校の頃のでしょうか。実に懐かしい。
ROMカセットのセーブデータは、電池が切れると消えちゃうのよと聞いていたものですから、ff6のデータが消えていたりするのだろうかとふと思いました。
隣の部屋には地デジなんざカチ無視のブラウン管テレビがありますので、早速連結して動作確認をしてみましょうみましょうガハハ確認だ。

カセットテープは本体に差し込む前に誇りを飛ばすんだ!フーッ(息)

(オープニング)
せーがー

おお、映った。こりゃ実に懐かしい。
セーブデータ残ってんのかな?

あ、のこってるぞ。やるな。
かすかな記憶にある、ラスボス直前のセーブポイントです。
うろちょろすると敵と遭遇します。
ああ、こんなゲームだったなあ。実に懐かしい。
セッツァーの名前がセッツァーノになっているのはなんだこれ。
昔の俺にはイタリア人に見えたのか。いやたしかに見えるが…
と思ったらマッシュさんの名前がマッシュルムになっとる。
思い出したが、マッシュルームと入力して、6文字制限を受けてーが削られてマッシュルムになったのだった。懐かしすぎる。脳みそがシュワシュワと攣縮して過去の記憶が湧き出てくる感じだ。
こうなるとタマラン、電源を入れることになったのも何かの導きに違いない。セーブデータが消えていないのはセーブ機能もばっちぐぅ(死語)な証拠だ。
15年の歳月を経て再プレイをしようぞ。
大人(おっさん)になったいま遊ぶことで、新たな発見や感動もまたあるはずだ。

house.jpg
※ぶっ通しプレイ中のイメージ

…こうして、久々に始めたFF6ですが、予想外に熱中してついクリアまでしてしまいました。
実家に帰ったときぐらいしかプレイできませんから、畢竟、一度始めたらほぼノンストップです。超没頭。時を忘れてハマれるゲーム、やはり面白い。

shadow0193.jpg

無論、仲間を全てそろえての大団円エンドです。
魔大陸から脱出するときにシャドウさんが来てくれるか心配でしたが、ツンデレなセリフと共にギリギリ現れました。
FF6は好きにパーティ組んで遊べる展開が多いので、お気にのティナ・シャドウ・リルム・ゴゴの4人を中心に進めます。
この子たちはとにかくドット絵が可愛すぎるので見ていて和みます。
ティナさんがキュート過ぎて頭おかしくなりそうです。座り(しゃがみ)ポーズがお気に入り。
戦闘開始時にリルムさんが笑顔でこちらに手を振ってくれるのも実に可愛いですね。いえロリコンではありませんよ。
まったくもって、キャラのドット打った人は天才なんじゃないかと思われます。

おどろき.JPG

FF6はとかく音楽が良い作品だと有名でございますが、やはりドット絵の素晴らしさについても言及されなくてはなりません。
端的に言ってキチガイレベルです。ガデュリンと同じような芸術性(というか狂気)を感じる。
キャラ画像に限らず、背景等も実に細かく、良い仕事をしています。
1994年の作品だというのに、いまだにプレイしてその美しさに感動するのだからホント素晴らしい。
迷いの森に足を踏み入れたとき、昔受けた感動を思い出してしまった。この辺の感覚は成長しても変わらないものなのか、時を経ても受ける感動の感触は不変ということか。

シナリオも大筋以外は忘れていたが、おっさんになったいま改めて伝わるものを感じる。
リルムさんがシャドウの娘だというのは知りませんでした。まさかリルム初期装備の形見の指輪をそうびできるとは。
昔の俺は、シャドウの夢イベントその他を特に気にも留めず遊んでいたのであろう。
愛だの家族の絆だのハイハイ、と思っていたに違いない。若いのう。
そいやラスボス戦前にみんな守るべきものについて発言しますが、シャドウは「友と・・・家族と・・・(だったかな)」というんですね。
友って言うのは、プレイヤーキャラじゃなくてビリーのことで、家族というのは、リルムのことでしょう。明確な描写はなかったが、リルムはともかくシャドウはリルムが自分が(村を去るので)棄てた娘と気づいていたようだし。
しかしまさかエンディングで自殺する道を選ぶとは…
修羅の道を極めるのではなかったのか。俺は泣いた。

seane0023.jpg

娘よりビリーへ(の贖罪)の気持ちの方が強いというのは、ちょいとリルムさんがかわいそうです。
悪夢に出てくるビリーを見ていると、どちらかというと逆恨みに近いと思うのだが…
夢を見るたびにビリーに責められうなされるものだから「自分は親友を見殺しにした」ことを一生の悔恨として悟り気が触れていたのかもしれない。
…それか、実は魔法に憧れる純粋な性格をしていて、世界から幻獣と魔法が消失してしまうことに厭世したのかもしれない。使いもせんのにシャドウの魔法欄は充実させてたし。実は魔法大好きだったのか。

しかしちょっと解せないのは、エンディングで脱出時にシャドウがいないことをパーティメンバーの誰も気にも留めていないことである。魔大陸脱出時には「シャドウが気になる…」と待ったのに、あんまりじゃないか。仮に「俺は脱出しないからかまうな」と伝えていたにしろ、あまりにもアッサリしすぎで、最初からいなかったような扱いをうける。そういえばそんな人いたね、というような別れ方である。それが似合うのは「いつかのメイン」の柳生竜二さんだけです。いや、シャドウの中の人のイメージは柳生竜二さんなんですけどね個人的には。
礼は尽くしたあ!と一撃の刃を投げてラスボスにトドメをさすのがジャスティス。

え、わからない?という人は水穂しゅうし先生の「いつかのメイン(全8巻)」を読みましょう。
絵柄や内容はちょいと個性的ですが、知っていて損のない作品だと思います。
入門用(?)に「創造主の罠(上・下)」がありますので、こちらをオススメします。読んでバッチリならいつかのメインも読みましょう。

…というのも、掃除していたらこの漫画が出てきたので読み耽っていたということです。

ぎゅんたが高校生ぐらいのときの漫画ですね。また懐かしからずや。
暴力描写や性的な表現が結構きついので、当時はあまり他人に薦められなかったんですよ。
でもいまは大丈夫なんでオススメしておきます。
スズキ・刀やホンダ・CR-Xなど、時代を感じさせるマシンも登場しますよ。
ハワイ留学編の柳生竜二さんがカッコよすぎです。


まとめ
部屋の片付けは犠牲になったのだ…


↓お気に入り

崩壊後の世界のサウスフィガロで流れたときに心底ほっとしました。

PS版だとムービーが流れるんですね。やるな。
音楽は劣化しているらしいですが…
posted by ぎゅんた at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | レトロゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする