2011年07月28日

Make us whole again.

Ipad2にはアクセサリーとして、ケースおよびカバーが存在します。
画面を保護するフィルムもあります。
誰しも剥き出しの状態では持ち運ばないであろうし、また「個性」を発揮したいからであります。

誤解なきように説明せねばならないが、これは個性を勘違いして髪を染めたり教師の言うことを聞かず集団生活を乱す悪童〜田舎のあんちゃんの行為とは同義にあらず。
まずiPad2があり。さてその上で、使用者のスタイルに合わせたケースをどのように選び、楽しむかである。聖書の「はじめに言葉があった」と同じようなもんです。いえ全然違うと思います。

ぎゅんたのアイパッドは100満ボルト金沢本店で購入(契約?)したのでありますが、そこにもケースは売っていました。アップル純正とかそういうの。
いわゆるお風呂の蓋や、まま上品なレザーカバー風味のものであります。

しかし、どうも食指が動かない。持ち前のへそ曲がり根性が爆裂したわけではござらん。欲しいのがないのであります。
こうなれば待ち人来るまで待とうの精神。
ビリッとくるものが見つかるまでなにもつけず、すっぴんでいこうと考えました。

実用性も素っ気もない、味気ないビニールのケース、いわゆる初期状態のものです。
まあこれでもモニタや本体にキズはつかないし操作もできるので構わないのですが、流石にくたびれてきました。ビニールがカパカパです。
また当然ながら、防御力がないに等しいのであります。
弱点の腹部(モニタ面)をさらけ出したままでありますから、踏んづけようものなら即昇天は必定。
そう考えると、やはり早急に、保護のケースが必要であろうと思い至りました。

なにかいい感じのものがないかと電脳虚数空間(ネット)を彷徨っていたところ、アメリカはサンフランシスコでDODOcaseをみつけました。

メタル製ではないので、防御力や(見た目の)火力は低そうですが、装着するとまるで洋書かノートのようになるのに惹かれました。モレスキン風を謳っているので(多分)軽量です。本棚においても不自然じゃないのがタマラン。

メタルのやつも心惹かれたのですが、やはり温かみのあるデザインがよかろうと思いこちらにしました。
ちなみにメーカーのホームページにいっても、iPhone用のメタルケースしかないのは何故だろう。
質問があったらメールしてくれ!とあるが。ハテ?
黄色と金属のコンビネーション…となるとこれ(↓)が思い浮かんで、瞬間、血湧き肉躍るの境地となった。

…が、重そうだし温かみがないので今回はパス。
いや英語でのやり取りがめどいとかではないぞ多分。


ちなみに日本ではXBOX360でDeadSpaceは発売されていない。DeadSpace2も同様である(wiiのやつはちょっと内容・毛色が違うので除外)。
内容がショッキングだの暴力的だのあーだこーだと。ハイハイ ゲーム脳ゲーム脳

しかし、仮に発売されていたらいたで「恐怖の頂点へ」とか謳っている"お前ココおかしいんじゃねえか (AA略)”なあのゲームが大コケになっていたのはいうまでもない。作品として格が違う。

DeadSpaceこそ、まさしくバイオハザードではないか。
バイオ5はなぜあのような方向性にできなかったのか。
6だ?いらねえよボケ。いつまで焼き増し商法してんだ。モンハンであこぎな課金商売やって中毒者から金を吸い上げて悦に浸ってろ。


結論:DoDoCaseに決定ダ
さあ決まったら買いましょう買いましょう。花子さんと太郎くんが言いましたマル ガハハ

しかしネットでお買い物といっても、まずAmazonにいってしまうのが悲しいところ。
日本人なら日本企業を使いたいところだ。尼は(当たり前だが)は利益を米国に持っていってしまうからな。140億円脱税疑惑もあるしな。

しかし

あのサイトはケバケバしく下品でなにより信用ならないので論外。
本を買うならここがええと思っているが。


このドードーケースは通販で買うことにしたワケだが、検索をかけるとアマゾンか楽天で買わされそうになり狼狽。これは困ったぞ。すわ円高やし直輸入か?の考えがよぎる。
しかし、ありましたありました取り扱っているサイトが。直リンク張ってもいいと思うので張りましょう。実際、そのページから申し込んだし。

DODOCASE モレスキン風 iPad2専用ケース【送料無料】【代引不可】 全8色

さて申し込んで安堵こいてたぎゅんたは一つミスを犯していた。
それが後にとんでもない惨事を引き起こすことになろうとは、誰一人として予想だにしていなかった…

という大仰なものでは、勿論ない。
色を間違ってしまったのであります。

カバー(外装)の色と思って選択したカラーが内装の色だったのだ。
つまり「内装は赤色か。ほんじゃ外装は黒がいいな、チャコールにしよ(2秒)」⇒オーダー送信
としてしまった次第なのです。
モレスキン風、とあるので、外装は黒なんですよ。
おっちょこちょいというか、脊髄反射して生きているというか、少しは落ち着けと。結局、このサイト様(こまもの本舗)に迷惑かけることになるのであった。

さてDoDoCaseの紹介やこまもの本舗様と交わしたやりとりについても書きたいネタがあるのだが...これはまた別枠で紹介したいところだ。
posted by ぎゅんた at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

外人のNA(Natural Aspiration)離れ

何気なしにネットでランエボについて調べていたら、こういう記事が
http://response.jp/article/2009/05/27/125154.html
こいつはまた豪気なモデルですな。

エボ]自体、狂ったパフォーマンスを有する車だったが、外人にはまだ物足りなかったのであろうか。
別に深読みせんでも、英国といえばパワー厨だから、とか伝統だからとか、そんな理由でよかろう。だってイギリスだし。
エボといえば(ライバルに)インプだが、これもコスワースチューンのハイパワーモデルがあったハズ。
ああ、あった。これやな↓
http://response.jp/article/2010/03/31/138497.html


マツダスピードアクセラやランエボのようなターボ前面ハイパワーモデルは外人に大人気!とは耳にしていたが、真であったか。

というか外人が単にターボが好きでいてもたってもいられない種族なのかもしれん。
シビックとかターボつけて500馬力とかしちゃうし。もっとやれ。俺もまぜろ!

(音量注意)

そういえばホンダのメルマガで「CR-Zから新しい提案がある8/1まで待てや」とあった。これは何を意味するのか?予想される成り行きを想像(妄想)してみよう。

1.CR-Zは「スポーツカー」ではありませんでした。勝手に言ってただけですテヘ。反省したからCivicTYPE-RのK20Aエンジンを積んでIMAを取っ払ったタイプR仕様のCR-Zを出すよ

2.CR-Zは皆様のご支援があり「ハイブリッド・スポーツ」という境地を拓く事に成功いたしました。本当にありがとうございます。ホンダは今後もハイブリッドスポーツを邁進していく所存です。次なるハイブリッドスポーツはNSXです。IMAを積んで云々

3.クリアテールにLEDは眩しいしプリウスみたいだからやめるぜ。リアのデザインも刷新しました

4.CR-Zはパフォーマンス不足だいとうので、HKSがやってたみたいにスーパーチャージャーをつけたぞコノヤロー

5.北米版CR-Zを円高還元で輸入したぞ。2シーター左ハンドルだけど安いぞ買え

6.CR-Zのハイブリッドスポーツの成功を受けてホンダ車オーナーを対象としたミニイベントを開催するど

7.ミニ四駆のシャシーにピンバイスドリル軽量したよろしく、CR-Zを軽量化しました。そったら何気にビート後継機(仮)っぽくなり喜事。今後、これを発売する所存である

8.インサイトをぶった切って短くしたら5ナンバーのCR-Zっぽくなってワロタ

・・・こんなとこ?
ぎゅんたの恣意的な願望順であるのはいうまでもない。
パワートレインの改善の線が濃厚だと思うが…噂のAdvanced-VTECを搭載してくるとかだったら熱いね。
次期VTECというからには、やはり「走り」を期待させるモデルに積まないと、ミニバンメーカーに成り下がったと嘆くホンダファンの溜飲を下げられず離反を招いちゃうもんね。


しかしエボ]はかっこいいな。控えめな吸気ダクトがたまらん。
世に聞く「ガンダムルック」というのは、正直イマイチよくわからんのだが、メカニカル満載なデザインが男心をくすぐる。

画像や動画の青色も悪くないが、やはりエボ10は赤色だろう。
マツダスピードアクセラも赤がよい。
インプは青かな
・・・というか赤がなさそう。インプ選ぶ人は黒か青しか買わないだろうし(偏見)。

ハァこれで4ドアでなければ・・・
いやまあ2ドアセダンというと縦画面横スクロールSTGみたいで微妙か・・・
セダンは剛性が確保できるし、当然の選択かもしれん。シビックタイプRも最終モデルはセダンだし。


さあマツダはスカイテクノロジー搭載のマツダスピード/アクセラクーペを出すんだ!
前にも言ったが、俺は本気で待っているんだ!
日本車で世界を席巻するのだ!世界を革命するために!

そのまえに金あるのかコノヤロー
買う買う詐欺はご法度だぜバカヤロー



(音量注意)

posted by ぎゅんた at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ(なんでも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

【道徳】戦士超獣ギーガー【漫画】

久々にFXのマイ口座を確認したら、円高の影響で南アフリカランド(ZAR/JPY)が結構値を下げています。
FXで利益を上げる方法は、やれテクニカルだファンダメンタルだとあるのですが、いちいちグラフ見たり指標動向を考えるのめんどくせーんだよ、長い目で見て銀行に金貸しとくより(預金しておくより)利益出ればかまわねえぜ、と考えるぎゅんたはスワップ派(クロス円のロング)であります。

金利の高かった南アフリカランドも、最近は制作金利5.5%で固定なんで昔ほど美味しくない。
それでもまあ、ポジション数にもよるが1日300円程度はいればええんでないの、そんなトコ。

キャピタルゲイン狙いで色々試してもきましたが、結局は、レバレッジを抑えてのスワップ狙い作戦が肌に合っていると確信したので、スワップ派となりました。
そんなもんなので「あ、そういえば最近円高とかいってるが、ランドどうなった?」と確認で口座にログインした次第。2週間放置とかザラ。
金融商品である以上、もっと緊張感もって当たらないといけないが、こういうスタイルでよいと確信しているのでこのままである。

世間の噂では8/2に米国のデフォルト危機があるとの事なので、やる気がある人はドルショート全力仕込みをするとよいでしょう。
多分その日の為替市場は鉄火場です。祭り会場ともいう。

政府は円高容認なのはわかったから、それならそれでハワイ買っちまうとか、アフリカの土地買うとかしろ。それか内需の拡大をとかいってるなら、内需を拡大する政策取れや。なんで被災地の仮設住宅が韓国製なんだカス。あの国にかかわるとあの法則が発動するじゃねえかボケ。

さすが民主.JPG

現実はこうだったよ.JPG

dorathekiller.jpg


この前の「山にまつわるはなし」ですが、非常にセンスよくサイトを発見しました。
読み応えがありますので、ブックマークに入れるとよいでしょう。
2ちゃんねるの不思議な話

あ、ラジオ体操いくんだった。


posted by ぎゅんた at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

時には幼少時を思い出してメランコリックに

jyaiannsityu-.Jpg

蝉の鳴き声が聞こえます。

今日は風もあって涼しいので、地元周辺を歩き回りました。
小学校のころの思い出が蘇るところが中心です。
いくつかはもうすでに取り壊されていたりなくなっていたりで、時の流れは残酷だな、というところです。
ま、たまにはこういう内容の記事もよいのではないかと。
ガチローカルまっしぐらですけども…

母校の小学校横には江沼神社があります。
理科室から見て、江沼神社の方向が北だよコンパスで確認してごらん、と習った記憶があります。

木々が蔽い茂っており、よく鬼ごっこやら自転車でモトクロスもどきをしたとこでもあります。
秋には椎の実を拾ったり、落ち葉で焼き芋やいたりもありました。
流れのない、溜池みたいな沼があり、底なし沼と恐れられていました。
昔は鯉とか亀がいましたが、今は留守のようです。なんか寂しいですね。
冬の朝は池の水面が薄氷に覆われているので、雪だまを投げると穴があきました。
元旦には初詣の場所になります。なぜかおみくじを引くと、ぎゅんたのみ末吉がでる神社でもあります。

併設?して見られるのが長流亭。
じつは何気に国の重要文化財となっております。
昔ボーイスカウトで中に見学で入ったことがあります。
目の前を流れる川が綺麗ならいいのにと思ったものです。

中に入ることは、事前予約(と400円?)がいるので、無論、かないません。
管理が適当なのか、やる気がないのか、予算がないのか、荒れている印象を受けます。
本当に国の重要文化財なんか?という感じをありありと受けます。
小学生の頃(悪童)、この江沼神社で遊んでいたとき、外国人に「長流亭はコチラデスカ?」と尋ねられたのを思い出す。何と答えたかは記憶にない。
しかし世界の極東の、田舎の片隅の長流亭を観んと外国人がくる、そのことに驚きと喜びを抱いたのは覚えております。

さて目の前の川。これは下っていくと合流して大聖寺川となり、海に向かいます。
流れがない死んだような川なので、いまだに汚いままです。
そんな汚い川を利用した大聖寺流し舟が観光スポットになっているが…
おそらくリピーターはいないのではないか。せめてもう少し綺麗にするなりしたら、桜並木もあって風情があるのになあ。
元々汚い川なんじゃ、といわれたら何もいえませんが。
この「流し舟」の船乗り場の目の前には、昔(ぎゅんたが小学生ぐらいの頃)染物の工場がありまして、その排水がドコドコ流れ込んで川の色を変えていたものであります。
それを思えば、まだマシなのかもしれん。

母校錦城小学校の裏山に相当する錦城山に足を向ける。
ここは子どもの頃からの遊び場というか、自然と触れ合う入り口でした。
山に入る、という行為を教えてくれた場所であります。

さて「山に入るという行為」となんか特別な意味を含ませたかのように書いているが、そう、山に入るというのはちょっと特別なことだと思うのです。
なんとなくですが…ぎゅんたと同年代〜上の方は、山に対して、ある種の畏敬の念や、怖さを抱いていると思うのです。

日中は遊び場でもあるんだけれども、夕暮れが近くなるとふいに鬱蒼・陰鬱な雰囲気があたりを支配し始めるようになる感覚といえばよいのか。いやそりゃお天道様がいなくなりゃ、木々があり葉が茂っている山は薄暗くなるから「暗い⇒子どもには怖い」となる道理がありますけれど。

よく課外授業その他で、皆でこの錦城山に入ったことがあるんだけれど、ふとした拍子に山に対し恐怖を抱いた覚えがあるのです。自然の山は、某アニメのように子どもに優しいわけではないのだ。油断すれば命を食われるところなのだ。
…まあそこまで大げさに考えていたではない。今にして思えば、多少ともなり、そういう感覚はあったろうなとは思うのである。
観覧注意みたいなものかもしれないが、某アニメには裏の説もある。実はトトロは死神だという。流石にフィクションでっち上げのたぐいだが、そのような説が出たり語られるところに、山に対する根源的な畏怖があるのだろうと思うのである。

実際に、山にまつわる話は昔から伝承としても体験としても残され語られているようだ。
こうした地域的に伝承的な、ひどく民族的な話もネットの発達で語られるところとなり、知ろうと思えば知ることができる時代になった。まとめサイトもあるので、興味のある方は足を運ばれるとよい。

さて錦城山。
子どもの頃友達とおもちゃの火薬銃で撃ち合っていた麓から入山するルートは、雑草と茂りで獣道となっていて通行不能になっていた。手入れもされていなければ、普段、誰も通らないのだろう。

仕方がないので踵を返し、正攻法ルートで行こうとすると、流石に手入れされている。階段の懐かしい感じが蘇る。

このとき、午後2時半ぐらいだったかと思うが、ふと、小さな恐怖を感じる。
「山に入った」という感覚である。人里離れているわけでもないのに、急に世俗より隔離されたかのように感じるのだ。メチャクチャ大袈裟に書くと、下手すりゃもう戻ってこられないかも?との考えがよぎるのだ。たぶんに小心者名だけだろうが、しかし、入山するにあたって決して忘れてはならない刃物(ナイフ類)を持っていないではないか。これだけで本来は山に入らないほうがよいのだ。ただ、子どもの頃より馴染みのある場所であるし、深く入ることはしないで帰ろうと決める。

ちなみに、ナイフおよび刃物の類を持って入山するのは、山の怪が刃物を極度に嫌うといわれているためである。実家の自室には中学生のときにホームセンターで買った安物のサバイバルナイフがある。持ってくるべきだったと思う。もっとも、昨今の刃物による傷害事件により、刃物の所持は極端に厳しくなってしまったため、職質を食らえば危険である(可能性は低いが、小学校の近辺なので警官その他がいないとは限らない)。

錦城山は、城跡でもある。
ひとまず本丸を目指す。
別に不気味な雰囲気はしないが、とりあえず深く入らないと決めたので、適当なところで帰ることにする。
ある程度登ると、小学校を一瞥できる地点に着たので、折角なので撮影する。
そして帰る。小心者なのである。
途中、ハイキングとおぼしきおっさん一人とすれ違う。挨拶したが返事に元気がない。おいこら不安になるじゃねえか。シラン俺は帰る。

足を母校の小学校へ向ける。
グラウンドの遊戯器具も、ゆとり教育なのかPTAの方針なのか、怪我をしそうなものは全て取っ払われている。
過保護も過ぎればブロイラーみたいなもんだぜ。

飼育小屋がある。ウサギさんしかいません。
俺のときは大量の鶏、アヒル、亀、インコ(オウム?)がいたのだが。
siikugoya.Jpg
5年生のときに飼育係で朝、小屋の中をくまなく清掃し、野菜屑を挙げていたのを思い出す。
別に野菜屑でなくともよかったのだが、小屋に用意されていた合成飼料よりもはるかに喜んで食べてくれたのが目に見えて分かり嬉しかったのだ。鶏が産んだ卵を大事に持って帰っていたのを思い出す。

どこの小学校にもある7不思議。
douzou.Jpg(あ横向きにしちゃった)
この銅像は夜中に動いて校庭を走り回ります。その姿を見ると呪われます。呪いを解除するには、左右の肩を拳骨で二回ずつ叩かないといけません。

…あと6つあったかな?
トイレの花子さんはうちの小学校はいなかったようです。至極平和。

懐かしい用水路。懐かしすぎて撮影してしまった。
川からくみ上げた水を田んぼに運ぶぜ。
水が用水路からタプタプと溢れている情景が昔とまったく変わってない。
葉っぱを浮かべてレース!とか今の子はやるのかな?
冬は只の溝と化す。

家に帰ってパソコンを起動。
目指すは加賀市HP
かもまるメッセージで意見を送る。
なぜ国の重要文化財である長流亭付近が整備されておらず荒れたままなのか。
錦城山の一部が荒れ放題なのをどうするつもりなのか。予算がないのか。
このようなことを、もっと冗長に丁寧に、紳士的に書いて送信。
なるほどと返信がくれば、ここで紹介したいところだ。
返信がこなかったら、どうしよう・・・

急にローカルな大聖寺ネタになってしまった。
しかし実家のご飯は美味い。ありがたい。活力がでる。
両親がいまだに健康にいてくれるってのはとてもありがたいことだと心底思う。

お父さん、お母さんいつもありがとう。
照れくさいからここでいっておこう。

コミック 鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ
posted by ぎゅんた at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常茶飯(ちゃめし)ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出はせせらぎとともに

週末は実家に帰って細々些事をこなすことが多かったりします。
日本全国どこでも同じなのでしょうけれども、地方はやはり(昔に比べ)活気がないわけであります。
ぎゅんたの実家もゴーストタウンとは行かないまでも、座して死を待つのか?という感じがします。

思えば、高校生のころに町の中心にあったミリオンプラザ(とユニー)が廃業・解体されることになったのが全ての始まりであった気がする。
これは、同時に地方展開型のショッピングモール時代の幕開けであった。
田んぼだらけだったところに突然イオンモールができ、またそのすぐ近くにアルプラザができたのだ。
日本人は誰しも新しい物好き・ミーハーであるのは否定できぬ事実。結局のところ冷めやすいのだが。
さて、時代の先からやってきたかに見えたショッピングモールはやはり人々の暮らしを変えることになった。何しろ、そこに行けば、それなりの遅い時間でも日常用品をそろえられるのだから。それだけでも相当に新鮮だったのだ。
商店街は野球が始まったら店を半分閉めるような時代だった(と思う)し、コンビニエンスストアの台頭もあって、人々が「便利」というキャッチにとり憑かれ始めていた。
好むにしろ好まないにしろ、非商店街型のショッピングモールは押しも押されぬ勢いで地方住民の生活に食い込んでいった…

町の中心のミリオンプラザ(とユニー)は、どちらかといえば旧態依然とした商店街型であった。
雰囲気は変わることはなかったが、日に日に、少しずつ、殆ど目に見えない形だが勢いを削がれていき、ある日突然に「あれ?こんなにお客さんがいないところだったか?」と思わせた。空店舗が出始め、テナント募集の張り紙が踊ったのだ。

お客を取り戻すための様様なテコ入れが行われ、立体駐車場を併設したり店舗のない空間に大きな休憩所を設けたりはみられた。
が、結局は加賀市の殆どの住人の幼少時から根付く想い出と共に幕を閉じたのだった

今でも瞼を閉じればありありと思い出すことのできるミリオンプラザ(とユニー)の内部。
語り尽くせぬ思い出の数々。
俺の記憶の始まりから常にその存在があったのに消えてしまった。
これが時代の流れといえばそうだろうし、資本主義である以上、時代に合わせた展開ができなかったので淘汰されたともとれる。会うは別れの始まり。終わりは始まりか。いまだミリオンプラザ(とユニー)以上の店に出会っていない。いつ出会いがあるのだろうか。


パパとママとぼく(1979年 作詞、作曲 小林亜星)
(1番)
 板チョコ一枚半分と 大きいチョコと小さいチョコ
 パパとジャンケンあいこでしょ パパはジャンケン勝ったのに
 小さいとこを取りました
 ユニーで買ったチョコレート 優しい心知りました

(2番)
 ママとユニーへ行くときは 特別いつも後で行く
 ママとジャンケンぼく負けた 負けりゃほふくのはずなのに
 ママがぼくを送ったの
 ユニーはとても近かった 優しい心知りました

(3番)
 車でユニーへ行くときは パパのとなりの助手席から
 前がとってもよく見える だけどぼくだけ後ろだよ
 パパが話してくれました
 ここがいちばん安全と 優しい心知りました

ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)
posted by ぎゅんた at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

ダイエットについてタラタラ

久しぶりに実家の体重計に乗ってみると64キロだった。
BMIはここによると20.66である。
一ヶ月ほど前だったかに測ったときは69キロのところをウロウロしていたから、5キロの米袋分体が軽くなったことを意味するのである。車は軽く!自分(ドライバー)も軽く!

マイナス5キロ。
これはちょっとした驚きだった。
なぜなら、ふとした思い付きを適当に試した結果に違いないからである。
ダイエットになってるではないか!

その思い付きとは...何故そのようなことを考えたのか?

(アニメだとこの辺でフェードアウトして過去シーンが始まる)


午前中のテレビでよくやってるダイエット製品。
と、聞くと貴方もすぐに想像できると思うが「これを飲むとやせられる」とか「ダイエットのお供に食べて」とか、そんなやつやね。

しかしぎゅんたは思うのだが、ハッキリ言って肥満になるやつは食いすぎなのである。
それも間食がパない。食うことをやめれば命の灯が消えると思い込んでいるに違いない。

ポテトは野菜だからヘルシーと考えるメリケン人
tumblr_lfz960sDRR1qzq495o1_400.jpg
を笑っているくせに、自身はダイエット食品に頼って痩せようとするのである(※画像はイメージ)

肥満(太っちゃったテヘ)は、食いすぎなのである。それは概ね間食である。
間食が習慣になってしまうと、間食をとらないのが不自然になり、それを解消しようと間食をとることになる。
わかった、間食はやめよう!・・・だが、間食しなかったら、主食(朝飯昼飯晩飯)のときにドカ食いしそう。そったらカロリーオーバーで結局南極ピザじゃねえか。俺はダイエットなんぞ出来ねえ!あきらめた!俺は陽気な骨太なんだほっといてくれコーラがぶ飲みぶるぁぁぁ!

確かに気持ちはわかる。
ぎゅんたはドカ食いします。食べ放題大好き。早食いが大食いになるとわかっていてもやっちゃう。だって習慣なんだもの。それでも痩せたい。太っていると危険だ。サイレントキラー糖尿病が貴方の背後に…


まず、痩せるためには・・・
 1.カロリーコントロール
 2.運動(特に有酸素運動)
が基本といわれている。
カロリーコントロールは、要は1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば痩せる、という考えである。遵守すると食べ物は結構制限される。量も。間食?だめに決まっているだろう!

こんなこと言われんでもわかっとるわ!
とにかく俺は食いたいんだ!運動なんてこのクソ暑いのにやってられるか!
ウォーキングしてたら職質くらうんだよ畜生・・・畜生・・・

そこで上記1.2.は「理想的条件」とし、以下の方法とることを試みる。
 3.カロリーのないものなら食べまくってOKにする
 4.筋肉をつけて、1日の消費カロリーの底上げをする
スーパーの豆腐が消えた。もやしが消えた。
水泳を始めた。

さて、長続きしただろうか?
これで最後まで痩せられる人は、タバコだってやめられる。やれといわれれば銀行強盗だってやっちゃうような意思の硬い人ではありますまいか。
冗談はさておき、実際のところ、速効性はあります。特に肥満具合が激しい人で。
ただ、壁にぶち当たるようだ。ぎゅんたは65キロの壁を突破できなかった。
筋肉が重くて邪魔をするわけではない。
修行僧じゃあるまいしと、食うときは食うようになり、それが壁をうんでいたようだ。端的に言うなら意志薄弱なのである。

さてある日、仕事柄糖尿病の人と接することがあるのだが、糖尿病を通じてひとつのアイデアを試すことにしたのであった。

糖尿病は、血糖値を下げるインシュリンが、そもそもの分泌機能が低下する(T型)と、インシュリン分泌過多により宿主のインシュリンに対する抵抗性が生じてしまった(2型)二つのタイプがある。聞いたこともあると思うが、日本人は2型だらけである。映画コン・エアーにいた、インシュリン注射できなくなって死に掛けていた黒人の兄ちゃんはT型なわけである。大抵、先天性だったりする。2型は逆で後天性。要は、本人のせいである側面が強いということである。
インシュリンが分泌されると、血中の糖分が筋肉や肝臓にグリコーゲン貯蔵されるが、脂肪組織に中性脂肪として取り込ませる。アメリカ人がやたらめったと非人間のように太れるのは、インシュリンを分泌する膵臓が超協力チート仕様であるためである。日本人の場合は、そこまで脂肪組織を溜め込む前に膵臓ならびに身体が悲鳴を上げて糖尿病になってしまうのである。

ということは、血糖値を上げない食事を心がければよいのではないか。
血糖値を上げないような食事を習慣に出来れば、糖尿病の予防となる。うまくいけば太らないのではないか…
こう考えた。3.は、カロリーのない味気ないものを食べまくったら、そりゃ味気ないしつらかろう。だが、血糖値を上げない、比較的美味しいものを食べまくってよいのだとしたら?

この後色々と下調べをして(めんどくせーから省略)
さて上記1〜4の条件も加味して、以下のようなルールを設けたのである。

1.1日のカロリーは控えられたらいいな、ぐらいに考える。間食はしない。
2.運動は減量の加速装置に過ぎないのでしたくなかったらしない。
3.血糖値の上昇を招く炭水化物の絶対摂取量を減らす。砂糖も同様と考える。
4.特に食後の消費カロリーが見込めない晩御飯には絶対に撮らない
5.炭水化物を晩御飯に取らない代わりに、たんぱく質、野菜は好きなだけ食べてよい。肉、卵、魚が相当する。ただし、かぼちゃやトマト、コーンなどは等質が多いので避ける。

もっとまとめるとこうなる。
炭水化物・糖類をなるたけ避ける。晩御飯のときは絶対に避ける。
晩御飯はご飯抜き。その代わりに野菜やたんぱく質を好きなだけ食べてよい。


ぎゅんたの場合は、間食は避けるようにした。
もし間食をとるにしても、炭水化物・糖類は避けるようにした。ジュース・炭酸類も危険と考えた。
とはいえ、日中は活動時間内でもあるし、下手に極端な食餌制限をすることがかえって仕事に悪影響を及ぼすようであれば、それはやりすぎと考えた。したがって、暑い日中にメローイエローを飲んだりした。なんでも制限ばかりではストレスがたまりリバウンドするかもしれない。なにより、炭水化物は即燃性の良質燃料でクリーンである。日中であれば撮り過ぎだけに注意すればよい、とした。

その代わり、夕飯時に炭水化物を摂らないことだけは徹底した。
無論、腹を満たしたくなる、量をとりたくなる。

そこで焼き魚をメインに、キャベツともやしの味噌汁ばかりをたべた。
焼き魚が好きだったので、これは苦にならなかった。魚に飽きたら、鶏の胸肉を食った。

運動は特別意識して行ったわけではない。水泳に行ったわけでもない。食後に、自転車や徒歩で本屋に行ったりはしたが、その程度のものだ。
下手に運動して「まあ、運動したからよかろう」とスイーツ(笑)とか食ってしまったら目も当てられない。自分にご褒美とかダメ絶対。

これを1カ月かそこら、おおよそ真面目に続けた結果が、冒頭につながる。
人によっては有効な方法だと思うのだが、いかがだろうか。


インシュリンを必要以上に出さないようにしただけの方法だが、以外によい作用があった。
それは、食後に眠くなりにくいことである。
大抵、食後は吸収を助けるために胃に血流が集まるので、脳の血流が空っぽ⇒眠いとなると聞いていたが、無論、それもあろうが、インシュリンが出ないだけでも結構眠気が起きないことがわかった。インシュリンが出るような食事が出来るのは、本来、生物にとっては幸福なことであるから、少しでも脂肪組織にしておこうと眠くさせるのであろう。
ちなみに、食後眠くなるのは、食い終わってから1時間半ぐらいがピークのようだ。
個人差もあるかもしれないが、ぎゅんたはそうだ。
食後すぐ眠くなるのは、炭水化物を大量に摂った場合だけである。


さて、ここまで読んでくれた人で、思うところがあったら、実践してみてはいかがだろう?
効果ねーぞ!といわれたらどうしよう…野太い男の笑い声のwavファイルをプレゼントするので、それで許してつかぁさい。
posted by ぎゅんた at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする